炎は女性の恋愛感情が燃え上がる心理効果がある

炎は女性の恋愛感情が燃え上がるツールとなる
炎は女性の恋愛感情が燃え上がる
心理効果があるのです。

なのでもし可能なら、

理想の女性を暖炉のある部屋へと誘う。。

これができれば落ちない女性はいない
と言っても良いほど効果的な方法です。

燃え盛る炎の前で、

ほの暗い部屋、薪の燃える匂い、
ロマンティックなムードといった

熱烈な恋の営みに欠かせない
要素がすべてそろうのです。

炎には人間の感覚を変える
不思議な心理効果があります。

学生時代にキャンプファイヤーをした
経験が記憶に残ってリウ人もいるでしょう。

じっと火を見つめていると
リラックス効果と集中効果が混ざった
何とも言えない気分になります。

スポンサーリンク

炎の持つ恋愛の心理効果

女性向けのロマンス小説など
一冊読んでみると良いでしょう。

こういったものを知ると、
女性が何を望んでいるかが分かります。

女性の恋のファンタジーや
恋愛妄想を満たす男はモテるのです。

男向けのエッチな本などでは

乱暴で激しい性描写や
一夜限りの関係ばかりが書かれていますが、

女性向けロマンス小説の内容は

そのほとんどが、スキンシップの前戯や
男性に追いかけられる話や口説かれる話

或いは二人が性的な関係になる事を
予感させるロマンティックな夜の描写
が多いのです。

さらに多くの物語に

燃え盛る暖炉の炎の前で
男女が抱き合っているシーンがあります。

こうしたシーンは、
映画や絵画、または小説の中にも
しばしば見受けられるものですが、

炎には女性のロマンティックな
恋愛感情を刺激する力があります。

大阪ガスのエネルギー技術研究所
の実験によれば、

暖炉の炎は初対面の二人の
コミュニケーションの促進効果がある
と確認されたと言う話しもあります。

暖炉の火により、リラックスできる、癒される、
共感が高まる(相手が自分に似ていると感じる)、
2人の距離が縮まる、会話中に暖炉を見る回数が多い

などといった効果があったと報告されています。

炎を使うと恋愛がさらに燃え上がる

とにかく、炎を利用することで
女性と過ごす夜を一段と素晴らしいものに
する事は可能なのです。

暖炉がなくてもろうそくや焚火など
工夫はいくらでもできます。

私が海外へ留学していた時の事、

知人の家の家の留守番を頼まれたのですが、
その家には暖炉がありました。

私はこのチャンスを十二分に
利用させてもらおうと考え
当時の女友達をその家に連れてきました。

そして二人で暖炉の前に座り、
用意していたそれほど高くないワインを
二人で飲むにつれ、

二人の会話はいつまでも途絶えることなく、
部屋に流れる音楽のムードが高まった後、

二人はそのまま行きつくとこまで行きました。

この一連の流れは
全て準備万端に整えておいたからこそ
できたことです。

日本ではなかなか暖炉がある家はありませんが、
工夫の使用はいくらでもあります。

ろうそくを使う、たき火をするなど

女性の官能を刺激する方法を身につければ
簡単にうまく行くことができます。

もちろん、火事など火の始末には
十分気をつけて、

炎の効用を理解し、その心理効果を実際の
デートに取り入れることができれば、

女性たちがあこがれる
ロマンティックな男になれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>