赤ちゃんのあんよの始まりと平衡感覚、立体感と距離感の発達

赤ちゃんのあんよの始まりと平衡感覚、立体感と距離感の発達
今回のテーマは、

赤ちゃんのあんよの始まりと
平衡感覚、立体感と距離感の発達

について紹介します。

10カ月になると、

ベビーベッドの柵やイス
などにつかまって、

一人で立ち上がるよう
になります。

そろそろあんよの
準備が始まったのです。

しかし歩行は単に、

足腰の筋肉だけで、
できるものではありません。

平衡感覚が出来上がって
いなければ、

すぐひっくり返ってしまいます。

平衡感覚は、

耳の中の三半規管が
フィードバックアンテナの
役目を果たしているのですが、

視覚、特に立体感と
距離感の協力がなければ、

平衡感覚の調整はできません。

スポンサーリンク

赤ちゃんのあんよの始まりと発達

歩き始めても、

まっすぐ歩けない
赤ちゃんは、

視覚のトレーニングが
不足しているからと言えます。

立体感と距離感を
育てるトレーニングは、

以下のようにします。

ガラガラなど、

音の出るオモチャと、
赤ちゃんが握れるほど細いヒモ

を用意してください。

オモチャにヒモを
結わえ付けます。

お座りさせた赤ちゃんの
手の届かないところに
オモチャを置き、

赤ちゃんの手元まで
紐を伸ばします。

音を出して、赤ちゃんの
注意をオモチャへ引きます。

さて、どうなるでしょうか。

赤ちゃんはしばらくは、

オモチャとヒモを
かわりばんこに見つめています。

やがてヒモを片手で
掴んで振り回します。

ヒモの先のオモチャが
ピョコピョコ動いて
音を出します。

平衡感覚、立体感と距離感の発達

ヒモとオモチャの関係に
気づいたようです。

ヒモを引っ張れば、

オモチャは赤ちゃんに近づきます。

ヒモをたぐり寄せれば、

オモチャがとれる事に気づくのは、
もうすぐでしょう。

10ヶ月頃からこの
練習をしていると、

満一才の頃は、
90パーセント以上の
赤ちゃんが正確に

ヒモをたぐり寄せてオモチャを
とる事ができるようになります。

これは脳の発達に
非常に効果的です。

ただ、この頃の赤ちゃんは、

素早くハイハイができるので、

ヒモをたぐり寄せる前に、

はって行って、
とったりしないよう、
気をつけなければなりません。

お母さんのひざに抱っこさせて
練習するのが良いでしょう。

また、テーブルの向こうに、

オモチャやお菓子を置いて、

掴まり歩きをしながら
とりにいかせるトレーニングも、

立体感、距離感を育てる他に、
知育能力の発達に役立ちます。

赤ちゃんのあんよと平衡感覚

まっすぐに行こうとしても
行けない場合は、

回り道してとる
「急がば回れ」の知恵と、

テーブルの丸や四角の形を
はっきり認識する力を
養う訳です。

「急がば回れ」は
10ヶ月目くらいにできる
ようになります。

立体感や距離感は、

両目の視差から生まれます。

右目と左目で見る
物体の像が、

距離に反比例して
少しずつズレる為に、

大脳がその情報を受け取って、

距離感、立体感を
感じさせるのです。

片目では距離感、立体感は
でません。

両目で正しくものを
見ているか、

テストしてみましょう。

8~9ヶ月頃、

赤ちゃんを一人でまっすぐ
座らせておき、

まずオモチャを一つ渡して
片手に持たせ、

次に第二のオモチャを
別の手に渡します。

このとき、赤ちゃんが
最初のオモチャを落とさず、

姿勢を崩さないで
第二のオモチャをとれれば、

順調、正常に両目視機能が
発育しているのです。

赤ちゃんの立体感と距離感の鍛え方

両目視機能は、

5~6歳頃完成しますが、

これが正常でないと、

学校の勉強に大きな
ハンディキャップがつき、
成績にも影響します。

赤ちゃんの頃から
トレーニングしましょう。

8~9ヶ月頃、

赤ちゃんを座らせ、

お母さんが背後から
赤ちゃんの上に身をかがめて、

赤ちゃんの目の前で
二本のスプーンを
打ち合わせてみせ、

次に赤ちゃんに
スプーンを渡して、

真似ができるか練習させます。

また太鼓を二本のバチで
たたいてみせて、

真似をさせます。

あんよもそうですが、

いずれも始めは上手く
できませんが、

繰り返し練習させると、

10~11ヶ月頃には、

100パーセント
できるようになります。

練習しないと70~90
パーセントしかできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>