モテる男は脳にイメージさせる恋愛に関する質問をマスターする


今回のテーマは、

モテる男は脳にイメージさせる
恋愛に関する質問をマスターする

について紹介します。

「あなたの好きな食べ物はなんですか?」

…と聞かれたら、

あなたは脳内でその食べ物を
明確にイメージするでしょう。

例えばエビチリが好きなら、

お気に入りの中華料理屋を思い出したり、
そしてそれが食べたくなったり、

「今日のご飯はエビチリにしよう!」

など、あなたの行動パターンを
たった一つの質問で変えられる、

それほどの力があります。

質問と言うのは相手の脳内に
様々なイメージを作る強力なものです。

モテる男になるため恋愛に
応用しない手はありません。

しかし普段から恋に関する
質問や会話をしていない人にとって

最初は少し戸惑うかもしれません。

女性は恋をどう捉えているか?

前回紹介した質問は、

脳内に恋愛の良いイメージを
想起させることが目的ですが、

それがあまりにも個人的過ぎる
答えにくそうだと感じられた場合は、

彼女への質問ではなく、

女性一般についての質問に
してしまっても構いません。

どちらにしても、

彼女の答えは変わらないはずです。

例えば、

「君は男性に心から愛されてると
感じる時はどんな時?」

と言う質問を

「女性は普通、どんな時に男性に
心から愛されていると感じるんだろう?」

と変えてしまうのです。

どちらの問いにも同じ答えが
返ってくるでしょう。

こうしてその女性の脳内では、

恋愛に関する心地よい
イメージが浮かび、

それを実現させたくなっていくわけです。

女性の脳に素敵な恋愛をイメージさせる

当然、注意が必要なのは
討論や口論に発展させない事です。

意見があなたの思惑と違ったり、
矛盾をはらんでいても、

それを咎めてはいけません。

喧嘩が目的ではなく、
女性をロマンティックな気分にするのが目的です。

恋愛に関する質問は、

男性的な左脳を使うのでなく、
女性的な右脳を使うのです。

男はたいてい、

こういう質問をするには
それなりの雰囲気と言うものが
必要と考えがちですが、

それは難しい問題です。

なぜなら、こうした質問をする
のにふさわしい雰囲気は、

こうした質問によってこそ
生み出されるものなのですから、

質問が先なのです。

モテる男は質問をマスターする

ここに挙げた質問、

或いは同種の質問をする事によって、

ロマンティックなムードが生まれ、

そのムードがこの種の会話を
その場にふさわしいものにしてくれます。

あなたただ、思い切って恋に関する
質問を女性にぶつければ良いのです。

また私が前回紹介した質問を

逐一覚える必要もないので
心配はいりません。

口実、説明、質問

と言うテンプレートフォーミュラ
を紹介しましたが、

ただファーストキスについての質問でも、

この流れに沿って問いかけるのと、

何の前置きも説明もなく

「ねえ、君のファースト・キスは
どんなふうだった?」

と鼻息荒く質問するのでは
大きな差がある事は知っておいて下さい。

質問のための脳を鍛える

またこういった問いかけを、
連発するような真似をしてもいけません。

そんな事をすれば、
不審に思われる事もあります。

また悩み相談や恋愛相談
雰囲気になっては絶対に行けません。

あくまで建設的で前向きな
会話のきっかけにするのです。

何も尋問している訳ではないので、
一度恋に関する質問をしてから、

また別の質問がしたくなった時には、

ただこう言えば良いのです。

「この頃なぜか、恋愛の事
ばかり考えてしまうんだ、、

君にはそんな経験はない?

とにかく、どうも気になって
しょうがない事なんだけど」

質問というのは奥深いスキルですから、
実践していくうちに上達します。

細やかな心遣いを示し、恋に関する
質問をする努力を続ける事によって、

彼女を口説き落とすまでに
かかる時間を大幅に短縮できます。

モテる男は女性の脳に素晴らしい
恋愛感情をイメージさせるのです。

そのために恋愛に関する質問に
磨きをかけていくのです。

ぜひ恋の質問術をマスターして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>