赤ちゃんの色彩感覚の発達、赤、黄、青の原色のオモチャの刺激

赤ちゃんの色彩感覚の発達、赤、黄、青の原色のオモチャの刺激
今回のテーマは、

赤ちゃんの色彩感覚の発達、
赤、黄、青の原色のオモチャの刺激

について紹介します。

赤ちゃんは四ヶ月を過ぎると

色の区別が分かる
ようになります。

この時期は、

色彩感覚の基礎を育てる
大事なタイミングです。

色彩による刺激を積極的に
与えなければなりません。

そのためには、

まず赤、黄、青の
三原色の刺激を与える事です。

美しい色彩感覚を
育てようと意気込んで、

パステルカラーや
紫色などのシックな色を
見せても大きな効果はありません。

赤ちゃんはまだ中間色の
識別はできないのです。

色彩の基本である

赤、黄、青の三原色を

しっかりと記憶させる事が
まず大切です。

スポンサーリンク

赤ちゃんの色彩感覚の発達

ピアノのお稽古をするなら、

まずドレミファソラシドの
基本音階を弾きこなせる
ようになってから

和音の弾き方を習うのと
同じようなものです。

基礎をおろそかに
してはダメなのです。

三原色を記憶させるには、
どうしたら良いのでしょうか。

この頃の赤ちゃんは、

興味や関心のある対象から、

より多くの刺激を受け取る
ようになっています。

赤ちゃんがいちばん関心を
抱く対象はお母さんです。

お母さんが身につけているものを
三原色にすれば、

いちばん効果があります。

といっても、三原色の
布地で作った服などを
着ている訳にも行かないでしょう。

それなら三原色を
使ったエプロンを付ける
というのはどうでしょう。

これなら赤ちゃんに
接するときだけ、

手軽に付けられますし、
近所の眼も気になりません。

赤ちゃんの原色のオモチャの刺激

ただベッドで寝ている
赤ちゃんは、

お母さんの腰から下は
みえにくいので、

胸当てのついた

三原色のエプロンを
するのが良いでしょう。

ベビーベッドのそばの
カーテンも、

できれば、三原色を
使ったものに取り替えて
あげましょう。

もちろん、真っ赤な
カーテンである必要はありません。

部分的に原色が使って
あればいいのです。

またベッドの上に
吊るしたモビールも、

赤、黄、青の三原色の
紙を万国旗のように
下げてあげましょう。

五ヶ月頃からは、

オモチャに興味を
持ってきますから

これもできるだけ三原色に
塗り分けられたものを与えましょう。

乳幼児のオモチャは

赤、黄、青の三原色を
使ったものが多く見られます。

大人の眼には、

けばけばしく映る
かも知れませんが、

五ヶ月ごとの赤ちゃんには、
ぴったりなのです。

まちがっても、中間色の
オモチャは与えないように、

中間色が分かり出すのは
6ヶ月頃からです。

赤ちゃんの視覚発達のメリット

子供を画家にするわけ
でもないのに、

なぜ色彩感覚の
トレーニングが必要なのか、

疑問に思う人もいるかもしれません。

赤ちゃんは、満一才のころまでは、

まず感覚、

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、皮膚覚

の五感を司る脳の回路が
発達してきます。

これは、外の世界を
正しく感じ取る為のものです。

外部の世界を正しく
認識しなければ、

それに対する働きかけはできません。

体の運動も、知的活動
もできないのです。

視覚がしっかりしていなければ、

歩く事にも困難が
伴うのはその一例です。

赤ちゃんの色彩感覚のトレーニング

五感を大脳刺激の
第一次信号系と言いますが、

これが十分に発達して始めて、

言葉という人間にしかない
第二次信号系が発達するのです。

赤ちゃんが意味のある
言葉を喋り始めるのは
満一才の前後からですが、

五感の発達が遅れた子は、
言語の発達も遅れてしまいます。

日本人の子供は、

知能テストをすると、

平均して他の国々の子供より
高い成績を取ると言います。

これも、豊かで変化のある
自然の、四季の移り変わりにつれて
変化して行く、

微妙でバラエティに富んだ
色彩に取り囲まれて
育つためではないか、

と言われています。

日本の子供は、

単調な自然の中の
子供より、

豊かな刺激を受けている
ことは確かです。

そんな素晴らしい環境を
さらに促進する為に、

赤、黄、青の原色のオモチャの
刺激を与えてあげて、

しっかりと色彩トレーニングを
してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>