電話で女性をデートに誘う時、約束をするときの心得と方法

電話で女性をデートに誘う時の心得と方法
今回のテーマは、

電話で女性をデートに誘う時、
約束をするときの心得と方法

について紹介します。

一昔前の恋愛であれば、
一人一人が電話番号を持つ、、

なんていうことは
考えられなかったわけです。

コミュニケーションツールは、

確かに常に進化します。

しかしコミュニケーションの
本質はいつまでも変わりません。

前回、女性は恋愛初期に
意味不明な事をするものだと
紹介しました。

電話をかけ直してくれない、
約束を守らない
時間通りに来てくれない、、

だからこそここで
男は男らしく振る舞うのが、

女性をデートに誘い、
約束をするときの心得と言えます。

男性の優しさを厳しさを
バランス良く態度で示すのが、

ここでのポイントになります。

スポンサーリンク

電話で女性をデートに約束をするときの方法

まず一つ大事なのが、

直接デートに誘う時も
留守電に入れておく場合も

具体的なメッセージを入れる事

「●月●日●時にどこどこへ行こう」

というような形で
メッセージを入れる事が大切です。

ただ

「デートしない?」
「いつ暇?」

ではNGです。

またダラダラ話すのでなく、
きっぱりとした口調で話しましょう。

とくに初期のデートに
誘いだすフェーズでは

ただ「話す」ために電話を
してはいけません。

無駄話は付き合ってから、

デートに誘う段階では、
余計なことは話さない方が無難です。

そんな事をしてしまえば、

バカなことをやらかしたり、
中途半端なことを言ってしまったり、

せっかくのチャンスを台無しにして
しまう可能性を増やすだけです。

シンプルに、

伝えたい愛の言葉を伝えたり、
デートに誘いたい時にだけ電話するのが良い。

この事を覚えておきましょう。

電話の時はいつも簡潔に!

電話で女性をデートに誘う時の心得

次に大切なのが、

メッセージには親しげな
口調でいれる事です。

中には緊張して
朴訥とデートに誘う人もいますが、

電話でも直接会って話すように
にっこりとほほ笑みながら話すと
親しげな声になります。

ロボットのような口調、
業務的な口調、
怒って愚痴っぽい口調。

これらは女性から嫌われます。

たとえ、どんな状況でも
親しげな口調を心がけましょう。

電話と言うのは表情は見えませんが、

感情と口調は不思議と
一致するものです。

最後に大切ことが、

彼女の事で動揺しているときは、
電話をしないと言う事です。

例えば、
彼女から返事の電話がない
そんなときにもう一度彼女に電話をし、

愚痴っぽい話をする
男性がいますが、これはNGです。

最初の電話の事は一切触れない
ようにすると良いでしょう。

以上の事を心構えとして持ち、
女性との電話をうまくやってください。

電話で女性をデートに誘いデートの約束を果たした

そしてデートの約束をして

いよいよデートの待ち合わせですが、

私は時間に関してはかなりうるさい
と自負しています。

仕事において自分の時間も
相手の時間も無駄にしたくないので

遅刻には細心の注意を払い、

もし相手が遅刻をしたら、
その人はビジネスパートナーとしては
不適合だと言う判断をします。

しかしこの自分なりのルール

恋愛において、特に初期の
デートでは適応されません。

電話のルールと同じように
デートの約束に関しても

女性からのテストと心得
バランスの良いルールを持っています。

時間に遅れても
怒らないし、愚痴らない、

しかし次は注意するよう
舐められない態度をとるようにしています。

特に最初のデートは
何が起こるかかわからないので

色々な用意をして作戦を立てています。

その辺りも今後紹介していくつもりですが、

まずは今回紹介した電話で女性を
デートに誘う時、約束をするときの
心得と方法を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>