女性にモテる男のカリスマ性のある態度の作り方

女性にモテル男の「態度」の作り方
今回は女性にモテる男の
カリスマ性のある態度の作り方
について紹介しましょう。

それでは女性と実際と会って
デートをする前に

「モテル男の態度」

と呼ばれる掴みどころのないものについて
ここでもう一度考えておきましょう。

これまで話をしてきた
女性を口説くための方法や

技術や練習法、
チェックリストなどはすべて

自分の行動に責任を持てる男だ

と言う自信をあなたに与える目的で
考えだされたものであり、

それに従う事によって、

あなたは女性達にもてはやされる

自信に満ちた態度を
身につけることができるのです。

自信に満ちた態度を身につけているならば

これまで紹介してきたような
細かいテクニックは要らないかもしれません。

でもまだ身に付けていないならば、、

どうしても身に付ける必要があるのです。

スポンサーリンク

女性にモテる男の態度とは?

しかし、ひとつ
忘れてはいけない事があります。

それは、あなたの技術や態度が
女性達に伝えているのは、

実はあなたの活力や生産性である。

という事です。

もしもあなたが、活気にあふれ、
イキイキとした生産的な
野性味のある男であるならば、

カリスマ性をまとうようになり、

女性達はあなたに欲望を感じ、
あなたとスキンシップがしたいと思うはずです。

だから、これまでこのサイトで
紹介してきた方法を試すときにも、

活力のあるエネルギッシュな面を
見せると言う事が肝心なのです。

人間というのは、

活力に満ち、イキイキとした
力強い気分の時と

打ちひしがれて絶望し、

不幸を一身に背負ったような気分の時では、
体の動きが違います。

逆に言えば、

体の動きを変える事によって、
あなたは自分の気分を変え、

他人のあなたに対する印象までも
変えることができるのです。

大切な事なのでもう一度言います。

女性は、あなたの態度を見て
デートがうまく行っている事を確信するのです。

もしもあなたが、女性の態度で
デートの成否を判断するつもりならば、

良い結果など得られるはずがありません。

体の動きを工夫することによって、
あなたは自信に満ちた力強い気分を
作りだすことができて、

それが女性に安心感を与えます。

女性にモテる自信のある態度の作り方

ここで一つ試して欲しい事があります。

このサイトを見ながら、

あなたはこれまでに読んだことないない程
刺激的で興味深い記事を読んでいる
「つもり」になって体を動かしてみて下さい。

こうしてみることで、

やがてあなたは身を乗り出すように記事を読み
表情で変わっている自分に気づくでしょう。

今度は、自分のことを並はずれて格好良く、
魅力的な力強い男で、

しかも情熱的に生きている男だと
考えてみましょう。

そしてそれらしく体を動かすのです。

とにかくこれを実際にやってみましょう。

身体を動かせば
後から心もついてくるのです。

自信が無い、堂々と出来ない…

と言う心を持っていたとしても、
身体の態度を変えれば、

後から心もついてくるのです。

不良映画を見終わった後に
なぜか不良のような態度で
歩いてしまった事はありませんか?

それと同じようなメカニズムです。

モテる男のカリスマ性を身につける

そしてその態度こそが、

プレデートのときに取るべき態度なのです。

何もあなたは、最初から力強く自信に
満ちた男である必要はありません。

それらしく体を動かす事によって、

あなたはいつでも自分の望む
気分を手に入れることができるのです。

これも練習で身に付くものです。

体の動きによって自信を生み出し
デートがうまく行っているかどうかを

女性の態度で判断しようと考えなければ、

あなたはカリスマ的存在となって
女性の注目を集めることができます。

つまり「モテル男の態度」とよばれる
謎めいたものを身につけることができるのです。

この態度を身につけ、
恋に関する質問や会話で話を盛り上げれば、

彼女はデートの最中から
あなたに性的魅力を感じ始めるでしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>