雑種、ミックス犬と純粋種の犬の健康、性格や外見の違いと特徴


今回のテーマは、

雑種、ミックス犬と純粋種の犬の
健康、性格や外見の違いと特徴

について紹介します。

純粋種は、成犬の姿が
大体想像できますが、

ミックス、雑種は、

大人になったらどういう姿に
なるのか分かりません。

純粋種は、親犬によく似た
健康、外見や性質の
特徴を持つ犬になり、

親犬とまったく異なる
犬が産まれる可能性は
ほとんどないのに対し、

雑種、ミックスは、

健康、外見や体格、
性格などの面で、

どのような犬になるのか
成長するまで

想像がつかないのです。

一口に、ミックス犬、
雑種と言っても

大きく二つに分けられます。

無秩序に交配を重ねて、

どういう犬種に
由来するか分からない、

先祖代々雑種というものと、

もう一つが、

異なる二つの純粋犬種の
親犬を掛け合わせて産まれた
ものです。

雑種、ミックス犬と純粋種の特徴

例えば、

ブルテリアは、

ブルドッグとテリアを
掛け合わせた犬を固定化
したものです。

どのような純粋種でも、

もともとは、いくつかの
犬種が混じっています。

その意味では、

全ての純粋種の始まりは
ミックス犬と言えるでしょう。

道で雑種を見て、

毛色、顔や耳の形、
体型などから

「これはビーグルとポインターが
混じっているのだろうな」

と想像する事ができます。

そして見た感じから
何と何の特徴が混じっている
か大体分かると、

その形態や性質なども、

犬の両親の犬種の特徴から
ある程度予測する事ができます。

雑種、ミックス犬と純粋種の健康の違い

一般に、ミックス犬と
純粋種の違いは健康面、

ミックス犬は丈夫で
長生きだと言われます。

病気知らずの私の知人の飼う
愛犬も、ある意味、

典型的なミックス犬と
言えるのかもしれません。

犬が放し飼いされていた昔は、

必然的にミックスが多く、
動物病院で治療を受ける
機会も少なかったので、

抵抗力のない犬は早く
亡くなりました。

生き残ったミックス犬は、

遺伝的にも病気に強い
健康な犬が多かったと
言えるでしょう。

犬の性格や外見の違いと特徴

確かに、純粋種は、

関節形成不全や心臓疾患など
遺伝性の疾患の危険性が
高いのに対し、

雑種、ミックス犬は

遺伝性の病気は
少ないと言われます。

しかし、飼育環境などが
大きく変わった現在、

病気に対する抵抗力の点で、

ミックスと純粋種の違いの
特徴はほとんどなくなってきた
と言えるかもしれません。

純粋種は、犬種によって

大きさ、外見や性格など
どのような犬になるのか、

ある程度推測できるため、

効果的な飼育の方法や、

身につけやすい専門性や
特技なども分かります。

そのため自分の好みや
飼育の目的や生活環境に
あった性質の犬を飼える

というメリットがあります。

雑種はユニークな犬になる楽しみ

それに対し、ミックス犬は、

性格も性質も個体差があり、

効果的なしつけの方法も
まちまちで、

何が得意なのか分かりにくい
場合があります。

それだけ雑種、ミックス犬
のほうが、

外見的にも性質的にも、

他に見られない
ユニークな犬になる楽しみや
可能性があるから

面白いとも言えるでしょう。

雑種も純粋種も育て方によって違う

ミックス犬と純粋種、

どちらが利口かと
言った事がよく言われます。

その犬が利口かそうでないかは、

結局は飼い主の主観であって、

私は、絶対的な
知能指数というものは、

どちらもほとんど
変わらないのではないか、

と思います。

犬の健康も、性質も、
能力や品性などは、

飼い主さんがどれだけ
愛情を注ぎ、

犬の適性を見出し、

どれだけ伸ばす事ができるかで
大きく変わります。

どんなに立派な血統を
誇る純粋種でも、

どこで産まれたのか
分からないミックスであっても、

育て方次第でいかようにでも
変わる、と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>