犬の迎い入れ前にやるべき事、義務と責任、共存する環境の作り方

犬の迎い入れ前にやるべき事、義務と責任、共存する環境の作り方
今回のテーマは、

犬の迎い入れ前にやるべき事、
義務と責任、共存する環境の作り方

について紹介します。

我が家にやってきた
犬にとって、

人間の家は新居であり、
これまでとはまったく違った
環境と言えます。

新しい環境、
人間との共存に慣れる為、

床やカーペットの上に
排尿や排便をしたり、

匂いを嗅ぐ、舐める、
かじる、引っ掻く

など、様々な行動を
する事があります。

だから犬の迎い入れ前に
危険な物や、

汚したり壊されて困る物は
なるべく遠ざけておく必要が
あります。

スポンサーリンク

犬の迎い入れる義務と責任

また、食べ物に関わる事で
体調を崩す事もあります。

これを避けるには、

まずブリーダーや
ペットショップの店員に

今まで食べていた物を聞き、

それを迎え入れてしばらくは
あげるようにしましょう。

そして慣れてきたら
徐々に変えていくと良いです。

また、環境の変化による
ストレスで体調を崩す
こともあるので、

迎え入れる前に、

子犬がかかりやすい病気を
知っておく事も大切です。

子犬の場合、ちょっとした
病気でも遊んでしまい、

元気に見える事もあります。

食欲がなかったり、
寝たままじっと動かないなど、

ちょっとした下痢でも
すぐに病院へ行きましょう。

いずれにしても、

犬の迎い入れ前にやるべき事は

家の近くの動物病院の
場所を確認しておく事です。

できれば信頼性も
調べておけば先々役に立ちます。

これも飼い主さんの
義務と責任と言えるでしょう。

犬を飼えば絶対に時間は奪われます

自由気ままでマイペースな
猫の場合は、

共存するようになっても、

人間が生活のペースを
大きく変えられる事は少ないです。

ところが犬の場合は
事情が違います。

犬種によっては

「この犬を飼ったら、
自由はなくなると思え」

と言われるほど、

人の生活を一変させて
しまう種類もいます。

1年365日無休で
散歩をする必要はなくても、

外に連れ出す事が必要ですし、

元来寂しがり屋なので
一緒にいる時間は長いほど
好ましいです。

旅行に出掛ける際は、

ペットホテルなどに
預けなければならず
出費もかさみます。

犬の迎い入れ前にやるべき事

これは犬を迎い入れ前に
考えるべき、

義務と責任の大きさです。

こうした現実を知らずに
犬を迎えてしまうと、

大きな間違いを犯す
ことにもなりかねません。

実際、犬を持て余し、
人間の勝手で手放す人が
多くいるのです。

犬の種類や大きさに関わらず、

手がかかるのは当然の事です。

飼い主の心構え次第では
犬を不幸にします。

不幸な犬を増やさない為にも、

多かれ少なかれ、

自分の時間は犬に奪われる
という覚悟が絶対に必要です。

犬と共存するための環境の作り方

さてそうした責任と言う
心構えがで来たならば、

実際に犬の迎い入れ前に
やるべき環境の作り方としては

具体的に用意すべきなのは、

ペットシートを敷いたトイレ、
餌場、寝る場所が

最低限必要でしょう。

寝起きや食事の後に
オシッコをしやすいので、

双方から行きやすい所に
トイレを設けましょう。

寝る場所は広すぎない程度に、

犬の寝る環境としては
狭い方が空間的に落ち着きます。

特に子犬の時代は、

部屋の片隅にサークルなどで
仕切り場所を作ってあげましょう。

人の往来が見えたり、
音が聞こえると落ち着かないので、

静かな所で寝る環境を作ります。

犬を迎い入れてからすること

また、徐々に慣らす
という目的で、

首輪、リード、キャリーバッグ

などを用意しても良いでしょう。

子犬が外に出れるのは
ワクチン接種が全て住んでから
というのが義務なのですが、

それでは3ヶ月かかるので、

少しくらいなら、

犬との信頼関係が
築けていれば、

抱っこをしながら外出して
外の空気を吸わせてあげるのは
良い事でしょう。

信頼関係の目安というのは、

呼べば喜んでくる、
お腹を出して寝る、
抱っこをしても嫌がらない、

と言った事です。

飼い主が犬の行動傾向を
責任もって把握している事は
もちろん大前提です。

犬を飼う飼い主の義務と責任

また犬を飼えば
届け出は義務づけられています。

飼い始めた日から
30日以内に、

市町村長に届け出を
しなければなりません。

登録は獣医師も代行
してくれます。

登録料は3000円で
これは自治体の収入です。

これは人間生活に
犬が共存する上で、

しょうがない所でしょう。

犬が社会的動物であるように
人間も社会のルールは
大切なのですから。

そして狂犬病の予防接種も
年に一回の接種が法律によって
義務づけられています。

ワクチン代は一律ではないですが、

概ね3000円前後で、

これは動物病院と自治体の
収入になります。

犬が病中で、動物病院が
接種免除の証明書を
発行した時以外は、

接種が絶対条件で、

受けないと狂犬病予防法
に反する事になります。

犬との幸せな生活を送る為に

ワクチン接種については
狂犬病の予防注射のみが
義務になっていますが、

もちろん犬が感染性に
かかるのを未然に防ぐ
というのは飼い主の責任です。

獣医師と良く相談の上、

必要と思われるワクチンは
接種すると良いでしょう。

またこれも義務ではないですが、

アクシデントで迷子になった、
災害で離ればなれになった、

という事を避ける為に、

IDチップを埋め込むというのも
有効な手段です。

IDチップは、

そのペットの登録番号を
記載したマイクロチップで、

皮下に埋め込む事ができます。

キチンと登録してあれば、
飼い主の元に戻れる
可能性が高くなります。

埋め込み自体に危険性はなく
行動が妨げられる事はありませんが

中には注射による肉腫が
できる事もあるので、

マイクとチップのメリット
デメリットを判断した上で

飼い主さんの責任において
決断しましょう。

以上のように、

犬の迎い入れ前にやるべき事、
迎え入れてからやるべきことなど

飼い主には義務と責任があるのです。

楽しく幸せに犬と人間が
共存するためにも

しっかり環境を整えてから
犬を迎え入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>