犬の平均寿命は伸びている、犬種による長生きや成長の傾向と特徴

犬の平均寿命は伸びている、犬種による長生きや成長の傾向と特徴
今回のテーマは、

犬の平均寿命は伸びている、
犬種による長生きや成長の傾向と特徴

について紹介します。

犬の平均寿命(平均死亡年齢)は
急速に伸びています。

1980年以降から
のデータからも、

犬の寿命は確実に
伸びているのです。

80年の平均寿命は
4.4歳でしたが、

88年には9.8歳と
ほぼ倍になりました。

その後も順調に伸び続け、
97年には14.2歳に、

ずっと右肩上がりにきた数値は、

その後、次第に横ばいになり、

2004年で14.6歳となり、

そろそろ平均寿命として
安定期に入ったのではないか
と考えられています。

犬種別データでは、

マルチーズ、プードル、シェルティ、
ビーグル、柴犬が

およそ14歳、

日本犬の大型犬が14歳、
洋犬の大型犬が12歳、

純粋種は11歳、

ミックスは13歳と、

どちらかと言うと
ミックスの方がやや
長生きのようです。

スポンサーリンク

犬種による長生きや成長の傾向

大型犬は10歳前後、
小型犬は15歳前後が一般的です。

つまり大型犬に比べ、
小型犬の方が

長生きの傾向にあります。

以前親戚が飼っていた
秋田犬は、

約二十年前に
10歳に満たないでその
生涯を閉じました。

もちろん、

大型犬でも15歳以上、
小型犬で20歳を超える犬もいます。

私は、山梨県在住の
28歳10ヶ月になる

クロという飼い犬の写真を
見せていただいた事があります。

ちなみに犬の公認
長寿記録は、

1939年11月14日に
亡くなったオーストラリアの牧羊犬、
オーストラリアン・キャトルドッグ

の29歳5ヶ月だそうです。

平均寿命の倍ほど長生きする
というのは何か秘訣がありそうです。

犬の平均寿命は伸びている

オスとメスの平均寿命の
傾向や特徴の差は、

ほとんどないようです。

去勢をしていないオスは
13歳、

去勢をしたオスは
14歳、

避妊をしていないメスは
11歳、

避妊をしたメスは
15歳、

と、オスメスともに
去勢、避妊手術をしている
オスの方がやや長生きです。

犬種や体格、生活環境
などによって

ばらつきもありますが、

犬の寿命は大体
12~16歳ではないか
と考えられています。

犬も人間同様、
長寿化が進んでいます。

犬の高齢化の要因として、

良質な食事、獣医学の発達、
食生活や生活環境の向上、

飼い主さんの愛情と行き届いた
管理、病気の予防に対する
知識などが挙げられます。

放し飼いや屋外で飼われる
ことが多かった昔は、

狂犬病やジステンパー、
フィラリアが脅威でした。

しかしワクチン接種の普及とともに
感染性が急減します。

犬の長生きや成長の傾向と特徴

現在は、人間と同様に、

ガンや心不全や糖尿病など、

加齢による生活習慣病が
犬の死因の7割前後を占めています。

ドッグイヤーと言って

犬は人間の4~7倍
の早さで歳をとる
と言われています。

犬種、体型、健康状態など
によって個体差があるので
一概には言えませんが、

人間に比べてかなり
早く成長します。

生後1年~2年で大人
成犬になります。

いつまでも無邪気で
子供のような存在でも、

犬は人間の年齢をあっとう間に
追い越してしまうのです。

色々な計算法がありますが、

人間の年齢に換算すると、

小型犬の場合、およそ
生後1年半で20歳、

2年で24歳、3年で28歳、
5年で36歳、7年で44歳

くらいになります。

その後の1年は、

人間の4年分くらいに相当します。

大型犬の場合は、

2年で20歳となり、

それからの1年は、
人間の7年分に相当します。

犬に長生きで健康でいてもらう為に

中、小型犬は成犬に
なるまでの成長が早く、

7年頃から緩やかに
老化していきます。

大型犬は成犬になるまでの
成長はゆっくりですが、

老化は早く、5~6年
ごとから始まります。

体重は、寿命の重要な
予測値であることも
分かっています。

犬の寿命に対する体高と
体重の影響に関する
統計分析によると、

体重のより小さい犬種は、

一般に、重い犬種より
長く生きるという研究結果が
得られています。

さらにいえば、

身体に大きな負担がかかる、

肥満は長寿の大敵です。

栄養の取り過ぎや運動不足から
肥満犬も増えています。

肥満の犬に長寿なし、

日頃から愛犬を良く観察し、

ベスト体重をしっかり
把握して、

食事や運動などの
健康管理をする事、

それが、病気の
早期発見にも繋がります。

犬種によって長生きや成長の
傾向は違いますが、

犬の平均寿命は伸びているのです。

つまり、犬の寿命を
伸ばすのも縮めるのも、

飼い主さん次第、
と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>