子供の脳と将来の可能性を育てる育児コミュニケーションの極意

子供の脳と将来の可能性を育てる育児コミュニケーションの極意
今回のテーマは、

子供の脳と将来の可能性を育てる
育児コミュニケーションの極意

について紹介します。

子供の可能性は無限です。

そして育児コミュニケーションの
原点というのは、

こうした将来の可能性に向かって、

正しい一歩を踏む出す事にある
と言って良いでしょう。

もちろん正しいというのは
定義が難しいですが、

脳科学や心理学という視点から、

私なりの考え方を
シェアしたいと思います。

子供の脳の可能性は無限大

昔から「三つ子の魂百まで」
と言われますが、

この事は最近の
学問や科学の進歩によって、

ますます裏付けられて
来たのではないでしょうか。

大脳生理学、胎児医学、
人間生態学、人間行動学、
心理学、文化比較人類学

などなど、

知識の進歩によって、

過去には想像もできなかった
子供の可能性を引き出す形が
色々と分かってきたようです。

このことは、

必然的に、過去の
育児のあり方を見直し、

そして過去の良い部分は
正しく継承しながら、

新しいテクノロジーや
脳機能学の根拠を加え、

これからの子供の脳の
可能性を育てる

育児コミュニケーション

というものを進めて
行くべきというのが、

親である私たちの課題でもあります。

スポンサーリンク

子供を健康に賢く育てる方法

私たち親の共通の願いは

「良い子に育って欲しいという事」

もっと欲を言えば、

賢く、心身ともに元気で健康な
成功できる大人になって欲しい、

という願望もあるでしょう。

「良い事はどんな子か?」

という事とを考えると、

色々な問題があり、
一概には言えませんが、

それでも親は、

我が子に良い子に育って欲しい
と切実に願う物です。

そして、

良い子に育つ、あるいは
良い子に育てる為には、

親が積極的に努力
しなければならない、

と多くの親が分かっています。

いいえ、大変な努力を
していることでしょう。

ここでそんなマジメに
考えすぎる親にこそ、

育児コミュニケーションの
ちょっとした秘訣を知って欲しいのです。

育児コミュニケーションの極意

現実社会は多くの刺激があります。

立派に良い子に育てたい
という願望とは裏腹に、

問題を抱えた子供も
増えているという声も耳にします。

切実な願いや懸命な努力
とは裏腹に現れる事実に、

戸惑っている親が
たくさんいる事も事実です。

しかし、育児には瞬時の
ためらいも許されない事があります。

子育てというのは
一分一秒の休みもなく、

継続的に発育を続けるのですから。

私たちの過去に失敗が
あるとすれば、

それは、子供に対する
正しい認識と理解がなかった
事によるのではないでしょうか。

そしてそのような失敗を
繰り返さない為には、

今、私たちに示されている
子供の姿を、

できるだけ正確につかんで、

そのうえに立って、

育児の正しい歩み方、

子供の脳と将来の可能性を
育てる方法を活用して

コミュニケーションを続けていくのが
良いのではないでしょうか。

子供の将来の可能性を育てる脳の秘密

バランスのとれた
子供が育っていくための

キーワードは「脳」
ではないでしょうか?

大脳皮質の神経細胞に、

適切な刺激を、
適切に加える事が、

子育ての基本として、

極めて重要な事が
知られてきているのです。

その方法をこれから
具体的に紹介していきます。

そのルーツとしては、

豊かな感性や感情を高める

「視覚、嗅覚、味覚、聴覚、皮膚感覚」

という5つの感覚器官と、

いわゆる知能を育てる
「言葉と運動」など、

幼児教育というのは子供の
将来の可能性を左右する

非常に大切な時期です。

これから子供の脳を育てる
と言う面に焦点を絞り、

素晴らしい子供に育てる為の
育児コミュニケーションの極意
を紹介していきます。

もちろん全ての子供が
同じように育たないのは事実です。

もちろん個々の子供の
ことをしっかり理解しながら、

これらの方法を実践する事で、
誰にとっても役に立つでしょう。

親と子供の日常の触れ合いの中で、

これからの方法を少しでも
実践してく事が、

子供の将来の可能性を育てるのです。

一緒に、楽しみながら
育児コミュニケーションを
学んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>