痛みを感じない赤ちゃんの痛覚や火傷、熱い、寒いの感覚の発達

痛みを感じない赤ちゃんの痛覚や火傷、熱い、寒いの感覚の発達
今回のテーマは、

痛みを感じない赤ちゃんの痛覚や
火傷、熱い、寒いの感覚の発達

について紹介します。

ハイハイや伝い歩きを始め出すと

赤ちゃんが思わぬ火傷や
怪我をする危険がグンと
増えます。

しかし、どんなに
育児熱心なお母さんでも

四六時中、赤ちゃんを
見張っている訳にはいきません。

危険な物や行動を教えて、

あらかじめ事故を防げるよう
心がけるべきです。

七ヶ月くらいになると、

動作や行為を示す言葉や、

お母さんの身振りの意味が
分かり始めますから、

熱い、寒い、痛いという事を
観念として分からせてやる
事ができます。

スポンサーリンク

痛みを感じない赤ちゃんの特徴

お母さんが熱いやかん
に手を触れて、

「アチチ」

と急いで手を引っ込
めてみせたり、

縫い針やピンを
刺す真似をして

「痛い、痛い」

と手を引っ込めて
みせたりします。

また、温冷感覚は、

6ヶ月くらいから
発達してきますから、

赤ちゃんが火傷をしない
程度の熱さのヤカンに
手を触れさせて、

「ほら、アチチでしょ」

と実物教育をしてやる
のも効果があります。

こうした痛みを感じない
赤ちゃんに感覚を教えていきます。

ただし痛覚は、

10月を過ぎないと
発達してきませんから、

「痛い」という事が分かりません。

しかし針などを見せて

「痛い、痛い」と
身振りで赤ちゃんの頭の中に
痛さのイメージを

植え付ける事ができます。

何度か繰り返すと、

赤ちゃんは条件反射で、
危険な物に近づいたり
しなくなります。

赤ちゃんの痛覚や火傷の危険性

熱さ、痛さの感覚が
まだ発達していないための
悲劇はずいぶんあります。

ある若いお母さんの
失敗ですが、

冬の寒い日に、

お昼寝のとき足元に
あんかを入れておいたそうです。

そのうち、赤ちゃんが
大きな声で泣くので、

びっくりして抱き上げてみると、

脚の指が全部ダメ
になるほどの大やけどを
してしまったそうです。

赤ちゃんはなぜ、

靴下に火がつくまで
泣かなかったのでしょう。

痛さはもちろん、
熱さの感覚も、

生後二ヶ月ではまだ
未発達なので、

少々の事では泣かなかった
のです。

いまは、あんかを使う
家庭は少ないようですが、

湯たんぽのお湯がこぼれたり、
電気こたつの温度が
高すぎたりして、

知らないうちに火傷を
させてしまう事はあります。

赤ちゃんの熱い、寒いの感覚の発達

全然泣かなかった為に、

朝、抱き上げてみたら、

軽い火傷をしていた
という例もあります。

極端な例で言えば、

手足を骨折していても
平気な顔をしている為に
気づかなかった事もあります。

赤ちゃんは三ヶ月頃から
活発に運動を始め、

寝ていてもベッドの隅に
転がっていく事が良くあります。

ベッドの柵の間隔が
広すぎると頭を突っ込んで
挟まれてしまい、

もがいたはずみに首を
ねんざする危険があります。

と言って狭すぎると、

今度は手やや腕を挟んで
ねんざや脱臼をします。

ベッドの柵の幅は、

赤ちゃんの頭が
入らないほど狭く、

腕や手が挟み込まれない
程度に広い事が必要です。

10センチ以下、
8センチまでが適当でしょう。

また赤ちゃんの腕の関節は、

二歳頃まで脱臼しやすいので
腕を急に引っ張らない事です。

イスから落ちかけた時など、

慌てて腕を掴むのは禁物です。

体全体を支えてやる
ようにしましょう。

痛みを感じない赤ちゃんの
痛覚は大人とは違う物です。

痛い、熱い、寒いの
感覚の発達は重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>