女性の瞳孔を開く恋愛にロマンティックな照明を使う

女性の瞳孔を開く恋愛にロマンティックな照明を使う
女性の瞳孔を開く恋愛に
ロマンティックな照明を使う
のも有効な手段です。

モテル男は照明で女性の心を演出します。

女性にとっての恋愛感情が
高まる官能的な感覚は

照明をそれにふさわしい
ロマンティックなものに変えることで
この上なく高める事もできます。

部屋の明かりをろうそくにしたり、
照明を落とすことで温かい雰囲気になり、

それがロマンティックなムードを作りだします。

ろうそくの光というのは特に

ロマンティックな雰囲気を醸し出すだけでなく、
人間の肌もきれいに見せてくれるのです。

日本の都会ではなかなか
実現しにくいですが、

暖炉の炎を照明にすると言うのも
ロマンティックな雰囲気を演出できます。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、

蛍光灯のような光や
オフィスのような明るすぎる照明、

電気スタンドの光を浴びているときの気分は

のんびりとしたリラックスいた気分とは
程遠い気分ですね。

女性を口説こうとする時、

あなたが望むのは
彼女がくつろいだ気分にさせることで

警察の尋問室にいるような気分にさせてはいけません。

全く同じ口説きパターンを持っているとして、

一方はロマンティックな照明で、

もう一方は殺伐としたオフィスのような環境、

どちらの方が成功率が上がるかは
一目瞭然だと思います。

スポンサーリンク

ロマンティックな照明で瞳孔が開く

さらに恋愛に関する
照明を使う際に大切なのが

瞳孔を開くと言う効果です。

人間の性質として興味、関心のあるもの
や好きなものを見ると、

瞳孔が大きく開く…

という性質を持っています。

だから瞳孔が開いていると言う状態は

自分に好意を持ってくれていると
無意識の本能で一瞬のうちに判断する
という感覚を抱いてしまうのです。

これを「瞳孔反射」というのですが、

周りの環境に適用しようとする、
人間の生理的反応なのですが、

こうした身体的変化は、
人間の心、心理状態にも影響を与えます。

明るいところに出たときは、
光の量を調節するために瞳孔は収縮するし、

逆に暗い場所いるときは、
少ない光を効率的に集めようとして
瞳孔が開いてしまうと言う性質があるのですが、

照明を演出する事で、

人間の気持ちを落ち着かせ、
リラックスさせたり、興奮させたり、
瞳孔を開かせる効果があるのです。

この効果はぜひ応用したいですね。

モテる男は恋愛で照明を演出する

さらに親密度が進み
ロマンティックな関係になり、

スキンシップをする関係になれば
ますます照明は重要になります。

例えば、ろうそくの炎など
天然の光と言うのは

人の肌を二割り増しくらい素敵に
見せる効果もあるそうです。

このアドバイスを聞いた村上君は、

自宅の寝室の天井に
温かい色の電灯を取り付け

実際に部屋を落ち着いたムードにしました。

そして彼女の心も身体も掴んだのです。

また応用テクニックとして

変わった照明を試すのも良いでしょう。

マンネリ化を防ぐために

例えば、
赤外線や紫外線などの不可視光線など、

不可視光線は女性の裸を
セクシーに映し出してくれ、

スキンシップのムードも高めてくれます。

その時、蛍光性の塗料などで
ボディペイントをすれば、楽しいかもしれません。

赤やグリーンの光なども良いかもしれませんし、
逆に真っ暗というのも面白いかもしれません。

光が人間の心理や瞳孔など
大きな影響を与える事を覚えておき、

ぜひ照明という事を意識して
女性の心を掴んで行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>