犬は雄と雌でどちらが飼いやすい?犬の習性と手間がかかる犬


今回のテーマは、

犬は雄と雌でどちらが飼いやすい?
犬の習性と手間がかかる犬

について紹介します。

犬を飼う前に
考えなければ行けないのが、

「あなたのライフスタイルに
合わせて犬を選ぶ」

という事です。

独身か、夫婦でか言うか、
子供は何人いるか?

住んでいる場所や環境、

など様々な要素を
考慮して考えるべきです。

なぜなら犬種によって
習性はかなり違います。

人とコミュニケーションを
とるのが好きなタイプも言えれば、

縄張りの変化を
嫌うなど習性は様々です。

飼いたいと思う犬の
習性と自分のライフスタイルが
あっているかどうかは

犬を飼ってから時間と労力、
手間を費やす前に

どれだけ考えられるかが
ポイントになってくるのです。

スポンサーリンク

犬の習性と手間がかかる犬

また、犬とどんな風に
暮らしたいか、

飼ったらどうなるかを
シュミレーションしましょう。

犬を飼う前はついつい
理想化して想像しがちですが、

理想と現実は大きく
違うものです。

例えば犬を飼う前に

一日でも良いから、
友人に借りて見ると

よく分かるのでお勧めです。

他人の犬でさえ
手間がかかるのに、

実際に飼うとなれば
その数十倍も大変です。

或は犬を飼っている
友人の家を訪ねてみましょう。

ソファーに毛が落ちていたり、
部屋が匂っていたり、

…なんて言う現実に
気づく事があるでしょう。

もちろん生活費など
お金の出費も出てきます。

想像していたペットとの
暮らしと現実が違って、

「飼わなければ良かった…」

と後悔してしまうほど、

不幸な話しはありません。

まずは現実を想定してから、

ライフスタイルとマッチする
習性を持つ犬を検討しましょう。

犬は雄と雌でどちらが飼いやすい?

さて犬の雄と雌の違いですが、

どんな動物であっても
概ね雄は攻撃性が強く、

雄同士でいがみ合う事も
しばしばです。

体臭がきついのも
雄である傾向が高いです。

一方雌は、

雄に比べれば縄張り意識や
攻撃性が弱いです。

だからこそ、

始めて飼うなら雌が
オススメできるでしょう。

雄の方が手間がかかる
傾向が高いです。

もちろん良い面悪い面があり、

雄の方が単純で
言う事を聞きやすいので、

扱いやすい一面を
持っているのですが、

それは適切なしつけの上で
上下関係や信頼関係が
あっての事です。

初心者にはそのような
関係が築くのは難しいので、

雌の方が手間がかからないからでしょう。

犬は雄と雌の習性の違い

犬は人間の異性を
認識できるのは確かでしょう。

だからといって、

異性同士の方が飼いやすい
という事ではありません。

興味深いのは、

家族の中に男女がいる場合、

雄は女性を守ろうとし、

雌は男性に頼ろうとする
傾向があります。

例えば、

雄犬は旦那に敵対心を持ち、

旦那がごはんをあげようとすると
がぶっと噛み付く…

なんて言うケースもあるのです。

その場合は好かれている
奥さんが注意をしないと

犬は理解しなかったりします。

雄犬にはこの女性に
嫌われたくないと思い

その行動をとらなくなります。

もちろん本気の噛み付きは、

雄であれ雌であれ
問題行動なので、

獣医に相談するのが先決です。

いずれにせよ、

犬を飼う前に

犬は雄と雌でどちらが飼いやすいか?
犬の習性と手間がかかる犬

など多角的に検討する事を
忘れては行けません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>