好意、好印象を与える為デート前に男が準備、用意しておく事


今回のテーマは、

好意、好印象を与える為デート前
に男が準備、用意しておく事

について紹介します。

「10分話そうと思ったら、
100分話せるだけの用意をしておけ」

これは経営の神様とまで称された
ユダヤ人学者、ピーター・ドラッカーの
言葉なのですが、

どんな分野でも結果を出す人は
勝負前の事前の準備や用意を大切にします。

これは恋愛においても
非常に大切な考えです。

女性からの好意を得るために
デートの前に準備をするのは大切です。

確かに、、

準備や用意というのは、
時間もかかるし、エネルギーも取られる
面倒くさい作業ですが、

適切な準備をしておけば、
その後のデートが何千倍もうまく行きます。

ちょっとの手間で
その後の結果に違いが生まれるなら

やっておいて損は無いどころか、
むしろ積極的にしておくべき、

と私は考えています。

とはいえ、大変な準備をする必要も

とびきりのサプライズを与える
用意をする必要はありません。

デート前に男が準備、用意しておく事
はどんなものでしょうか?

スポンサーリンク

その女性のタイプは何か考える事

特に今紹介している、

つき合う前の、恋愛に発展する前の
プレデート、最初のデートの段階では、

色々と用意をするよりも、
適切な会話や質問の準備をする

と言う点が重要です。

では、これからプレデートの前に

あなたが準備して
おくべき事を挙げておきましょう。

恐らくあなたは、

あなた自身のお目当ての女性に
ついて良く知っているでしょうから、

彼女がどういうタイプかをある程度
はこの段階で判断できるはずです。

その女性は知的なタイプでしょうか?
それとも遊び人タイプでしょうか?
質素な女性でしょうか?
内気なタイプでしょうか?

…それともここに挙げていない
別のタイプかも知れません。

あらかじめ彼女がどんなタイプか
知っておく事で、

デートの準備はしやすくなります。

女性に好意、好印象を与える為の準備

もしも彼女が知的なタイプであれば、
頭が切れてユーモアのセンスをある所を
演出すればいいですね。

例えばこういう場合、

今読みかけのちょっと難しい本を用意して
デートに持参するのも良いですね。

彼女がその本を目にとめれば、
それが話しのきっかけになるかもしれません。

彼女がちょっとした不良タイプであれば、

あなたも問題児風を見せるのも良いでしょう。

レザージャケットにサングラスで
デートに出かけてみましょう。

芸術家タイプの女性とデートする場合は、

待ち合わせの場所にやってきた彼女に、

アート関係の雑誌を読んでいる
あなたの姿を見せつけてみましょう。

きっとつかみはうまく行くはずです。

・・とは言え、ここで

実際のあなたとは違うあなたを演じろ
と言っているのではありません。

それはかなりの努力を要するし、

例えやってみても、
うまく行かないと思います。

デート前に男が準備、用意しておく事

むしろここであなたには、
色々なタイプの女性とデートすることを

自分のいつもとは違う面を探り出し、
表に出す良い機会だと考えるべきなのです。

そうすれば、あなたは
デートをこれまで以上に楽しめるようになり、

目当ての女性とうまくやれる
可能性も高まるのです。

それこそ好意、好印象を与える
為に必要な考え方です。

また最終的な目標を決めておく事も大切です。

プレデートに出かける前には、

自分がそのデートに
どんな成果を期待しているのか、

ハッキリさせておく事が大切なのです。

彼女に魅力的な男と思われたいのか?
おもしろそうだと思われたいのか?
それとも刺激的な男と思われたいのか?

デートの終わりに、彼女をどんな
気持ちにさせたいのか

ハッキリさせておきましょう。

そうすれば、

脳は自然とその目標に向かって
努力することができるし、

それにふさわしい
話題を選ぶ事もできるのです。

テーマを準備して望めば
素晴らしい会話が出来るデートになるでしょう。

好意、好印象を与える為
適切な準備や用意は欠かせません。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>