なぜ犬は部屋、室内でマーキングする?辞めさせるしつけ対策


今回のテーマは、

なぜ犬は部屋、室内でマーキングする?
辞めさせるしつけ対策

について紹介します。

マーキングは、

少量のオシッコをかけて
匂いを付ける事ですが、

他の犬に、

自分の存在や縄張りを
アピールします。

縄張り意識が強く、

自分が上位だと思っている犬ほど、

高い位置にオシッコを
かけようとするのです。

なぜ犬が足を上げて
オシッコをするのかと言えば、

全てマーキングだと
言っても良いでしょう。

これはオス犬にかぎった
ことではありません。

逆立ちをするように
オシッコをするメス犬もします。

匂い付けの排尿を
マーキングと考えれば、

オス犬に限らず、

縄張り意識の強い
メスや発情中のメスも、

自己アピールの為に
マーキングをする事もあります。

スポンサーリンク

なぜ犬は部屋、室内でマーキングする?

もちろんそうした本能を
認めてあげるべきでしょうが、

散歩道とは異なり、

他の犬の出入りがない
部屋の中や室内は、

本来はマーキングをする
必要はないはずです。

でも家族の中で自分が
上位だと思い込んでいる犬の場合、

普段生活している室内も
自分の縄張りの一部です。

そのため、部屋の中で
マーキングをしてしまう事もあります。

マーキングはたいてい、

「ここは僕の縄張り」
「これは僕の物」

という犬の主張だと
思って良いでしょう。

室内でのマーキングは、

見慣れない新しい家具や
来客の手荷物など、

いつもと違う状況のときに
よく起こります。

自分の縄張りが侵された
ように感じるのでしょう。

この意味を考えれば
辞めさせるしつけ対策も
見えてくるでしょう。

犬の独占欲や所有欲を満たす

自宅でマーキングを
しない犬でも、

他の家に連れて行ったときなど、

縄張りを確保する為に、

友人の部屋の中で
マーキングをしてしまう
こともあるでしょう。

縄張りやおもちゃなどに
対する独占欲や所有欲が
強い犬は、

こうした傾向が強いようです。

自分の縄張りを示す
マーキングは、

犬にしてみれば
本能的な行動で、

当たり前の事と
言えるかもしれません。

しかし、人間との
生活においては不適切であり、
問題行動となります。

だからこそしっかりとした
マーキングを辞めさせる
しつけ対策も覚えておきましょう。

室内でのマーキングを辞めさせる対策

まずしつけとして覚えて欲しいのが、

愛犬がオシッコをした事で、

飼い主さんが慌てたり、
必要以上に騒いだりすると、

犬は自分に関心を
向けられたと思い込みます。

さらに注目を集める為に、

問題行動を繰り返すよう
になるかもしれません。

留守中に、室内で勝手に
おしっこをするのは、

何らかの不安の表れ
であるといわれます。

依存心が強く、たんに
飼い主さんの注目を集めたい

ということから来て
いるのかもしれません。

散歩中のマーキングを辞めさせる方法

マーキングを辞めさせるには、

まず、飼い主さんと犬との
信頼関係を築くとレーングを
オススメします。

命令して、服従させると言う
ことを繰り返し、

飼い主さんの方が上位である
事を根気よく教えましょう。

例えば、

散歩するときも、

飼い主さんの主導で
コースを決めます。

散歩の時、電信柱や塀や
段差で立ち止まらないようにして、

なるべくマーキングさせない
ようにするなど、

少しずつ生活習慣や
行動を見直しましょう。

彼らの本能を阻害するのは
可哀想な気持ちもしますが、

そうすれば部屋、室内で
マーキングすることを
辞めさせるしつけになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>