豊かな刺激、理性ある愛情が赤ちゃんの豊かな情緒と脳を育てる


今回のテーマは、

豊かな刺激、理性ある愛情が
赤ちゃんの豊かな情緒と脳を育てる

について紹介します。

豊かな刺激が、

子供の脳を育てる
と言っても、

刺激がオーバーになると、
逆効果になります。

例えば、

産まれてから5ヶ月
ぐらいまでの赤ちゃんは、

お母さんとの肌の触れ合い、

スキンシップがとても大切で、

これがないと
知能の発育が遅れたり、

ゆがんだ性格の子供に
育ってしまったりします。

だから、おしめを
取り替えるときや、

入浴の時、お母さんの
優しい手で体をマッサージ
してやるのは

素晴らしい効果があります。

しかし、生後五ヶ月から
六ヶ月ごろになれば、

無用な肌への接触は
逆効果になる事もあります。

この頃の赤ちゃんは、

触覚も圧覚も、著しく
発達していきますから、

肌の刺激に非常に
敏感になっています。

スポンサーリンク

豊かな刺激、理性ある愛情が脳を育てる

だから、ちょっと
くすぐられても、

キャッキャと
声を上げて笑います。

お母さんやお父さんが

それを面白がって
やたら赤ちゃんをくすぐったら
どうなるでしょうか。

これは赤ちゃんを
オモチャ扱いしているのと同じで、

これはスキンシップどころか
ひどくスポイルして
しまう事になります。

しかし、だからと言って

必要なスキンシップを
なくしてはいけません。

五ヶ月を過ぎたら、

肌の接触を介する愛情の
やり取りが可能になるし、

これが赤ちゃんの感情の
発達に大いに役立ちます。

刺激を与えるスキンシップから
愛情を伝えるスキンシップへと、

お母さんも自分の
感情を育てていかなければ
なりませんん。

子供の発達のステップによって、

ある時期には有益な刺激でも、

次のステップではかえって
有害な刺激になる事があります。

だから発達のステップを
良く見極めて、

適切な刺激を
与えてやる事が、

いちばん大切なのです。

その方法もこれから
提示していきます。

豊かな刺激と豊かな情緒

人間は、

筋肉の力ではなく、

大脳皮質が生み出す
知能の力で、

地球上で進化してきました。

今はさらに、宇宙へも
乗り出そうという時代です。

私たちの子供が生きる
時代には、

さらに文明が高度になり、

高い知能の重要性は
ますます増していくでしょう。

「頭のいい子に育てたい」

という、両親の願いは
もちろんもっともですが、

脳は、勉強だけで
発達する訳ではありません。

健康な体と、粘り強い
体力に支えられて、

脳はその機能をフルに
発揮できるのです。

豊かな刺激はいつまでも重要です。

「体のひ弱な青白い秀才」

というのは、たとえ
一流大学を卒業し、

良い企業に入っても、

あまり出世したり
成功したりはできないでしょう。

学校の勉強にしても、

体力に支えられた
集中力や忍耐力がなければ、

良い成績をとる事は
できないのです。

バランスの良い赤ちゃんの豊かな脳

だから、

赤ちゃんのときから、

脳のトレーニングと同時に、

体のトレーニングも
欠かさずやってあげな
ければなりません。

同時に、豊かな情緒も
育てなければなりません。

豊かな情緒は、
愛情に満ちた人間関係
から産まれます。

盲目的な愛情ではなく、
理性を持った愛情です。

これからのお母さん、
お父さんになる人にとって

「理性を持った愛情」は
とても大切になるでしょう。

子供を育てる事は、

芸術品を作り上げるのと
似ているでしょう。

世の中に、これほど
やりがいのある仕事は
ないでしょう。

しかも、その主役は
両親なのです。

新時代の世界に人材を
送り出す為に、

子供を知能と体力の
バランスがとれた、

そして豊かな情緒と脳
個性を持った人間に
育て上げる使命があります。

そしてこのサイトがその為の
ささやかな指針になれば
これほど幸せな事はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>