幼児が歩く為のバランス感覚を鍛える歩行訓練とトレーニング


今回のテーマは、

幼児が歩く為のバランス感覚を
鍛える歩行訓練とトレーニング

について紹介します。

満一歳過ぎになると、

たいていの子供は、
一人歩きができるはずです。

あまりよろこんで
一人歩きしないようなら、

トレーニングが必要です。

歩こうとする
意欲をかき立てる為に、

子供を床の上に立たせておき、

大好きなオモチャや
お菓子を見せて、

お母さんのところへ
1人で歩いて来られる
ようしむけます。

一メートルくらいの
距離から始めて、

少しずつ伸ばして
行くと良いでしょう。

幼児が歩く為の
バランス感覚を鍛える

これは脳の発達にも大事です。

スポンサーリンク

幼児のバランス感覚トレーニング

幼児が1人で歩けるようになったら、

今度は上手に歩けるように、
視覚と身体のバランス感覚の
トレーニングを始めましょう。

子供を床の上に1人で立たせ、

足元にボールなどの
オモチャ(あまり大きくない)
を置き、

とらせる練習をします。

このとき、

ひざを軽く折ったり、
全部折ってしゃがんだり
しても良いのですが、

スネが床に着いたり、

手を床にツッパったり
させないようにします。

バランス感覚が育って、

かなり上手に歩けるようになったら、

後ずさり歩きの練習を
させましょう。

お母さんがやってみせれば、
すぐ真似をします。

これは一年6ヶ月くらいの
幼児期から始めると良いでしょう。

幼児がしっかり歩く為の歩行訓練

階段を上る事が
できるのは、

一歳半頃からです。

のぼるより降りる方が難しく、

途中までのぼって
怖くなり、

降りようとして降りられず
泣き出す事もあります。

階段の降り方は、

初めは後ろ向きに
降りる事しかできません。

後ろ向きの降り方を
やってみせて、

真似するように仕向けましょう。

まだ十分なバランス感覚が
育っていないうちに、

階段を上ると、
転落して大けがをする
危険があります。

幼児は、新しい事を
やってみたくて、

うずうずしているのですから、

お母さんが目を離した隙に、
自分の能力も省みず、

階段を上り始める事もあります。

幼児の歩行訓練とトレーニング

階段を上るのは、

平たい床を歩くのと違い、

片足だけでバランスを
とる事ができなければ
無理です。

そのトレーニングを
やってあげましょう。

それは、ボール蹴りごっこです。

お母さんがボールを
子供の方へ蹴ってやると、

真似をして蹴ります。

最初ははずみでバランスを失い、

尻餅をつく事も
多いのですが、

練習をすれば上手くなります。

そうなれば、
四つん這いでなく

足だけで階段を上れる
ようになるでしょう。

右半身は左の脳、
左半身は右の脳の
コントロールを受けています。

バランス感覚のトレーニングは、

左右の脳の連結を
高める重要な訓練です。

子供は二歳を過ぎると、

片足で2、3秒
立っている事ができ、

両脚を揃えてうさぎ跳び
のような事もできます。

三歳になれば、
片足飛びができます。

三輪車がこげるのは、

二歳から三歳にかけて、
幅跳びができるのも
このころです。

自分の力でバランス感覚を鍛える

片足跳びや両脚跳びは、

バランス感覚を
育てる上で、

非常に効果がありますから、

童謡などのリズムに合わせて

お母さんと一緒に
リズム体操をさせましょう。

一般に運動機能は
リズムに乗ってやらせると、

上達がかなり早くなります。

四歳近くになると、

タタミのヘリを踏んで
まっすぐに綱渡り歩き
ができるようになります。

四歳半からは、

綱渡り歩きで後ずさりが
でき始めます。

片足で十秒ほど
立っている事もできます。

小学校へ行っても、

綱渡り歩きができない子供は、

一見、正常に見えても、

脳に細かい傷があり、
正常な運動機能を妨げる
おそれもあります。

脳神経専門家に
相談した方が良い
可能性もあります。

歩行訓練では、

子供が何度も転んだり、
つんのめったりしても、

決して手助けしない事です。

手助けすると、
自分で歩こうとする
意欲の芽を摘む事になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>