赤ちゃんにはメリーゴーランドより手作りモビール、眼のケア


今回のテーマは、

赤ちゃんにはメリーゴーランド
より手作りモビール、眼のケア

について紹介します。

前回紹介したように、

赤い懐中電灯の光を

赤ちゃんが眼で追い始めたら

今度は手作りモビールで
赤ちゃんの視覚を訓練しましょう。

赤い布や色紙を、
三角や四角、円形に
切り抜いた、

お母さん手作りのモビールを、

ベッドのすぐ上、
25センチくらいの距離に
つってあげましょう。

凝ったものは必要ありません。

単純な色、単純な形で良いです。

赤い色を使うのは、

それが赤ちゃんにいちばん
見えやすい色、

興味をそそる色だからです。

生後二ヶ月近く経つと

赤ちゃんは、円や四角や
三角と言った、

簡単な図形の区別が
できるようになります。

この識別能力をトレーニング
するのが、

手作りモビールの役割です。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの手作りモビールの効果

ベビーベッドにひもを張って、

赤ちゃんの顔の上、

25センチ~35センチ
位の距離で、

ゆらゆら揺れるように、

赤い紙や布を5~7センチ
四方ぐらいに切り抜いて

糸でぶら下げれば良いのです。

市販のメリーゴーランド
も良いのですが、

大きすぎるのは避けましょう。

赤ちゃんの視野は、

正確には分かりませんが、

図形識別能力の
産まれてくる二ヶ月頃では、

ほぼ十度くらいだろうと
いわれています。

ということは、

ほとんど顔の正面しか
見えない訳です。

大きすぎるメリーゴーランドは、
視野からはみ出してしまいます。

色も、赤ちゃんには
分かりにくい中間色を
使っている事が良くあります。

これは、美しい、
上品な色だからと考えて、

メーカーも作り、
両親もそんな色を選んで
買ってくるのでしょうが、

それは大人の眼の感覚で

まだ未成熟な赤ちゃんの
視覚のトレーニングには
なりません。

赤ちゃんにはメリーゴーランドは無意味?

またメリーゴーランドを
天井に吊る人がいますが、

生後二ヶ月くらいの
赤ちゃんでは、

50センチ以上の距離は
よく見えませんから、

あまり役にも立ちません。

オルゴールの代わりには
なりますが、

長い間つりっぱなしだと
回るときに、

たまった埃が真下に
ある赤ちゃんの眼に入り、

かえって不衛生です。

眼のケアにとって良くありません。

メリーゴーランドなどは、

赤ちゃんが産まれた時、
お祝いに良くもらうものです。

しかし産まれてすぐ
吊るしても、

赤ちゃんの眼はまだ
明るさ暗さぐらいしか
分かりませんから、

学習効果はありません。

眼が見え始める事からの
視覚訓練はとても
大切な事です。

先天性白内障の子供が、

高校生になって手術を受け、

突然見えるようになった
という話しもありますが、

しかし初めのうち三角と
四角の違いも分からず、

一ヶ月経っても、人の顔は
三人以上見分けられなかった
といいます。

赤ちゃんへの眼のケアが肝心

産まれたばかりの赤ちゃんが
泣いている様をよく見ると、

声はいくら大きくても、
涙は一滴も出ていません。

涙をながし始めるのは、
生後4週間以降です。

涙は悲しいときでる
と言うだけではなく、

眼の中に入ったゴミを洗い流し、

また眼球の乾燥を防ぐ
役目もあります。

だから、泣くときも
涙をながさない赤ちゃんは、

放っておけば部屋の埃が眼に入り、

また眼球が乾いて粘膜が
傷つきやすくなるため、

結膜炎を起こしやすいのです。

これでは視覚の発育が
妨げられるうえに、

結膜炎が慢性化すると、

美しい眼を持つどころか
赤い眼になってしまいます。

赤ちゃんは生まれたてでも、

一日合計6時間は起きており、

しかも寝たままですから、

埃は大人に比べて
ずっと入りやすいのです。

眼のケアとして一日一回は
眼を掃除してあげましょう。

2パーセントの
ホウ酸液は、

中毒を起こす事があるので、

湯冷ましの冷たい水を
脱脂綿に付けて、

目尻の上を4~5回
軽く抑えるようにします。

そうすると、脱脂綿から
出た水が、

自然に赤ちゃんの目の中に入り、

目尻から外に流れ出て、

眼の中の細かいゴミも
とられてしまいます。

涙が出るようになるまで、

眼のケアは欠かさずにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>