女性の恋のファンタジーや恋愛妄想を理解し満たす男はモテる


今回のテーマは、

女性の恋のファンタジーや
恋愛妄想を理解し満たす男はモテる

について紹介します。

女性にとっての恋とは、

オリジナルなものであり、
非常にパーソナルなものです。

そしてそれは、

親密な感情と、愛に満ちた経験です。

そして女性にとって恋とは、
一種のファンタジーです。

女の子は、ごく小さいうちから
恋に憧れを持ちはじめ、

その為に、男性のロマンティックな
申し出に答える心の準備も整っています。

子供向けの本や、漫画など、

女性が男性に口説き落とされるシーンや

勇敢な男性に助け出されたり、
城の外から救い出される話などが出てきます。

そして女性は脳内で、

男性に求愛される事を望み、

期待するように社会に
よって育てられているのです。

そんな女性の恋のファンタジーや
恋愛妄想を理解しそれを満たす事の
出来る男はモテるようになります。

ファンタジーや恋愛妄想を先に満たす男はモテる

モテない男には、

この現実が
受け入れられない人が多いです。

それどころか
男の恋愛妄想とぶつかって
しまう人すらいます。

自分の欲望を満たしたいだけの
クレクレ君と化してしまうと問題です。

仕事においても恋愛においても、

自分より先に相手を満たす人は
必ず成功しています。

「自分の欲望を満たしたかったら
まずは相手の欲望を満たせ!!」

人間のエゴや本能は
どうしても自分を満たす事を考え
妄想してしまう気持ちも分かります。

しかしこの現実を受け入れ、
女性との関係をよりよいものにし、

より多くの女性にモテるように
利用したほうが良いです。

異論があるならそれでもいいですが、

あなたがモテル男になりたければ、
常にロマンティックな演出を心がける
事の大切さを知っておかないといけませんね。

ロマンティックな恋愛を理解する

特に男女の恋愛の
ファンタジーや妄想の違いは

ロマンチックな描写の多い
恋愛小説やマンガを読むとよく分かります。

こう言った物語はファンタジー
や妄想をリアルに書いています。

男性向けと女性向けに書かれた
モノの違いは明らかに違います。

男性にとっても勉強になりますね。

例えば、

恐らく本音で言えば、、

女性はお金がない男より
ある男を求めるでしょう。

女性が求める恋愛対象として
お金持ちが実際上位のはずです。

しかし、単純にお金で
釣られるのは嫌なのです。

恋愛当初はお金目当てではなかったが、

ロマンティックな部分に触れ、

実はその男に経済力があれば
最高に理想的、、

これが現実でしょう。

そうであれば男の側も、

自分の経済力を示すことは
決して悪いことではありません。

しかし直接的にお金をちらつかす、
という手段でなくて、

ロマンティックな演出をするのです。

そうすれば恋愛は最も
スムーズに運ぶはずです。

女性の恋のファンタジーや恋愛妄想を満たす方法

経済面以外でも全てそうです。

もちろん妄想やファンタジーは
あくまで現実のものではありません。

しかし現実的に、

女性は、男性から思われていると
いう事を実感すると嬉しくなります。

男性が自分の事を考えて
くれているのだと分かると

愛されていると実感するのです。

なので女性は、あなたが彼女の
事だけを考えて日々過ごしている
のだと考えたいのです。

女性がしばしば男性の事を思って
日々過ごしているようにです。

私たち男性はたいてい日中は
仕事のことしか考えません。

しかしモテる男になるために
たとえそうでないとしても、、

いつも彼女の事を考えているかの
ようにふるまう必要があるのです。

女性が身体を許す時、相手が
それを喜ぶという確信が欲しいのです。

そして深い関係になっても、

あなたに大切にしてもらえる事を
確かめたいと思うのです。

女性があなたからのプレゼントに
喜ぶ時とそうでもないときがありますが、

時にプレゼントの中身は
どうでもいい事もあるのです。

内容よりもロマンティックな
演出が大切なのです。

女性を喜ばせるのは、

一緒にいないときもあなたが
彼女の事を考えているという事実なのです。

女性の恋愛のファンタジーや
恋愛妄想を理解し、

それを満たす事の出来る男は
モテるようになります。

次回からそうした女性の
心を満たすための具体的な手段に
ついて紹介していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>