モテる男は安心より少し危険、恋愛に強引さ積極的さを示す


今回のテーマは、

モテる男は安心より少し危険、
恋愛に強引さ積極的さを示す

について紹介します。

恋愛は男がリードする
これがルールな訳ですから、

ある程度の強引さも必要です。

安心感と危険感は絶妙な
バランスで成り立っています。

このテーマでは何度か
紹介している事ですが、

確かに、

女性にとって、
身の安全を守る事は非常に重要で
真剣に考えなければ行けません。

始めて会う男性に対して
女性が抱く一番の恐れは

相手の男が危険な変質者かもしれない、、

と言う思いであって、
良く知りもしない男性を
簡単には信じないのが普通です。

しかし、、

それを敏感に感じすぎる男性は
人畜無害の、いい人アピールをしてしまうのですが、

この態度は積極性よりも
むしろ消極性をアピールしてしまい、

逆に女性を怖がらせてしまいます。

この態度こそモテない男の態度の
アピールになってしまうのです。

前にも説明しましたが、
モテる男は安心より少し危険、
恋愛に積極的さを示すのが肝心です。

スポンサーリンク

モテる男は恋愛に積極的さを示す

女性と言うのは、出会ったその場で
男性の価値を決めます。

あなたと出会って、数分のうちに

あなたが恋愛の対象なのか、
それとも友達どまりなのか、

即座に判断するのです。

そしてここでモテる男を
目指す上で大切な事は、

女性のこの習性を逆手に取るのです。

つまり、

「自分は君にとって恋愛の対象なんだよ。」

と言う事を最初に示すのです。

それそしないで、

ただ安心な男と思わせてしまえば、

女性からはただの友たち候補
としてみなされるだけです。

そして彼女は、

恋愛の喜びをあなた以外の
別の男に求めようとするのです。

友人関係ではない強引さを示す

会った瞬間から、

友人同士のフェアな関係ではなく、

自分が引っ張っていくという
強引さも匂わせる必要がある

ということです。

これから女性をデートに誘う
というステップにおいて、

女性からの声がけを待ってはいけません。

約束の場所を相手は決めてくれません。

電話を待ってはいけないのです。

時に強引すぎると感じられたとしても、

自分から積極的に動くのです。

ここの部分のバランスが、

女性から見た、

友人の枠を超えた「異性」
として意識される部分なのです。

モテる男は危険な男、、

と言う神話がありますが、
これが正確ではありません。

本当に現実的に危険な男が
好きな女性はいません。

いたら少し精神的に
おかしな部分があるでしょう。

私たちが避けるべきタイプといえます。

モテる男になるためには
セルフイメージ

いい人真面目で安心できる男

と言うものではなく、

男らしくて少し危険な、
恋愛に積極的さを示す男である

というイメージを持つ方が、

自信や生産性をアピールできるので
恋愛には発展しやすいのです。

モテる男の口説き方

ここで、

多くの男性は考えます。。

じゃあ、

女性に声をかける時、
或いは初めてデートに誘う時、

どんなセリフが一番良いのですか?

と、、、。

そう言った人は、

どんな女性にも効き目がある
魔法のような決め台詞を
求めているのですが、

それが現実的ではありません。

女性を誘う「正しい」「完璧」な
方法なんてありはしないのです。

くさいセリフ、きざなセリフ、

「君の瞳に吸い込まれそう」
「君の瞳に乾杯」

などを言えば良いと勘違いする男性も
実際に入るのですが、

300人以上の女性に
話しを聞いてみた結果から言えば、

こうしたクサいセリフは
女性には受けません。

誰でも口説ける魔法の言葉
と言うものは存在しません。

が、適切な思考法と言うのはあります。

それをこのサイトでぜひ学んで欲しいのです。

以上の前提を踏まえたうえで、
女性に声をかけてデートに誘う、

次のステップが、

女性があなたの事を恋愛対象と
考え始めるステップです。

その前提の態度として

モテる男は安心より少し危険、
恋愛に積極的さや強引さを示す

これも必要だと言う事を
理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>