赤ちゃんの鼻づまり、酸素不足の脳の弊害、鼻掃除や嗅覚の発達


今回のテーマは、

赤ちゃんの鼻づまり、酸素不足の
脳の弊害、鼻掃除や嗅覚の発達

について紹介します。

赤ちゃんは大人よりも
ずっと分泌が盛んですし、

部屋のゴミや花粉などにも
反応を起こしやすく、

鼻の粘膜に炎症を起こして
いる事が良くあります。

つまり、鼻づまりを
起こしやすいのです。

一般に知られていない事ですが、

生後三ヶ月くらいまでの
赤ちゃんは、

口から呼吸できず、
鼻だけで呼吸しています。

だから、お母さんの乳房や
柔らかい鼻の孔を
塞がれただけで、

窒息してしまうのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻づまりと脳の弊害

赤ちゃんの脳は、

たった三分間、
酸素の供給を絶たれただけで、

140億の神経細胞の
かなりの部分が障害を受けます。

一度傷んだ脳の神経細胞は、

体の他の細胞と違って
二度と再生しません。

酸欠とまで行かなくても、
鼻でしか呼吸できない

赤ちゃんにとって、

鼻づまりというのは、

てきめんに酸素の不足を招きます。

酸素が足りなくなれば、

神経細胞は死ななくても、

頭のよさを決める
大脳の回路、

シナプス作りは
確実に妨げられ、

知能の発達が遅れてしまいます。

鼻づまりくらい、と
軽視はできません。

大人でも鼻づまりは
不愉快なもので、

頭がぼんやりする事が
よくあります。

赤ちゃんにとって、

鼻づまりの影響は大人より
遥かに深刻です。

夜鳴きの原因も、鼻づまり
である事が多いのです。

赤ちゃんの鼻づまりの弊害と鼻掃除の効果

一回二回、朝起きたときと夜、

お休みの前に必ず
鼻の孔の掃除を
してあげましょう。

綿棒を使うのは禁物です。

先端は柔らかい綿で
包まれていても、

固い軸がついているので、
下手をすると、

まだまだ弱くてデリケートな
赤ちゃんの鼻の粘膜を
傷つけてしまう事があります。

和紙やティッシュペーパーで、
こよりを作って、

先端に植物油(サラダオイルや
オリーブオイルなど)をつけて、

鼻の孔に入れてやります。

二、三回しごいてやれば
それで十分なのです。

赤ちゃんが、くしゃみでも
すればしめたものです。

鼻くそや鼻汁が、
お陰で吹き飛んでしまいます。

赤ちゃんの酸素不足と嗅覚の発達

赤ちゃんの持っている
鋭い嗅覚は、

大人になるに従って、

だんだんと退化していきます。

それは視覚が、

地球上の動物のうち、

最高のクラスまで発達して、

嗅覚で遠くのものを
嗅ぎ分けたりする必要が
なくなったからですが、

赤ちゃんにとって嗅覚は大切です。

嗅覚は、お母さんを認識する
最初の手だてですから、

三ヶ月くらいまでは
赤ちゃんと接するときは
香水など付けない事です。

赤ちゃんはお母さんを
見失って、

不安にかられます。

お母さんの自然の体臭を
覚えさせるのがいちばんです。

赤ちゃんの鼻掃除や嗅覚の発達

また赤ちゃんに悪臭に
慣れさせるのも禁物です。

濡れたおしめをしばらく
させたままにしておくと、

赤ちゃんはすぐにその匂いに
慣れてしまい、

不潔さに不感症になります。

おしめがなかなかとれにくい
赤ちゃんがいますが、

これはしつけの上手下手
の他にも、

嗅覚の問題があります。

おしめが汚れたら、

すぐに取り替えてあげる
ようにしましょう。

「平気な顔をしているから、
まだ、大丈夫だわ」

などと、タカをくくって
手抜きをしていると、

後でかえって手がかかる
という事になります。

おしめの取り替えを怠ると、

嗅覚の他に、皮膚感覚も
麻痺をしてきます。

皮膚感覚も赤ちゃんの
大切な感覚です。

これが麻痺すると、

刺激を受けても脳が
発育しにくくなります。

赤ちゃんの鼻づまりを
鼻掃除などで綺麗にして、
嗅覚の発達を促しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>