幼児、子供に鏡で自分を見せる、自我の発達と自己認識のステップ

幼児、子供に鏡で自分を見せる、自我の発達と自己認識のステップ
今回のテーマは、

幼児、子供に鏡で自分を見せる、
自我の発達と自己認識のステップ

について紹介します。

よちよち歩きが
できるようになり

自分の見える世界が
グッと広くなった頃、

子供を大きな鏡の前に
連れて行ってください。

鏡には子供とお母さんの
姿が映っています。

しかし幼児は、

それが自分の姿であるとは、

最初のうちは気がつきません。

不思議そうに、

鏡の中のお母さんと
実際に自分の横にいる
お母さんを見比べています。

「ままが二人いる。変だなあ」

という表情をします。

そのうちに、

鏡の中のお母さんと、
現実のお母さんとは、

まったく同一の物である
ことを悟るのです。

スポンサーリンク

幼児の自我の発達と自己認識

そして次は自分です。

自分の姿は、

今、始めて見えた訳ですから、

お母さん、つまり他者の
場合より認知が遅れます。

しかし、右手で鏡を
たたいてみると、

相手も叩く、

笑ったり泣いたり、

百面相をすると
相手もその通り真似をします。

一体この生き物は何だろう。

姿見などでは、

後ろへ回って誰か
いないか探したり、

鏡の中の相手に
話しかけたりもします。

そのうちだんだんと

鏡の中に移っているのが、

他ならぬ自分である
という事を悟るのです。

自我の認識ができたという事、

そして幼児の自我の発達が
始まるのです。

幼児、子供に鏡で自分を見せる

小さな手鏡を幼児に渡すと、

そこに自分がいる事を
知らせようとして、

お母さんを呼んだり、

手を引っ張ってみせよう
としたりします。

「これだあれ?」

とお母さんが聞けば

「○○ちゃん」

と自分の名前をいえば、

完全な自己認識が
できたしるしでしょう。

自己の認識、自我の発達は、

社会性を獲得していく
為に大切なステップです。

鏡遊びはその為に
必要なステップです。

犬や猫に鏡を見せても、

身体を丸めておどしたり、
ほえたり、引っ掻いたりして、

それが自分とは
認識しない物です。

イソップ物語に有名な
話しがあります。

犬が肉を加えて小川の橋を
通りかかります。

ふと下を見ると水面に、
もう一匹の犬が肉を
加えてみています。

思わずワンと吠えた途端、
肉を落としてしまうのです。

子供の自我の認識と社会性のステップ

犬は自己認識をできる
だけの脳を持たないのですが、

チンパンジーくらいになると

鏡を見せると笑いかけるそうで、
自我認識をすると言います。

いずれにせよ幼児に
鏡を見せる事は、

自己認識のステップ
として非常に重要です。

そしてこの頃の子供は、

同じ歳の子供と遊びたい
という欲求が高まります。

幼稚園に入れるのは
まだ早いので、

お母さんの友達同士や
ご近所でグループを作り、

互いに子供つれて
訪問し合うのも良いでしょう。

子供は初めのうち、

他の子を警戒して、
お母さんのひざから
離れようとしません。

そのお家を訪問した時は、

まったく新しい環境なので、

特にそう言う傾向があります。

幼児の自我の発達と人間関係

しかしそのうち、

よその子が、面白そうな
オモチャを持って遊んでいるのを
見た時など、

おずおずと行って、
取ろうとします。

オモチャの奪い合いが始まって、

大騒ぎになり、叩き合ったりして
ケンカにもなりますが、

放っておく事です。

今まで接してくれた
両親の場合は、

欲しいオモチャはすぐ取ってくれるし、

自分の手からオモチャを
奪われる経験はありませんでしたが、

仲間の幼児は違います。

このケンカから、

自分と他人の関係を
だんだん学習していくのです。

これも自我の発達や自己認識の
ステップとして重要です。

最近は一人っ子も
増えてきましたが、

兄妹のいない子には、

特にこのような機会が必要です。

お母さんの方も、
子供たちが一緒に遊べるよう、

ときには口を出して、
指導するように心がけてください。

ただ、ママ同士が
競争心を起こして、

成長比べなど始めないよう
注意をしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>