犬の満腹感と食欲の関係、丸呑みせずゆっくり食事をさせる方法


今回のテーマは、

犬の満腹感と食欲の関係、丸呑み
せずゆっくり食事をさせる方法

について紹介します。

食べる事が好きな
食欲おう盛な犬は多いです。

ウチの愛犬も、
一日二回の食事を心待ちにして、

食事を出すとあっという間に
食べてしまいます。

食べ終わっても
物足りなそうな顔をして、

もっと欲しいとキッチンの
あたりを歩き回って

アピールする事もありました。

犬は、本能的に食べ物を
良く噛まずに丸呑みしてしまおうとします。

食べ物が目の前にあれば、

たとえお腹がいっぱいでも、

いくらでも欲しがる傾向があります。

つまり、食欲を抑えず、
あるだけ食べてしまうのです。

スポンサーリンク

犬の満腹感と食欲と本能の関係

犬の祖先と言われる
オオカミは、

できるだけ短期間にたくさんの
食べ物を胃袋に詰め込もうとします。

これは、狩りができないで
食餌をとれない事の予防として、

食いだめをする習性
からきています。

それが犬にも残っている
のかもしれません。

人間の場合、満腹感は、

食べ始めてから
20分ほどで感じます。

満腹感は胃袋ではなく、

脳の満腹中枢で
感知するものなので、

脳に伝達が行くまでに
少し時間がかかります。

早食いの人は、

満腹だと感じる前に、
たくさんの量を食べてしまいます。

しかしこれは健康や
ダイエットにとっては

悪しき習慣と言えます。

犬はなぜ食事を噛まずに丸呑みするか?

人間と比較すると鈍いですが、

犬にも満腹感はあります。

野生動物を捕まえて
食べる場合は、

食べるまでに時間を要します。

しかし、ドッグフードなど
飼い主さんから与えられる
食事を食べている現在は、

容易く食べ物に
ありつく事ができます。

そのためか、

短時間で一気に食べる事に
拍車がかかったのかもしれません。

あまり噛まずに丸呑みしがちです。

ゆっくり食事をする事がありません。

そのため、満腹だと
感じにくいのでしょう。

ほとんど噛まずに一気に
食べきってしまう傾向は、

大型犬で強まります。

例外もありますが、

小型犬ほど食に対する
要求は低いようです。

犬にゆっくり食事をさせる方法

つぶらな瞳で
よだれを垂らしながら

「お腹が空いたよう」

という顔で見つめられたら、

何となく食べ物を
あげたくなってしまう
気持ちも分かります。

しかし、

愛犬が欲しがるままに
必要以上の食事やおやつを
与えると、

カロリーオーバーになり、

太り過ぎで肥満になり、

糖尿病や生活習慣病など
原因にもなります。

犬は、食事の量よりも
回数を増やしてあげる方が、

満足度が高まります。

一日の食事量を決めたら、

それを1日3回に分けて
与えるのも効果的です。

小分けにすると、

当然一回当たりの量は
減っていきます。

でも、食餌の回数が多いので、
それほど空腹は感じません。

犬の満腹感と食欲を満たす食事の工夫

食餌の回数を増やし
一回分の食事量を減らす、

この方が犬は

満腹感を感じるのです。

他にも手作りごはん派であれば、

おじややキャベツ、おからなど
低カロリーの食材で

かさを増やしボリュームを
アップさせるのも良いでしょう。

ドライフードの場合は、

一気に食べられ、胃で膨張
するまでに少し時間がかかります。

そのため、満腹感を
得られにくいかもしれません。

ドライフードをお湯でふやかし、

野菜や肉のトッピングを
するなどして、

できるだけ食べる速度を
遅くする工夫をすると
よいでしょう。

これでゆっくり食事ができ
食欲を満たしながら、

不要なカロリーも抑える事ができます。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>