犬の埋葬、供養の方法と愛犬との別れ方、ペットロス症候群の対処


今回のテーマは、

犬の埋葬、供養の方法と愛犬との
別れ方、ペットロス症候群の対処

について紹介します。

愛犬との別れは
いつか訪れます。

辛く悲しい事ですが、

最期まで愛情を込めて
悔いなく見送る事ができるよう。

愛犬が歳をとってきたら、

「別れの日」のことを
あらかじめ考えておきましょう。

そして、最近では
その別れが辛すぎて

ペットロス症候群に
陥る飼い主さんも増えてきました。

自分自身がショックで立ち直れない、

或は家族がそうなる
事もありますが、

それを決して否定せず
自然な流れで受け入れる事が、

ショックを和らげる方法となります。

犬の招き方、飼い方、
そして別れ方まで、

飼い主が責任を持つのが、

愛犬とのライフスタイルの
基本ルールとなるのです。

スポンサーリンク

犬の埋葬、供養の方法の特徴

愛犬の亡がらは飼い主さんが
責任を持って葬らなければ
なりません。

いつまでも家族のそばにいて欲しい
ということから、

かつては自宅の庭に
埋葬するケースが一般的でしたが、

最近では火葬による供養が
多いように感じます。

自宅の庭に埋葬する場合、

悪臭や土壌、水質の汚染などで
近隣に影響を与えると、

被害の賠償を求められる
ことも考えられます。

他の野生動物に掘り返される
可能性もある為、

深い穴を掘る事ができる
土地が必要になります。

火葬にする場合は、

飼い主さんの住む
地方自治体や民間の
ペット葬儀会社に依頼します。

手続きや葬儀の内容、
料金などはそれぞれ
異なりますから、

市区町村の窓口や業者に
問い合わせたり、

インターネットなどで
事前に調べておくと良いでしょう。

犬の埋葬、供養の専門業者への頼み方

東京都のある自治体では、

清掃事務所が愛犬の
遺体を自宅まで引き取りに
来てくれて、

一頭2600円程度の手数料で、

一般ゴミとはまったく別に
火葬してくれます。
(自治体によって異なります。)

民間のペット専門の
葬儀会社やお寺などが
運営する動物霊園などの

埋葬、供養方法も選択肢の
一つとして考えられます。

それらは獣医師が紹介
してくれる事も多いので、

聞いてみても良いでしょう。

火葬だけ頼み、骨は
自宅で保管したり、

納骨や墓地への埋葬まで
頼むかは、

業者のサービス内容を
見て検討しましょう。

愛犬との別れ方はいくつもある

料金は犬のサイズによって
異なる場合が多いですが、

個別に焼いてくれるのか、

他の犬やペットと
一緒に焼く「合同葬」
なのかなどによっても、

金額が変わってくるので、
確認が必要です。

なお、自治体に登録してある犬は
死亡届を出す必要があります。

手続き方法が分からない場合は、

登録先の自治体に
確認するようにしてください。

・犬の埋葬、供養のまとめ

<自宅で土葬する>

メリット:

自分の手で最期まで
葬る事ができる。

死後も身近に感じる事ができる。

デメリット:

衛生管理が難しい。

大型犬であれば穴を掘るのに
かなりの労力が必要。

<自治体に頼む>

メリット:

業者に比べて必要や安い。

デメリット:

焼き方、埋葬のされ方を選べない。
遺骨の返却がない場合も多い。

<業者に頼む>

メリット:

選択肢が多い。ていねいに
供養してもらえる事が多い。

デメリット:

お金がかかる。

時に悪徳業者に合う危険も。

ペットロス症候群の心理的特徴

そして埋葬や供養が終われば、
一気に悲しみが襲いかかるかもしれません。

これがいわゆる
ペットロス症候群ですが、

これは病気でもなんでもありません。

ペットを亡くした人なら
誰しもが経験する事です。

愛犬の死に関して、

悲しい、辛い、などの
感情を持つ事は当たり前の事です。

愛犬が亡くなった事で、

取り乱したり、
悲しんだりするのは

良くないと思うかもしれません。

ただのペットの死なのだから

社会生活に支障を来す
ことがないようにしなければ、

と強く自分に
言い聞かせてしまう、

飼い主さんもいます。

でも心理学的に言えば、

悲しみというのは
ちゃんと段階があり、

それを順に踏むと、

その悲しみとともに
生きて行けるようになります。

その悲しみは人によって
差があるので、

厳密なタイミングは
人それぞれなのですが、

愛犬との生活が将来
必ず良い思い出になる時が来るので、

以下のステップを参考に、

信じて前に進み
ペットロス症候群の対処と
してみてください。

ペットロス症候群の対処方法

第一段階(感情麻痺の時期)

ショックのあまり現実に
起こった事を否定する時期です。

つまり愛犬が亡くなった
ことを信じられない時期です。

第二段階(思慮と探索の時期)

信じられないけれど、

このままでは何かが
違うと思う始める時期です。

第三段階(混乱と絶望の時期)

目の前で起きた事を
だんだん受け入れる時期です。

この時期は、自分や
獣医さんに対してなど、

怒りや恨み、後悔なども
沸き起こってくる時期です。

第四段階(再起の時期)

諦めの時期で、現実を
受け入れ
ようとする時期です。

そして悲しみとともに、
生きて行こうと思い始めます。

自分の心の中に、
愛犬の思い出と言う
部屋を作るようになり、

良い思い出となります。

以上のステップを否定せずに
順番に受け入れる事が、

ペットロス症候群のショックを
スムーズに浄化できるのです。

以上、生があれば死がある

生き物としての宿命を
受け入れる為の

参考としていただければと思います。

宗教や形式にこだわりは
ありません。

どんな方法でも良いので、

飼い主のあなたが納得する
方法で埋葬、供養をしてあげる事が、

愛犬にとっての最期の
別れ方のベストな形なのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>