赤ちゃんの味覚を刺激し脳の発達を促す離乳食と栄養摂取の秘訣


体育、食育、教育と、

子供に教えるべきことは
たくさんあります。

つまり、親である私たちが
学ばなければならないことも
たくさんあるのです。

大変ですが、頑張りましょう。

楽しみながら学んだようが良いのは、
赤ちゃんも大人も変わりません。

さて今回は少しだけ
食べることについてです。

昔から

「お百目は食い初め」

と言います。

つまり、

三ヶ月くらいを過ぎたら離乳を始める、

という意味でしょうが、

これはちょっと早すぎます。

恐らく語呂が良いから
百日と言ったのでしょう。

実際には、

早い子で四ヶ月、
普通の子で五ヶ月目になったら

母乳を離れ離乳を始めます。

(ただ、母乳は続けてもオッケーです。)

新鮮な果物を潰した
果汁やスープであれば

もう少し前から
与えても良いでしょうが、

半流動食の離乳食は
この頃からやり始めます。

固形食はもっと遅く、
六ヶ月を過ぎてからです。

そして赤ちゃんの離乳食は
脳の発達を促すチャンスなのです。

しっかりと考えてあげましょう。

スポンサーリンク

薄味からスタートしよう!

離乳を始めるメドとしては、

果汁を喜んで飲むようになったら
チャンスと言えるでしょう。

味覚が発達してきた証拠です。

それまで甘みしか
分からなかった赤ちゃんが、

酸味が分かり始めた
味覚が発達してきた時期と言えます。

だから、離乳食にレモン汁を
ほんの少したらしてやると、

喜んで食べる子もいるようです。

ただ、味はあくまで薄味に、
そして自然を忘れないよう。

大人の舌では淡白すぎて、

さっぱり美味しくない位が
ちょうどいいのです。

初めから濃い味のものを与えると、

赤ちゃんの舌は
すぐそれに慣れてしまって、

食物の微妙な味が分からなくなり、
味覚の幅を狭めてしまいます。

それは脳の将来の可能性を
潰すことにもなりかねません。

もちろん健康にも影響します。

最初のうちは栄養摂取を重点として
考え、味付けはまだ早いのです。

別に子供を板前さんに
育てるつもりはなくても、

味覚の刺激は脳の
発育に欠かせないものですから、

味覚音痴は頭を悪くする
ことにもなりそうです。

無理矢理離乳食を食べさせない秘訣

離乳の失敗の原因の大半は、

お母さんの無理強いにあります。

「うちの子はなかなか食べない」

と心配するお母さんもいますが、

赤ちゃんだって、
ブロイラーではないのですから、

食べたくないときに
無理に食べさせられれば、

二度と食べなくなるのは当然です。

赤ちゃんの食欲は、

気分の善し悪しや、
お天気の善し悪し、

運動量、便秘などに、
てきめんに左右されます。

そして安心してください。

人間の生存本能を信じて欲しいのです。

食べたくなれば赤ちゃんは
必ず食べるようになります。

むしろ食べることに義務感を
感じるのは現代の大人なのです。

自然のまま子供は食欲を
うまくコントロールしています。

現に、幼稚園に入ってもミルクしか
飲まないような子供がいますが、

やはり、神経質なお母さんが、

あんまりにもきっちりと
離乳食のメニューを決めすぎて、

杓子定規に食べさせようとした事が
原因となっていることがあります。

心配しなくても赤ちゃんの
生存本能は優れています。

体が欲する栄養を
摂取するようになっています。

食べたい時は食べさせ、
食べたくない時は食べさせない、

自然に任せる方が
離乳食はうまく行きます。

赤ちゃんの脳の発達を促す離乳食

赤ちゃんがどうしても
食べようとしなければ、

食べさせなくても良いのです。

お腹が空けば
自然に食べ出しますし、

栄養分析表通りに、

一日一日の食事で、

厳密に栄養のバランスを
とらなくても良いのです。

栄養というのはもっと全体の
バランスで決まるものです。

野生時代は食料は取れない
時もあったくらいですから、

人間の体は栄養素を溜め込む
ようにできているのです。

アメリカのある病院で、

離乳期の赤ちゃんに、

欲しがる食品を欲しい
だけ食べさせてみたら、

一ヶ月の統計では、

キチンと栄養のバランスが
とれていました。

栄養摂取は数学というより
むしろアートのようなもの、

赤ちゃんには、

自然に備わった
不思議な能力があるのです。

離乳の一時的失敗で
イライラすると、

お母さんの気分が伝わって、
さらに食べなくなります。

また脂溶性のビタミン
A、D、E、Kなどを除いて、

他の水溶性ビタミンは

オシッコと一緒に
排泄されてしまって、

体の中にたまりませんから、

毎日必要量をとる必要があります。

赤ちゃんの脳の発達と栄養摂取の秘訣

特に赤ちゃんの脳の発達を促す
栄養摂取の秘訣として

ビタミンは重要です。

そのためにどうすれば良いか?

ビタミンというのは、

天然のものを食物から
とるのがいちばん良いのですが、

幅広い食材を食べることが基本です。

ただ、ビタミンを多く含む
離乳食をどうしても食べなくて、

ビタミン不足になる
心配があるときは、

乳児用の液体ビタミンを

ミルクやスープの中に必要なだけ
たらすというのも一つの方法です。

が、やはり理想は食材からです。

ビタミンのバランスが崩れると
健康を阻害することもあります。

ちなみに錠剤では赤ちゃんは
飲み込めません。

なお、脳の発育に必要な
水溶性ビタミンと、

それを多く含む食品を
あげておきましょう。

ビタミンB1
(神経系の機能正常化、精神安定)

全粒粉パン、オートミール、
レバー、豚肉

ビタミンB6
(ストレス修正)

鶏肉、魚介類、レバー、
キャベツ、

ビタミンB12
(集中力、記憶力強化、情緒安定)

レバー、牛肉、魚介類、
牛乳、卵、チーズ、

ビタミンC
(脳神経活性化、ストレス、
アレルギー修正)

ミカン、イチゴ、緑野菜、
イモ類

また良く言われる事ですが、

甘いものをとりすぎると
高血糖症になり、

脳の栄養バランスも崩れ、

発育が妨げられ、
学習能力も落ちます。

味覚も狂ってきます。

日本のお菓子は甘すぎです。

おやつは砂糖を抑えた
手作りのものにしましょう。

特に危険なのは、
コーラ類など飲料系です。

百ミリリットル当たり約十グラムの
砂糖が入っている上に、

コーヒーと同じくらいの
カフェインも含まれています。

以上の基本を抑えて、

自然派育児の食事法は、
別の機会に詳しく説明するつもりです。

まずは赤ちゃんの離乳食と
栄養摂取の参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>