女性からメール、電話の返事がない時に注意すべき事

女性からメール、電話の返事がない時に注意すべき事
今回は女性からメール、
電話の返事がない時に注意すべき事
について紹介します。

大切なテーマなので
繰り返しのような話しになりますが、

前にも紹介しましたが、

女性が電話の返事をしない、
デートの時間に遅れる、

というのはテストをしているのだ

と個人的には考えています。

女性から返事の電話がない時、
動揺してしまう男性が多いですが、

こう言う時に、
もう一度彼女に電話したとしても、

最初の電話の事は一切触れないようにして下さい。

「何故返事をくれなかったのか?」

そう言う事を絶対に尋ねるべきではありません。

特に、泣きごとを言っている、或いは
怒っている、という具合に女性に伝えてしまうと
恐らくその恋は失敗する事になるでしょう。

そう言う事をすると、

電話で誘ってきたけど断った
あの意気地のない男だと言う印象を
彼女に植え付けてしまい

また断られに電話してきたのかと
思わせる事になります。

そう思わせてしまっては
そこからの逆転のチャンスは期待薄です。

スポンサーリンク

電話は三度の法則

ともかく、

女性に電話をして返事がなかったとしても、

二回目の電話の際、最初のメッセージは
なかったこととしてふるまいましょう。

あなたは、女性の反応を辛抱強く待ち、
女性が電話をかけ直してくれることを
期待してはいけません。

とは言え、

女性に気持ちを踏みにじられて良いはずはありません。

そこでヘナヘナしていたら、
逆に頼りない男としての印象を与えてしまいます。

なので私はここで、多くの恋愛に
悩む男性にアドバイスするのが、

電話は三度の法則

というものを使う事をおススメします。

つまり、
三回電話して返事がない時、
別の女性を探すのです。

興味のない相手を振り向かすことはできませんし、
とは言え、一回で諦めるのもナンセンスです。

4回、5回と電話するのもしつこいですし
時間の無駄にもなります。

ベストのバランスがちょうど3回くらいなので、
この電話は三度の法則ぜひ活用して下さい。

これはデートの遅刻に関してもそうです。

一回目は遅れても文句は言わない、
二回目は優しく注意をする、

3回目は1秒も待たず、

「お前はオレとつき合う資格すらない」

と反省を促します。

女性エネルギーと男性エネルギー

女性エネルギーを強く持った女性ほど

デートの約束を何時何分と時間を
指定しても遅れる傾向があります。

なかなか電話、メールの返事が
なかったります。

でもそれが、女性エネルギーなのです。

逆に男性エネルギーが強い人は
時間を1秒単位で守ります。

ロジカルで規則だった思考を好みます。

だからこそロジカルな男にとって、

女性エネルギーの強い女性は、
意味不明と感じてしまいます。

そこをかわいいと思えるか、
自分には無理と思うか?

そこで選ぶ女性は決まるのではないでしょうか。

基本的に、女性は言い訳するものです。

彼女たちの発する言葉には
たいした意味はないのです。

言うこととやることが逆の時
ロジカルな男から見れば、

訳が分からなくなりますが、

それはウソでも何でもなく、
その時の感情を表しているだけなんです。

女性は愛で満たされたい生き物です。

だからこそ、
男をテストするのです。

私たちはそこに成長の
チャンスを見出しましょう。

大きな心で女性を受け入れたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>