彼女がデートに来ない、約束をすっぽかされた時の対処法


今回のテーマは、

彼女がデートに来ない、約束を
すっぽかされた時の対処法

について紹介します。

良識のある大人であれば、

一度交わした約束を守る

というのは当然のことでしょうが、、

恋愛においてはこうした
社会的常識は通用しないことがあります。

前回、男がデート前に
準備、用意しておく事について
紹介したのですが、

デートの準備として
もうひとつ忘れてはいけないのが、

彼女がデートの待ち合わせな現れない事、
デートの約束をすっぽかされる事も
十分にあり得るという事です。

つき合う前のプレデートでは
まだ好感を高めていない段階もあり、

ひどいケースであれば
彼女が来ない場合もあります。

もしも約束の場所がとても不便な場所で、
その上、彼女が現れなければ、

あなたはひどく間の抜けたみじめさを
味わってしまうようになります。

ここで挫折しないように、

しっかりと対策をとっておくことは、

デート上達に必須のことでしょう。

スポンサーリンク

彼女にデートにすっぽかされた時の対処法

私が相談に乗る男性の中にも

「デートをすっぽかされました…」
「二時間待ったのに彼女は来ませんでした…」

と惨めな思いをする人もいますが、

これがきっかけで、

恋の自信を無くし、
積極性を失う事もあります。

やっとの思いでデートまでこぎつけ、

心待ちにして約束の場所に
約束の時間についたものの、

待てど暮らせど彼女は来ない、、

こうして心に傷を負うのです。

この対処法として、

実は簡単な心がけだけで
そうした事態を防ぐ事は可能です。

ただ、自分の都合に合わせて
デートの約束をするように心がけ
都合の悪い誘いには応じなければいいのです。

基本的に自分主導で
デートの約束をします。

とはいっても、

デード乗り気でないふりをしたり、
彼女の意見や都合は一切無視する

と言う事ではありません。

家でじっとしているのとは違い、

どんなデートでも、
ある程度の不便さはつきものなので、

すっぽかされるリスクも
考慮しておかなければ行けません。

デートの約束をすっぽかされることもある

お付き合いをする前の
プレデートというのは

これから好意を高めて行く場です。

この段階で傷つくことを
恐れてはいけません。

だからこそこの段階での
デートの約束を

必要以上に重く受け止め
過ぎないことです。

ただ、来ないかもしれない
すっぽかされるかもしれない
女性とのデートのために

他の重要な用事をキャンセルしたり、

わざわざ二時間以上もかけて
デートに出かけるのはどうかと思います。

なので、この段階のプレデートや
最初の待ち合わせにおいては

基本的には、

自分に都合のいい時間と場所を設定する事

これが大切です。

デートに彼女が来なくても良いようにする

そしてもう一つ、待ち合わせの場所には

あなたがやらなければならない仕事や
面白い本などを持っていくと良いでしょう。

外で待ち合わせるのが都合が悪ければ
先に喫茶店に入っておくのも手です。

またいざとなったら他の女性に
声をかけられるように、

店内の女性店員にも
目星をつけておきましょう。

プレデートに関しては
時間を変えてダブルブッキング、
トリプルブッキングも構いません。

いつまで待っても来ない女性を
手持無沙汰に待つような状況だけは
絶対に金輪際避けなくてはいけません。

彼女がデートの約束をなぜ破ったのか?

もちろん相手も緊急の急用で
しょうがない可能性もあります。

が、今の段階では
脈がない可能性が高いのですから、

切り替える心の対処も大切です。

そういう意味でも
プレデートは大切なのです。

多くのモテない男性は
デートとなると意気込みすぎて

すぐに勝負デートに持ち込もうとしてます。

何日も用意してはり切って
デートにすっぽかされた、、

それではみじめ過ぎますし、
腹が立ちますし、自信も失います。

まずはプレデートで
軽い接触を試みるのです。

デートに来ないと言う事は
それだけの女性と言う事です。

つまりあなたは、彼女が現れなくても
1人で楽しくやっているという所を
見せなくてはいけないという事です。

そのためにも、楽しめるものを
持って行くのが一番なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>