赤ちゃんが人見知りするのは知能発達の徴候、しない方が注意

赤ちゃんが人見知りするのは知能発達の徴候、しない方が注意
今回のテーマは、

赤ちゃんが人見知りするのは
知能発達の徴候、しない方が注意

について紹介します。

「うちの子は人見知りをしない、
愛想のいい子でしたよ」

などと得意になっている
お母さんがいるかもしれません。

が、とんでもない
間違いない事です。

人見知りというのは、
6ヶ月ごろから
始まりますが、

7ヶ月を過ぎても
まだしないようなら

「この子はまだ人見知りをいない。
発育が遅れているかも」

と心配するのが
賢いお母さんです。

人見知りを始めた、

ということは、

お母さんやお父さん、
その他の家族など、

親しい人たちの顔と
馴染みのない他人の顔を

見分ける能力がついて
きた事の証明です。

スポンサーリンク

人見知りと脳の知能発達の関係

これは赤ちゃんの
知能の発達にとって、

必ず通らなければ
ならないステップなのです。

人見知りを行けない事
と思うのではなく、

人見知りを始めたら、

お赤飯を叩いて
祝ってやるくらいの、

余裕のある気持ちを持たな
ければならないでしょう。

なぜ、人見知りが悪く
誤解されやすいかと言うと、

それ以前は、誰にでも
微笑みかける赤ちゃん
だったのが、

うってかわって、

見知らぬ人に見つめられたり、

抱っこされると、

激しく泣き出すと言った
反応に変わるからでしょう。

赤ちゃんが人見知りすると、、

核家族では、

お爺ちゃんとお婆ちゃんと
別居して、

頻繁に行き来する事も
少ないと思います。

たまに、孫の顔を
見ようと訪れて、

「おお、大きくなったね」

と抱き上げた途端、

火のついたように
泣き出されたら、

お母さんとしては、
とてもばつが悪い気持ち
になるのは当然です。

「前はあんなにニコニコして、
かわいい子だったのに、
どうしたの」

などと言われると、

自分の育て方を
非難されているような
気にもなりますね。

しかしそれは、

大人の心理や、
社会関係の問題で、

そんな見方で人見知りを
とがめられたら、

赤ちゃんにとっては
大迷惑です。

人見知りするのは知能発達の徴候

赤ちゃんが、誰に対しても
ニコニコしていたのは、

お母さんや親しい人と、

他人との区別がはっきり
つかなかった為で、

人見知りをし出したのは、

お母さんのスキンシップの
成果の一つだと、

内診は鼻高々になる
のがほんとうでしょう。

知能発達の徴候です。

実際に、決まった人に
育てられなかった昔の
施設の子は、

人見知りが三ヶ月ほど
遅れた事が報告されています。

人見知りは、
放っておいても、

2~3ヶ月たてば、
だんだん消えていきます。

大きくなって
社会性に欠けた、

孤独な人間になる
のではないかなど、

余計な心配をする事はありません。

むしろ、人見知りは
社会性獲得への、

一つのステップなのです。

だから人見知りをしない子は、

(脳の機能障害が原因で
起こる発達障害の一つ)

自閉症の可能性も
考えられるという事です。

人見知りするよりしない方に注意

人見知りにも、

赤ちゃんによって、

程度の差はあります。

赤ちゃんが人見知りしないのは
むしろが注意ですが、

大家族の中で育った
赤ちゃんは、

一般に人見知りの度合いが
薄いようです。

人の出入りが激しい
商店などの赤ちゃんにも、

その傾向があります。

人見知りをあまりしない子は、

大きくなって、一見
社交的には見えますが、

自我の確立がひ弱で、

主体性のない、人の意見に
すぐ左右されがちな性格に
育ちやすいのです。

そのような家庭環境に
置かれた赤ちゃんを持った
お母さんは、

母とこの強い絆を
作るスキンシップに
心がけた方が良いでしょう。

最後に一つ注意があります。

このころの赤ちゃんは

他人の顔のうちで、
特に眼を恐れます。

知らない人にじっと
見つめられるだけで、

大きな不安と恐怖を覚え、
激しく泣き出す事があります。

恐怖は脳の発育にとって
決して良くありません。

知能発達の徴候として
人見知りを捉えてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>