赤ちゃんのおっぱいトレーニング、母乳で脳と健康が発達する


母乳は赤ちゃんにとって
最高の栄養になりますが、

前回の流れから言えば、

赤ちゃんに母乳を飲ませる事が、

最高のスキンシップになる、

という事ですが、

同時におっぱいを吸わせる事が、

赤ちゃんにとっては、

脳を育てる最初の学習になります。

「学習」と言っても、

仮名や数字を教える事が
全てではありません。

いわゆるお勉強が大事ではないのです。

むしろ、

赤ちゃんの段階から
無理やり教えない方が良いです。

赤ちゃんの知能の発達の
ステップにぴったり合った

自然で豊かな刺激を与える
という事が重要です。

もちろんバランスは忘れずに、です。

健康の為にも脳の為にも
母乳トレーニングは重要です。

産まれてから二ヶ月くらい
までの赤ちゃんは、

脳の中の大脳皮質がまだ
ほとんど未完成ですから、

自分の意思で運動する事など
ほとんどできません。

生きる為に、

最小限に必要な、
反射運動しかできないのです。

赤ちゃんのおっぱいを吸う本能

反射というのは、

決まった刺激を与えられれば、
ハンコで押したように、

決まった行動をとる事です。

大人でも反射をしますが、

赤ちゃんは基本的にまず
これだけの動きからスタートです。

思考や感情と言った、
大脳のコントロールを受けない、

極めて原始的な行動と言えます。

これを新生児反射と言いますが、

このうちいちばん大切なのが、

吸引反射と呼ばれるものです。

人間は栄養を取らなければ
死んでしまいますから、

母乳を吸うための運動から覚えます。

この頃の赤ちゃんの口の周り指で突くと、

突かれた方に口を回し、
吸い付こうとします。

これは乳首が口の周りに当たると、

乳首を探して吸い付く事ができる為の、

先天的に授けられた反射運動です。

唇に乳首が当たれば、
加えて飲み始めます。

おっぱいを飲むか始め
お母さんも心配になりますが、

人には生存本能が備わって
ますから、心配はいりません。

赤ちゃんのおっぱいトレーニング

初め唇のすぐそばに
乳首を持っていってやらないと、

上手く吸い付けませんが、

そのうちに、
ほほに当てても

口を回して吸い付けるようになり、

2、3週間経つと、

自分で顔をお母さんの
乳房に押し付けて、

左右に動かし、乳首を探す
運動を始めます。

また最初は、指でも何でも
口に触れるものは、

必ず加えて吸いますが、

間もなく乳首とそうでない
ものの区別が分かり、

乳首ならぐいぐい吸いますが、
指などは吸わなくなります。

吸う力も、急速に強く
なっていきます。

つまり学習し上達してきたのです。

人工乳より母乳で脳が発達する

これは、原始的な
反射運動から、

刺激を選び分けて、

正しい反応をする
ようになった証であり、

赤ちゃんは産まれて最初の
学習をした事になるのです。

だからおっぱいを与えるのは、

単に栄養補給だけの
問題ではないのです。

学習の一つなのです。

そしてゆっくり上達するのです。

いきなり乳首を含ませるではなく、

赤ちゃんに乳首を探させる
運動を積極的にさせてやる事が、

育ち始めたばかりの赤ちゃんの
大脳の回路作りに役立つのです。

もし母乳の出が悪くて、

やむをえず人工栄養にした場合でも、

いきなり哺乳瓶をあてがうのではなく、

口の周りを突いて
哺乳瓶の乳首を探させたり

するトレーニングを
心がけるべきでしょう。

また、お母さんの
乳首のそばに、

哺乳瓶の乳首を添えて、

母乳の授乳と同じ
探索行動をととらせるのも
一つの方法です。

飲むことは学ぶこと

母乳を探し、吸い付く
学習を別にしても、

母乳を与える事は、

赤ちゃんの健康にとって
最高の栄養になります。

どれだけ上手く調整された
人工栄養だったとしても、

母乳には敵いません。

特に分娩後、二、三日の間に
出る母乳は

初乳と呼ばれ、

タンパク質が多く、

しかも消化しやすい形
になっています。

特に赤ちゃんにとって
重要な栄養素となります。

カルシウム分も多く、
ビタミンの含有量も多いのです。

これは量が少なくても
カロリーが高く、

消化機能がまだ十分でない
新生児にぴったりであると同時に、

脳や体の急速な発育に
必要な栄養素を全て
含んでいるのです。

また、赤ちゃんを病気にかかりにくく
する免疫抗体も含まれています。

牛の赤ちゃんのため作られる
牛乳で代わりが効くようなもの、、

ではないのです。

全てはここからスタートする

初乳が終わると
成熟乳が出ますが、

これも牛乳に比べて
吸収の早い糖分(乳糖)が
1.6倍も多くなっています。

赤ちゃんの脳を働かせる
栄養素のトップは
グルコースですから、

理にかなっているでしょう。

そのため、調整分乳などには
乳糖が強化されていますが、

もし牛乳で育てる場合は、

糖分を加える事が必要です。

牛乳に対して5~8パーセント
位の乳糖を加えましょう。

また母乳は牛乳より消化が良く、

アレルギーを起こす事もありません。

さらに大事な事は、

神経繊維を絶縁する為の
グリア細胞を作る元になる
不飽和脂肪酸を

たくさん含んでいる事です。

牛乳にはこれが
ほとんど含まれていないのです。

栄養面でも学習面でも

つまり母乳でのおっぱいトレーニングが、

赤ちゃんの脳と健康が発達する
最高の方法と言えます。

まずはここからスタートなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>