女性は言い訳するもの、モテる男の恋愛はそこを乗り越える


今回のテーマは、

女性は言い訳するもの、モテる
男の恋愛はそこを乗り越える

について紹介します。

前回紹介した、

恋が芽生えている
女性の脳内で起こり始める

「彼のどこがいけないのか?」

という、自問自答。

彼とはつき合わない方が良い
理由を考え始める、、という

こう言った心理状況は、

危険をはらんだ新しい事を始めよう
とする人間なら皆そうすることです。

それで、彼女はあなたとデートしたくない
理由をひとつ残らずかき集めるのです。

そこから最もらしい理由を
あなたにぶつけるかもしれません。

そこで、、

断られた、、拒否された、、

と諦めてしまう人が多いですが、

ここを我々男はなんとか
しないといけません。

あなたが「嫌い」で断るなら
きっぱり諦めましょう。

しかしあなたに「気がある」ので
あればそこは諦めてはいけません。

こうした言葉は
嘘ではないですが本音でもないのです。

ただ変化に対する葛藤やストレスが、

言い訳に現れるだけなのです。
女性は言い訳するものです。

モテる男はそこを乗り越える事ができ
恋愛に発展させる事が出来るのです。

言い訳をする心理メカニズム

例えば、あなたが

そろそろ引っ越しをしなければ
と考えているとします。

もしかしたら新天地で
素晴らしいことが起きるかもしれません。

あなたの人生を素晴らしい
ように考えるかもしれませんが、

実際引っ越しは
「めんどくさい」ですね。。

だから

「敷金、礼金がもったいない、、」
「今の場所で不自由は無い」

など言い訳する事があると思います。

これも変化を嫌がる
ある種の本能の一種です。

男女の恋愛でも
この本能を理解しなければ行けません。

女性は言い訳する生き物

女性はよく「NO」と言いますが、

これは特別な話ではなく、普通の事です。

別にあなたが嫌いでも、

あなたのやってる事が
気に入らない訳でもなく、

恋愛のあらゆる段階に起こる事です。

まだ恋愛する心構えが出来ていない
時間がない、
家でお風呂入らなきゃ、、
今両親ともめていて、、
元彼が忘れられない。。
あなた車持ってないじゃない

なんでもいいのです。

そんな言い訳もすべて、

「どこがいけないか」思考から来ます。

この問題は女性があなたを嫌い
という問題とまるで違うのです。

ここで、多くの人は人格を否定され
嫌われたと勘違いするのですが、

そうではありません。

恋愛では女性の言い訳を乗り越える男になる

単純に変化を望んでいないのです。

そう言った人間の習性があるのです。

しっかりとここを理解して下さい。

相手に良い印象を与えているならば、

女性の良い訳に一喜一憂せず、

一度のデートに断られた

「つき合おうと」告白して
フラれたくらいで諦めずに、

女性を良い気分にさせる
努力を粘り強く続ける事、

これが次のデートに
こぎつけるまでのカギになります。

そうやって続けることで彼女はやがて、

あなたがどれだけ素晴らしい男であるか

に気づくことができ、

あなたと付き合いたい
と考えるようになるのです。

言い訳と好意が逆転する瞬間です。

ここまで粘る男こそ、
恋愛で結果を出す男なのです。

諦めるべき時と諦めてはいけない時

或いは、、もちろん女性の
「ノー」は、本音のこともあります。

あなたを心底嫌いと考え

「とっとと消えて」と叫びます。

露骨に嫌がったり、
断られた場合ももちろんあるでしょう。

そういう時は、嫌われているのです。

人間同士なので嫌われる事もあります。

こればかりはしょうがない事です。

そうした場合はあまり引きずらず

諦めて彼女の前から立ち去り、
別の女性に向かっていきましょう。

そこでしつこくつきまとえば
ストーカーとなってしまい、

下手すりゃ警察沙汰です。

この場合の諦めの悪さ、
執着はNGと言えます。

しかし、嫌われる以外では
粘り強さが最大の秘訣です。

女性は嘘も真実も言わない

彼女の言葉は曖昧であり、

彼女が持ちだす問題が
あなたの本質にかかわることでなく、

むしろ彼女自身の恋愛のスタンスに
ついての問題である場合は、

あなたは思いやりを示しつつ、
彼女から離れずにいれば良いのです。

恋愛関係に発展しそうな場合、

女性はも真実も言いません。

言葉一つを重く受け止め
歩みを止めては行けないのです。

あなたはもう少しで彼女とベッドイン
出来る所まで来ています。

相手の女性が、

あなたの彼女になるか、

それとも別の粘り強い男のモノになるかは、

ここにかかっています。

そして次のステップがようやく、

彼女をデートに誘い、OKをもらう事です。

このステップを次回から
具体的に解説していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>