胎児、赤ちゃんの脳の回路を作る五感の発達を刺激する育児法


私たちには外界の刺激を
キャッチするセンサーがあります。

見る、聞く、触る、嗅ぐ、味わう、

実はこの能力が、

脳を鍛える最も基本になりますが、

幼少期から適切な刺激を
与えてあげられるほど、

将来は賢い赤ちゃんになります。

人間の脳はいちばん進化した

巨大なコンピューター

のようなものと言われています。

しかしコンピューターとは
決定的な違いがあります。

コンピューターは

製造されたときのままで
成長する事はありませんが、

人間の脳は適切な刺激を受ければ

どんどんシナプスの数を増やし、

より性能の高い物に
成長していきます。

そしてその増え方の秘訣は…

3歳頃までの教育にあります。

また、とにかく刺激が強く
たくさん与えれば良いということでなく、

バランスも大事なのです。

しかし脳の成長という意味では、

三歳頃まで最も増え方が急速なのです。

産まれたばかりの
人間の赤ちゃんは、

すでに140億ほどの神経細胞が
出来上がっています。

神経細胞同士も、
繋がってはいますが、

それは生きて行くのに最低限
必要な、基本的な配線だけで、

知能はおろか、

ハイハイをするとか、立って
歩くとかの運動の為の配線さえ、

まだ完成していません。

スポンサーリンク

脳のシナプスは一定期間で止まる…

これをゆっくり鍛えていくのです。

しかし三歳頃までには、

脳の配線とシナプスの
およそ70~80%は、

出来上がってしまいます。

6~7歳頃までに90%、

12歳くらいで一応完成し、

後は20歳くらいまでに
細かい仕上げをするようです。

この時期の成長がおろそかになれば、

その後いくら鍛えても
なかなか成長はできません。

では、、

脳の回路の網の目を
成長させる適切な刺激とは、

どのようなものでしょうか?

それは、赤ちゃんの
発育の段階にぴったり合った、

外界からの、脳への働きかけなのです。

つまり五感を適切に
刺激する育児法なのです。

まず光、色、ママの顔など
視覚に訴えるもの、

音や声など聴覚に訴えるもの、

甘い、酸っぱい、辛い
味覚に訴えるもの。

お母さんの体臭やお乳の
匂いなど臭覚に訴えるもの、

お母さんの柔らかい体に
触れる肌触り、

ガラガラを握ったときの圧覚、

冷たい、暖かい、痛い、
など皮膚感覚に訴える、

赤ちゃんの感覚器官を
通じた刺激です。

そしてこの刺激は胎児の段階から
与える事が重要なのです。

刺激が不十分では十分な
発達はできないのです。

五感の発達を刺激する育児法

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、
皮膚感覚を

五感と呼びますが、

赤ちゃんは産まれてから
満一才頃までに、

まず生きて行く上で、

ぜひとも必要なこれらの
感覚が発達し成熟していきます。

それとともに、

この五感に助けられて初めて、

正常に働く運動機能、

例えば、ハイハイや
つかまり立ちなど、

知的機能が発達していきます。

だから、この時期の
赤ちゃんへの適切な刺激は、

主に五感と、言葉と運動
による刺激を積極的に与えていく
のが育児の極意でもあります。

五感というのは、

単に赤ちゃんの栄養が良くて、
体の成長が良いだけでは、

正しい脳の発達は
期待できないのです。

これらの感覚は、適切な
トレーニングをしてやる事で、

より早く、高度に発達する
という特徴を持っています。

それが将来子供たちが、
ダイナミックに豊かなに生きる上で
土台作りになるのです。

この時期に頑張るほど
将来の伸びも高まります。

そこにこそ

「五感育児法」の
意味があるのです。

バランスよく適切に刺激する方法

適切な刺激を与えて、

それに対して正しい反応を
する事を覚えさす事を、

学習というのです。

学習というのは何も
学校や塾で机に向かって

お勉強すると言う事
だけではないのです。

人間が独立して生きて行く
為に必要な事を覚えていくのも、

大切な学習なのです。

その意味では、赤ちゃんは

お母さんのお腹の中から
既に学習を始めているのです。

実は、お腹の赤ちゃんは
かなり早くから一部の
感覚が備わっています。

胎児への胎教というのは

赤ちゃんの脳の回路を
作る上で重要です。

真っ先に出てくるのは視覚です。

人間にとっても最も重要な
感覚器官と言われており、

人間は見て物事を把握する動物です。

体内第16週頃の赤ちゃんの
瞳孔は直径1.7ミリくらい

(この週の数え方は、最終
月経の第一日目からです。)

すでに大人の三分の一の
大きさになっています。

お母さんのお腹に強い光を
当ててみると、

羊水を通過した光が
赤ちゃんの目に届き、

まぶたを開き、瞳孔が
小さくなるので、

視覚ができてきた事が
分かると言います。

(だからこそ出産後すぐの環境として
病院は刺激が強すぎるのですが、、)

将来の賢さを決定づける時期

次の五感は聴覚で、

30週以後にできてくるようです。

これ以後に、大きな音がすると、
お腹の赤ちゃんがビクッと
体を縮めたり、

手足を動かしたりするので、

聞こえている事が確かめられます。

だからこそ胎教の重要性も
言われているわけです。

皮膚感覚も30週には完成します。

これらの事は、超音波を使って

お腹の中の赤ちゃんの様子を、
手にとるようにテレビスクリーンに

映し出す事ができるように
なったお陰で、解明されたのです。

だからこそ、

現代のテクノロジーには感謝です、

がバランスを取るためにも、

自然派育児の重要性を見つめ直す、

これがこのサイトのこのテーマの
大きなポイントです。

では、お腹の赤ちゃんの
脳の回路を発育する為には、

どんな刺激を与えたら
よいのでしょうか。

実を言うと、、

脳科学の世界でも正確には
実証されてはいないのですが、

やはり効果がある方は存在します。

また不自然な刺激ではなく
バランスの良い自然な刺激を与える
というのも

親の大切な考え方です。

適切な刺激が合った方が、

産まれた後、そして成長後に

五感の発達にプラス
になる事は確かなのです。

真の教育はお腹の中から始まる

では胎児への胎教に
適切な刺激と言うと、

やはりお母さんが
日常生活で受ける自然な
刺激がいちばんでしょう。

愛情をたっぷりと注ぐと
脳はそれをぐんぐん吸収します。

普通の生活をしている大人は、

一日に50万回くらいの感覚刺激を
受けていると言います。

ですから、お腹の中にいる
赤ちゃんの為にも、

お母さんは無理のない範囲で、

できるだけ普通の生活を
した方が良いのです。

お腹の赤ちゃんに
差し障りがあるのではないか、

と神経質になりすぎて、

家の中に閉じこもって
いるのは行けません。

天気のいい日には
欠かさず散歩でもして、

ストレス解消をするとともに、

お腹の赤ちゃんにも
自然から来る適度の刺激を
与えてあげましょう。

それが本当の意味の
「胎教」なのです。

それが健康な赤ちゃんを産む
キーポイントでもあり、

また産まれるとすぐ、

お母さんの身体から離れて、
一人で生きて行かねばならない赤ちゃんに

その準備をさせる事にもなるのです。

では次回から具体的に
何をすればいいのか?

詳しく紹介していきますので
楽しみにしていてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>