犬が散歩中に匂いで縄張りを主張しマーキングする意味や理由

犬が散歩中に匂いで縄張りを主張しマーキングする意味や理由2
今回のテーマは、

犬が散歩中に匂いで縄張りを
主張しマーキングする意味や理由

について紹介します。

あちこちに小刻みに
オシッコを繰り返すのは、

マーキングと呼ばれる
匂いづけの行動です。

マーキングは、

オオカミや犬を始め、

哺乳類の多くが行います。

縄張りを主張するオオカミの
リーダーは、

縄張りの各所に
オシッコをするときに、

尿だけでなく肛門の
近くにある肛門腺という所から、

匂いのある独自の
分泌液を出すのです。

スポンサーリンク

犬のマーキングと排尿の意味の違い

排尿とマーキングは

行動的には異なります。

しかし実際には、

排尿を兼ねてマーキングを
する事が多いようです。

犬が足を上げて
オシッコするのは、

オシッコとともに
分泌液をかけて、

縄張りを主張しているのです。

散歩中にマーキングをする際、

犬は壁や電柱や木など

できるだけ高い位置に
オシッコをかけたがります。

犬の鼻の高さの
垂直面に印を付けて、

他の犬が匂いを嗅ぎやすい
ようにしているのです。

犬がマーキングする意味や理由

おしっこには、

その犬固有の匂いがあります。

より高い所についた
犬の匂いが残るため

「ここは僕の縄張りだぞ」

と主張しているのです。

人間から見れば単なる
オシッコのようですが、

オス犬にとっては、

他の犬に自分の事を知らせ、

縄張りを主張し、

メス犬を呼び寄せる為に
行っている行為なのです。

生きて行く上で非常に大切な
意味や理由がそこにあります。

犬にとっては言葉の代わりで、

マーキングの匂いには、

様々なメッセージが
込められています。

やたら散歩中にマーキングをする犬の理由

知人の愛犬の散歩中の
オシッコの頻度は、

60秒に約一回だそうです。

散歩というよりむしろ、

縄張りに自分の匂いを
まき散らしていると言った感じで、

短い散歩の間に、

十数回以上もマーキングを
していました。

縄張り意識が相当強いのでしょうか。

小刻みにしていたオシッコも、

さすがに散歩の終わりの頃には
出なくなってきたのか、

足を上げるポーズだけ
をとっていたそうです。

その真剣な様子を見るだけで、

はたから見ていると、
ちょっと笑ってしまいますね。

犬のマーキング本能が薄れる現代

一般に一回のマーキングに
使うオシッコの量はごく少量です。

犬はマーキングの為に、

常に膀胱にオシッコをためて、

1時間に80回も
マーキングをすることが
可能とも言われています。

それだけ彼らの本能的に
マーキングする意味は大きいのです。

しかし、室内犬が多くなった
現在では、

室内でトイレを済ますなど、

生活環境は変化しています。

散歩中、路上にオシッコをしないように
するしつけも広まっています。

そのため本能的な犬の
縄張り意識も次第に弱められ、

散歩中に縄張りを示す為に、
やたらとマーキングするタイプは
少なくなっているのです。

これは良い事か悪い事か?…

判断は難しい所ですが、

まずは臭いで縄張りを主張し
マーキングする理由について

飼い主さんは知っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>