女性の恋愛感情を高める、恋に発展する口説く質問のスキル

女性の恋愛感情を高める、恋に発展する口説く質問のスキル
今回のテーマは、

女性の恋愛感情を高める、恋に
発展する口説く質問のスキル

について紹介します。

モテる男が使う口説く
コミュニケーションというのは、

セールスマンのように、

自分の良さや相手の素晴らしさを

マシンガントークのように
アピールする人ではありません。

たった一言、二言、

適切な質問をするだけで、

相手からうまく引き出す会話、

これが上手なのです。

実際にトップセールスマンも
適切な質問をすることで、

お客さんのニーズを引き出し
クロージングにつなげます。

そしてモテる男は、

女性から恋心を引き出し、
恋愛につなげるのです。

ではこれから実際にデートに誘い
恋愛関係に発展させるために

女性を喜ばせる恋愛感情を高める

質問のスキルを言うものを
身につけるべきでしょう。

ここで一つ質問です。

スポンサーリンク

恋に発展する口説く質問のスキル

例えば、

誰かに愛されているという事に
初めて「気づいた時」どんな気分でしたか?

と質問されたら、

恐らくあなたも覚えている
のではないでしょうか。

また、

「一目惚れしてしてしまった
瞬間はいつでしょうか?」

と聞かれたら、

その女性の顔だけではなく
その時の気分までも思い出せるはずです。

或いは思い出に残る女性との
デートの事を思い出す時、

どんな感情が沸き上がってきますか?

これらの質問に正直になって
考え出してみて下さい。

質問は感情を引き出す力がある

この質問を考える時、

あなたは何らかしらの
感情を抱いたはずです。

質問は過去から記憶だけでなく
感情までも引き出す力があります。

感情を動かす事が

女性を喜ばし、恋愛感情を
高めるために重要なのですが、

女性と会話する時も

このように何らかの感情を
思い起こさせることが、

ロマンティックな会話の基本なのです。

そしてそんなロマンティックな
感情についての質問や描写は、

たいていの場合、質問を受けている
相手の心にもロマンティックな
思いを沸き上がらせます。

脳内を恋心で一杯にする口説く質問

相手の女性の脳内で
あなたとの恋愛を想像してほしければ、

あなたはただ単純に
恋愛に関する質問をすれば良いのです。

デートの段階で

仕事の質問をすれば
仕事の事で頭いっぱいになり、

政治汚職の質問をすれば
政治の事で頭いっぱいになります。

あなたが彼女と会話する理由は何ですか?

とうぜん恋愛に発展したいはずです。

だからこそこれから
モテる男になるために、

あなたは恋愛について
女性に語る必要があるのです。

前にも紹介した、

「それって何か意味があるの?」

という質問が女性からの
共感を得るために強力だったように、

ある感情について詳しく説明すると、
それを聞いている人は、

自分もそれと同じ感情を持った時の事を
自然と思い浮かべてしまうのです。

女性を喜ばせ恋愛感情を高めるスキル

だから、例えば

あなたはお目当ての女性に

初めて男性に心を奪われ、

すっかり夢中になってしまったと
感じたときにどんな気分だったか?

…と女性に尋ねるだけで

女性はその時の事を
思い出してしまうのです。

そして、その時の気分を
もう一度味わい直す事になります。

そして、その質問をしたあなたと
その感情を共有した気分になるのです。

この質問の方法は、
恋を演出するのにとても効果があります。

質問のスキルは最強の
口説きテクニックになります。

あなたはただ、デートに出かける前の
ほんのわずかな時間を使って、

女性を喜ばせうっとりとした
気分にさせる、恋に関する質問を
考えて覚えておけばいいのです。

恋愛感情を高める質問の具体例

そして恋愛に発展させていくのです。

或いは、ただ恋愛観について
話し合う事によっても、
同じような効果を得られるでしょう。

以下に良く使えるロマンティックな
質問を例にして下さい。

・心から楽しいと思ったときはどんな時?

・1週間の休暇を理想の男性と
過ごせるなら君は何をして過ごしたい?

・これまでの人生で、
一番ロマンティックな夜の思い出は?

・これまで見た映画で、
一番ロマンティックな映画は?

・一番魅力的だと思う俳優は誰?
そしてその理由は?

・恋をしている時、君はどんな気持ちになる?

・自分が恋をしている、と気づく時どんな時?

…などこういった
質問をしてみることで、

女性のロマンティックな
気分を高める事ができます。

またこういった会話の例に関しては
今後も詳しく解説していきますが、

まずは女性を喜ばせる
恋愛感情を高めるこれらの
口説く質問をぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>