モテる男は恋愛において辛抱強く、我慢強いのが特徴

モテる男は恋愛において辛抱強く、我慢強いのが特徴
モテる男は恋愛においても
辛抱強く、我慢強いと言う特徴があります。

女性と辛抱強く付き合う事は、

あなたは危険な男ではない、
信頼するに足りる人間だと示せる
大切な方法です。

そもそも我慢強くて
長期的に物事を考えられる人は

どんな分野においても成功できるでしょう。

律儀にコツコツ、逆風があっても
へこたれずに前に進む力は

他のどんな能力や才能よりも
パワフルな力となるでしょう。

恋愛においても、
がまん強い、辛抱強い男はモテます。

が、

辛抱強いことと、
間抜けな事を

履き違えてしまう事も多いので
注意が必要です。

私はここで辛抱強くなれと言うのは、

女性の尻にひかれる事や、
女性に振り回される事を
勧めている訳ではありません。

女性に声をかけ、
それからデートやベッドインにまで
結び付けるまでには

辛抱強くなる必要がある
と言っているのです。

スポンサーリンク

モテる男は恋愛において辛抱強く、がまん強い

声をかける事も
終始辛抱強さ、我慢強さが必要です。

インスタントに
100発100中誰にで
声をかければ成功できる…分けはありません。

お目当ての女性に何度も会いに行き、
冗談を言ったり笑わせることを繰り返して、
ようやくデートにこぎつけることが出来るのです。

モテない男の大半は、

たった一度女性に声をかけただけで
信頼され、関心を引き、魅力的と思われ
デートをしてベッドインまでこぎつけるもの
と考えている傾向にあります。

それは間違いです。

女性を口説き落とす事は
それほどとんとん拍子にはいきません。

色々と考えて工夫することが必要なのです。

だからこそ、
モテる男になるために、
辛抱強さと言うのは大切なのです。

我慢強さ、辛抱強さを計る実験

ここで我慢強さと
人生の成功について計測した

興味深い実験があります。

それはマシュマロテストというもので

ウォルターミシェルと言う心理学者が

4歳の子供を対象に行った実験です。

4歳の子供と大人が部屋で二人きりになり
こんな事を子供に伝えます。

テーブルの上には、子供が大好きな
お皿にのった甘くて美味しいマシュマロが一個、

大人の人はこう子供に言います。

「今からオジサンは用事で部屋を出るけど、

私が戻ってくるまで待っててくれたら、
ごほうびにマシュマロを二つあげるね。

もし今マシュマロを食べたら
マシュマロはそれでおしまいだよ」

そう言って、部屋を出ます。

そして、帰ってくるまでの
15分から20分ほどで、

子供が食べずに我慢できるかどうかを
ミシェルさんは調べました。

いかがでしょう?

あなたの子供時代であれば
マシュマロを食べていたでしょうか?

この実験の結果では、

ほとんどの子供は、目の前の
マシュマロをすぐに食べてしまったそうです。

ところが、中には、
大人が帰ってくるまで耐えて、

マシュマロを2つもらった子供もいたのです。

辛抱強く、がまん強い男は成功できる

このマシュマロテストがさらに興味深いのが

そのテストを受けた子供が大人になった時の
追跡調査までしたと言うポイントです。

マシュマロテストで、2つのマシュマロを
食べることができた我慢強い子供は、

すぐに食べてしまった子供に比べて、

成人してから、

・壁や困難がやってきても、
立ち向かい乗り越える能力が高い

・コミュニケーション能力に優れて、
自己主張を適切にする能力

・自分に自信を持ち、信頼に足る誠実さを持つ

…という特徴があり、

学生時代の学業の成績が優秀
卒業後の収入が高い

など人生において成功する
確率が高かったそうです。

逆に、すぐマシュマロを食べた
我慢強くない子供たちの多くが

・自分自身のことを卑下してしまい
無価値だと思いやすい傾向にある

・人間関係が苦手で、
コミュニケーションスキルが低い

・ストレスを受けると落ち込みやすく
小さな挫折にすぐ落ち込み行動できない傾向

・疑い深く、嫉妬しやすく
感情の起伏が激しい傾向にある

と自分をセルフコントロールできない
傾向がみられたそうです。

マシュマロテスト調査からも分かるように

辛抱強く、我慢強い人は
忍耐力がつくことで、

様々な事が好転する特徴があります。

それは恋愛関係においても
同じ事が言えるのです。

忍耐力のある自分に成長していけるよう
さらに自分を磨きたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>