デート中さりげない会話から彼女の趣味や嗜好を探り理解する

デート中さりげない会話から彼女の趣味や嗜好を探り理解する
今回のテーマは、

デート中さりげない会話から
彼女の趣味や嗜好を探り理解する

について紹介します。

スポーツや政治の世界、
ビジネスでも軍事戦略でも、

次戦の情報収集というのは、
勝負を決める大切な要素です。

しかし恋愛面において、
これを怠る人が多いです。

これまでプレデートと言う事で

つき合う前の最初のデートの
アクティブティとして

恋に関する質問をして
彼女をロマンティックな気分に
させる事が重要と言いましたが、

前回の恋の質問は
さりげない会話から彼女の
趣味や嗜好を探り理解するためにも

有効です。

恋について語り合う中で、
あなたは情報収集をします。

彼女が自分自身について
語った事をもとに

あなたは次の勝負デートを
計画する事ができるのです。

スポンサーリンク

彼女の趣味や嗜好を理解する男はモテる

プレデートというのは
この目的を忘れてはいけません。

もしも彼女が、

最高にロマンティックだったのは
男性に料理を作ってもらったとき、

…だと言ったなら、

あなたは次のデートでは彼女のために
料理をする計画を立てれば良いですし、

またもしも彼女が

自然での散歩がロマンティックで
好きだと答えたのならば、

次回のデートでは散歩に出かけるのです。

犬が好きでたまらないならば
何か犬関連のイベントにデートに誘えば
次のデートも盛り上がるでしょう。

あなたはここのプレデートで、
ただ漫然と世間話をするのではありません。

目的意識を忘れずに、
しっかりとリサーチをするのです。

さりげない会話から何を得るべきか?

プレデート中に男は、
頭はフル回転させます。

ハートウォーミング且つ
頭は常に冷静でいる必要があります。

「ようやくあの子とデートが出来た…」

など舞い上がっていては行けません。

あなたにはやらなければ
いけない事があるのです。

恋に関する質問の素晴らしい所は、

女性をロマンティックな気分に
させることだけではなく、

彼女の着ているものをできるだけ

手際良く脱がすために必要な
情報を手に入れられる事なのです。

だからこそこれは質問の
スキルなのです。

うまくやればやるほど
有意義な情報を得られます。

彼女の言葉を一言も
聞き洩らさないようにしましょう。

言葉尻やふとした瞬間に大事な
情報が隠されていることもあります。

デート中にメモは必需品になる

もしも必要ならトイレへ行って
メモを取ってもいいでしょう。

少なくとも、デートから
帰ったらすぐに、まだ記憶に新しいうちに
必ず書き留めておくことが大切です。

私自身セールスマン時代も

これを欠かさずやっており
セールスがうまく行った経験があります。

クライアントさんの趣味や嗜好、
そのた情報をメモっておき、

それとなく伝えたり、
接待に活かしたりするうちに、

かなリの成績をあげれたのです。

「よくそんなことまで覚えていてくれたね」

と感心されて喜ばれることが
よくあります。

学歴やコネクションなど、

ライバルに不利な状況を
なんとかしようと、

自分なりに身につけた武器ですが、

結果、これが自分を大きく
支えてくれることになりました。

仕事面でも恋愛面でもこうした
些細な部分が大きな違いを生むのです。

モテる男はまるでスパイのように、、

「大切な事はメモしておく」

と言うシンプルな事をするだけで

恋愛面での充実度も変わってくるでしょう。

さりげない会話から彼女の
趣味や嗜好を探りメモしましょう。

これが次のデートを充実させる
材料になるのです。

そのためにも質問力を磨きます。

そして質問コミュニケーションにおいては、

またあなたが女性に
恋に関する質問をすると、

女性はそれに答えながら、

同じ質問をあなたに
返してくる事がよくあります。

一般的に、若い女性は
デートの初めから終わりまで、

あなたの事を一切尋ねない
というケースも多いです。

そしてそれは好都合な事です。

あなたについて知っている事が少なければ、

それだけ、あなたと付き合わない
ほうが良いと判断する理由を
思いつく可能性も低くなるからです。

ところが、恋に関する質問をすると

多くの場合、
女性からも同じ質問が返ってきます。

次回この質問に対する答えについての
注意を解説していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>