赤ちゃんの口、唇と舌の発達、指しゃぶりの時期と発育効果


今回のテーマは、

赤ちゃんの口、唇と舌の発達、
指しゃぶりの時期と発育効果

について紹介します。

ひと昔前は、

「赤ちゃんの指しゃぶりは
不安やストレスの現れ」

と強調する学説が
有力でしたが、

そのせいか、今でも
赤ちゃんが指しゃぶりをすると、

「どうしたのかしら、、」

と心配したり、

なんとか辞めさせようとする
お母さんもいるようです。

はっきり言って、

生後十ヶ月くらい
指しゃぶりというのは
まったく心配ありません。

それどころか、

指しゃぶりは赤ちゃん
の時期にとって、

とても大切な学習であり、

また情緒を安定させるのに
必要な行動なのです。

スポンサーリンク

指しゃぶりの発育効果

正常な赤ちゃんは、

産まれて間もなく、

自分の手が偶然口の
周りに触れると、

吸引反射が起こって、
口で手をくわえます。

そして吸い始めます。

しかし、最初は偶然でも、

生後2~3週目位からは、

意識的に手を口に
持っていって、

くわえるようになります。

単なる反射運動から
意図的な行動ができるまでに、

大脳の神経回路
シナプスが作られ
始めたのです。

赤ちゃんは次に、

手全体を加える事から
しゃぶるのに具合のいい
指を発見して、

一生懸命にしゃぶり出します。

目が覚めている時、

意識的に指しゃぶりを
始める時期は、

一般的に2、3ヶ月頃です。

脳に異常のある赤ちゃんは
生後6ヶ月を過ぎても
指しゃぶりをしないそうです。

赤ちゃんの口、唇と舌の発達

では赤ちゃんにとって
指しゃぶりというのは

どんな意味を持つのでしょうか。

赤ちゃんの感覚でいちばん
早く発達するのは、

唇と舌の感覚ですから、

赤ちゃんは口を使って
自分の周囲の物の形を
調べているのです。

しかし、赤ちゃんはまだ
手を使って、

ものを掴んで持ってくる
ことはできませんから、

まず手っ取り早い所で、
自分の手そのものを

探索行動の対象にするのです。

ある魚類学者が
こんな話しをしていました。

魚には手がないので、

好奇心をそそるものは、
まず口に入れて確かめてみる、

それが餌でなければ
吐き出しますが、

それに針がついていれば
口に引っかかる、

釣りにはそんな要素も
多いという事です。

指しゃぶりの安眠効果

4ヶ月くらい経つと

目の前にある好奇心を
そそるものを掴もうとします。

掴めたら、今度は
必ず口へ持っていって
舐め回します。

これも口と舌で、ものの形を
確かめようとするのです。

指しゃぶりが大切な
学習である事が分かります。

指しゃぶりにはまた、

情緒を安定させる
という効果もあります。

指ではなく、

手全体をしゃぶっている
一ヶ月くらいの頃でも、

これは空腹を紛らわす
意味があります。

お母さんの授乳が少々
遅れたとしても、

手しゃぶりを始めれば
泣き止みます。

良く泣いている赤ちゃんを
なだめる為に、

ゴムの乳首をくわえさせる
お母さんがいますが、

それは逆効果で、

泣き止めさせることが
できたとしても、

大脳を育てる刺激
にはならないのです。

指しゃぶりに適切な時期

指しゃぶりを覚え、

お気に入りの指が決まる頃
になると、

赤ちゃんはお母さんがそばに
いないときなど、

寂しさを紛らわせる為に、

指しゃぶりを積極的に
やるようになります。

これは、自分でできたと
意識した、

代償行動と言われています。

これも脳がそれだけ
発育したという事です。

眠りに入る前、

赤ちゃんがぐずり泣きをしますが、

間もなく指しゃぶりを
始めて泣き止み、

気持ちが落ち着いて安らかな
眠りに入ります。

赤ちゃんにとっては
一種の就眠儀式なのです。

赤ちゃんの口、唇と舌の発達と
脳への刺激は密接な関係があります。

このように指しゃぶりは、

発育にとって大切な
ステップなのですが、

これにも時期の限度があります。

小学校に通うように
なってもまだ、

頻繁に指しゃぶりを
するようなら、

心理的に何か強いストレスを
受けているのかもしれませんので、

注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>