女性が愛情や好意を感じる瞬間や言葉は色々だが共通点もある


今回のテーマは、

女性が愛情や好意を感じる瞬間や
言葉は色々だが共通点もある

について紹介します。

当然お目当ての女性と
恋愛関係をスタートするには

その女性に愛や好意を
伝える必要があります。

そして残念な事に、、、

モテない男のコミュニケーション
方法の多くは、

伝えるつもりになっていて
伝わっていないケースが多いのです。

極端な例ですが、

どれだけ素晴らしい言葉で
その女性の素晴らしさを語っても、

その女性が日本語を理解して
いなければ伝わる事はありません。

しかしこう聞くと

「私が口説く女性は皆日本人です。
日本語が伝わらないなんておかしいでしょう」

という反論があると思いますが。

実はそうでもないのです。

スポンサーリンク

女性が愛や好意を感じる瞬間は色々

女性が求愛されていると感じるかどうか…

それはその女性の判断次第です。

例えば、
女性に花を届ければ喜んでくれる
と思いプレゼントしたとしても、、

彼女に花粉アレルギーがあるならば、
そのプレゼントはロマンティック
でもなんでもなくなります。

ディズニーランドにデートを
誘えば女性は喜ぶ、、と思っていても、

その女性はミッキーマウスに強い
トラウマがある可能性だってあります。

だからあなたがいかに
愛や好意を伝えたところで、

そういった事をされれば、
女性からすればストレスを
感じる瞬間になるかもしれないのです。

逆に言えば中には、
男がプロセスラーの格好をして
彼女にプロレス技をかけることこそが、

ロマンティックであると感じる女性も
いるかもしれません。

…つまり、

こういった愛を感じる
瞬間や言葉というのは、

その女性ごとの主観的な問題なのです。

モテる男のコミュニケーションと言葉

だから「これをやれば良い」という
単純な方法で愛を伝えるのでなく、

あなたの求愛が彼女に伝わったかどうか

それを見極めるためには、

女性の反応をしっかりと見る
必要があります。

違いもあり、共通点もある中で

どれだけ適切な伝え方ができるか、

これは男性次第なのです。

自分は愛を伝えている…

と思い込んでいても

男性の愛は女性に実は
まだ愛を語っていなかった、、

という事は良くあります。

私が相談に乗るモテない男性の多くは、

ベッドでのスキンシップ
ばかりをやたら求めて、

彼女を「うっとり」させようとは
考えていない傾向にあります。

皮肉なことですが、

そんな男性は、自分の欲求に
とらわれることをやめた途端に、

女性と自然に結ばれるようになるのです。

もしあなたも心当たりがあるならば、

相手の女性に注目し直すことで、
性的な関係も生まれると言う事です。

そしてその、注目し直すための
具体的な方法というのが、

恋を語ると言う事です。

モテる男は優秀な翻訳家

心理学の一種であるNLP
(神経言語学的プログラミング)
の教えによると、

人が相手のどういう行いに愛や好意を
感じ取るかは千差万別であると言います。

身体に触れられたり、抱きしめられると
愛を感じる女性もいます。

彼女たちは、肉体的な関わりによって
相手との関係を深めようとするタイプです。

また、男性から何かしらの言葉をかけられると
愛を感じる女性もいます。

このタイプの女性は、「愛しているよ」
というようなある種の言葉や台詞によって
愛されていると言う感情を引き起こします。

他にも、プレゼントや物を買ってもらうと
愛を感じる女性もいます。

つまり女性によってそれぞれ
愛の言語は違うと言う事です。

モテる男と言うのはある意味で
優秀は翻訳家と言えるかもしれません。

モテるためにはコミュニケーション
を磨く必要があります。

自分の愛の言語に合った伝え方を
されなければ、愛を感じにくいのです。

だからこそ、その女性に合った
言葉に翻訳して伝えられると
愛や好意を感じてもらえます。

男性が恋を語る時も
これと同じ事が言えます。

ロマンティックな言葉をかけたときだけ
求愛されていると感じる女性もいれば、

肉体的接触を求める女性もいます。

プレゼントをもらって
愛を感じる女性もいれば、

旅や刺激的な経験をさせてくれることで
求愛を感じる女性もいるのです。

つまり、相手の女性が感じる行為を
あなたは察し、恋を語る必要があるのです。

つまり自分の事しか見えない男はいつまでも
女性から好感を得ることが出来ないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>