男性と女性の欲、五感、感性、恋愛観の捉え方の違いを理解する


今回のテーマは、

男性と女性の欲、五感、感性、
恋愛観の捉え方の違いを理解する

について紹介します。

人間にはテレパシー能力は
ないわけですから、

コミュニケーションを通じ、

自分のことを伝え、相手の
ことを理解する必要があります。

恋愛上手になるためには、

彼女に官能的な刺激を与えることで、
女性の五感を呼びさますことが

モテル男がやるべき仕事の数々なのです。

ロマンティックな会話やラブレターしかり、

プレゼントやサプライズのデートなど

様々な工夫で女性の
心を魅了しなくてはいけない。

そういった官能的な行為によって、
女性の体を目覚めさせる必要があるのです。

そして性的な刺激と官能的な刺激は別物

と考えておくべきでしょう。

女性はXX、男性はXYと、

近年に入り、科学的な研究で、

遺伝子の構造そのものが違う
ことが明らかになったわけですが、

そもそも古来から男性と女性では、

物事の感じ方、考え方、捉え方、

欲、五感、恋愛観の違いがあったのです。

そして男が女性特有
欲の感じ方や恋愛観を理解しておく事は
恋を成就させるための道の一つです。

スポンサーリンク

女性の求める官能的な欲とは?

恋愛と肉体関係は
同じものでしょうか?別物でしょうか?

非常に難しい問題ですが

性的な刺激と官能的な刺激
この二つは似ているのですが、
それぞれの違いを理解し、

それぞれの刺激に対する受け止め方も

感性というのも男と女では
違う事も理解しておきましょう。

性的な刺激とはもちろん
スキンシップの行為そのものであって、

局部の刺激をたいていの場合は含みます。

一方で官能的な刺激というのは
五感など感覚への刺激の事で、

局部のふれあいだけでなく、
身体も心も全てふれあいも含まないものです。

身体の快感ではなく
心の快感と言って言いかもしれません。

男性と女性では恋愛観の捉え方が違う

一般的に言って、

女性はより官能的な存在であって、
男性はより性的な存在と言えるでしょう。

女性にとって、

ろうそくの火の灯った部屋で
一晩中抱き合いキスをして過ごす事も
「男女の関係」と考えますが、

男性にとっては、さっさと
放出を済ませてそのまま寝てしまう。。

これが一番の幸せですね。

始めから終りまで15分。

この男女の違いこそが、
遥か昔の時代から、男女間の争いの
原因になっていた事です。

が、一人で満足すれば良い、、

のであれば、恋愛をする
必要は全くないのですから、

やはり男女の違いや捉え方を
理解しながら、

独りよがりになりすぎず、

コミュニケーションを
しっかりとる必要があります。

男性と女性の欲、五感、恋愛観の違いを乗り越える

男性と女性のでは欲の持ち方
その種類、感じ方がまるで違うのです。

だからこそモテる男になるには

その違いをの理解して
乗り越える必要があります。

男が求める物とは
別の何かを求めている女性を

ベッドインにまで応じさせるためには
一体どうすればいいのでしょうか?

その簡単な答えは、

官能的な刺激という事です。

日常に官能的な刺激を組み入れること。

その後なら女性もたいていは、

あなたの望む行為を
受け入れてくれるはずです。

女性の五感を一度に目覚めさせれれば、

相乗効果が表れて、素晴らしく
ロマンティックなムードが
二人の間には生まれます。

恋愛は感性を磨く格好の場

あなたが彼女を感じさせるために手を尽くせば、

スキンシップも男にとって
さっさと済ませるみだらな行為

と言う単純なものではなくなるのです。

彼女の望むものをあなたが先に与えれば、
彼女もあなたが望むものを与えてくれます。

そうして、彼女の望みはたいていの場合、

背中をなでたり、身体をマッサージしたり、

一緒にお風呂に入って、抱き合う事
でも満たされたりします。

そしてそれ以外の感覚、

視覚、聴覚、嗅覚、味覚への
刺激によっても女性を
満足させる事が出来るのです。

それは男性にとっても

人生深さや豊かさなど、
感性を磨くきっかけになります。

男性と女性では恋愛観の
捉え方が全く違うのですから、

やはり恋愛は最大の学びにもなります。

それでは次回から女性の
恋愛の欲や五感を刺激する

具体的な方法について
紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>