モテない男を克服するため女性を口説く練習から始めよう


今回のテーマは、

モテない男を克服するため
女性を口説く練習から始めよう

について紹介します。

結果を求めるのであれば、
過程を大切にしなければいけません。

うまく行くという確信が得られないまま、
何事もチャレンジしないのであれば、

あなたは決して人生で
成功する事はありません。

あなたは昔ながらの
やり方を繰り返すだけで、

何度も何度も同じ毎日、、

そう言った選択をしている限り、
目標に到達など絶対に不可能です。

それは何も恋愛だけではありません。

人生のあらゆる事柄についてそうです。

しかし、ここで良いニュースがあります。

練習さえ律儀に積めば、

あなたは必ずうまく声を
かけることが可能になります。

恋愛だってうまくいきます。

スポンサーリンク

女性を口説く練習から始めよう

スーパースターの大リーガー
のイチロー選手はこう言います。

「僕を天才と言う人がいますが、
僕自身はそうは思いません。

毎日血が滲むような練習を繰り返してきたから、
いまの僕があると思っています。

僕は天才ではありません。」

どれだけ才能にあふれるように見える人も

上達のためには練習や努力と言った
プロセスを経ているのです。

モテる男を目指し、
女性を口説き始めたならば

もちろん問題は何かしら起こるでしょう。

が、

それでもあきらめずに続けていれば、
いつしか口説けない女性はいない!

と断言できるほど上手に
女性を口説き落とすことが出来るのです。

ここで、

「ベッドインだけがゴールで成功だ」

と言う極端な考えをするのは辞めましょう。

コツコツやればモテないは克服できる

まずは小さなゴールを設定し
それを達成することから始めるのです。

ベイビーステップと言う言葉があります。

簡単に言えば、

『大きい目標を持って
小さなことから今できることをする』

と言う事です。

赤ちゃんが成長してやがて
走り回るようになるまで、

ハイハイからつかまり立ちを経て

何度も転びながらやがて
何不自由無く歩き回る事が出来ます。

私たちは全員このプロセスを
経て成長してきているのです。

どんな大きい目標でも
先ずは小さなことからコツコツと
やっていれば必ず達成できます。

このサイトでは
様々なテクニックを紹介しました。

女性を笑わせようとして
「笑ってくれた」

「今日は去り際の褒め言葉が言えた」

小さな事からで良いのです。

練習して実践して、
それを繰り返せば、

誰でも必ず恋愛勝者になる事は可能です。

モテない男を克服する方法

どんな分野であれ練習をすれば、

どんどん人生で上手く
使えるようになってきます。

つまり人生は本番であり、
同時に絶え間ない練習である。

とも言えるわけです。

あなたにとっての成功は何か?

しっかりここで考えてみることが大切です。

女性と付き合い、そこから恋愛の意味を学ぶ。
そして自分の人生を豊かにすること、

これこそが成功だと私は考えています。

過去の交際で何かを学べたのであれば、
その交際はあなたにとって、成功なのです。

じゃあ、何も学べなかったら、、

それは失敗でしょうか?

いいえ、あなたはそこからなにを学べるか?

これを考え出すことが出来れば、
その失敗は成功に変えることが出来ます。

どんな場面でも学びはあり
全ては糧にできる、

こう言う成功の定義をすれば、

何をするにも失敗という概念は消えていき、

ネガティブにならない
人生を生きることが出来るのです。

悩んでいるだけは時間の無駄

成功の反対は、失敗ではなく、
行動しないことです。

この世で失敗と言うのは唯一

何も行動しないことであり、
時間をムダに浪費することだと思います。

このサイトで学んだ何か
一つからまずは、

行動を変えてみましょう。

思い切って実践してみましょう。

うまく行くは行かないか、、

はっきり言って断言できます。

「必ずうまくいきます!」

その過程で何かつまづくことがあっても、

ゴールを明確にして
最後まで諦めずに進めば、

必ずあなたの望む結果を
手に入れることはできます。

「オレはモテないんだ…」と

クヨクヨして家に引きこもって
妄想していても現実は変わりません。

時間だけは誰しも平等に
与えられた資源なのです。

ブラット・ピッドであれ、
カリスマホストであれ、

時間は皆同じです。

その時間でいかに成長するか、

そこで差がつくのです。

失敗を恐れる必要は無いのです。

なぜ失敗したのか検証すれば、
自己成長につながります。

モテない男を克服するため
女性を口説く練習から始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>