モテる男の恋愛観は女性を尊重する、リスペクトし敬意を持つ


今回のテーマは、

モテる男の恋愛観は女性を
尊重する、リスペクトし敬意を持つ

について紹介します。

なぜ人は恋愛をするのか?

難しく考えすぎると
よく分からなくなってきますが、

ただ性欲を満たしたいだけなら
お店にでも行けば良いわけです。

しかしそれでは
心が満たされないわけです。

男と女は違った価値観、
考え方、行動パターンを持ちますが、

違いがあるから惹かれるのでしょう。

そして、恋愛ノウハウをこれまで
いくつか紹介してきたわけですが、

土台として持っておくべき
大切な価値観があります。

モテる男の恋愛観は
女性をリスペクトし敬意を持つ

ということです、

へらへら近づいて
適当につき合う態度をあからさまにする
薄っぺらい男はモテる事は出来ません。

ナンパをするのも良いでしょう。

身体の関係を求めるのも良いです。

色々な女性とつき合う事は
素晴らしい事だと思います。

しかしこの恋愛観は大切にして
根底に持っていてほしいのです。

スポンサーリンク

モテる男の女性を尊重する考え方

ただ、

「女性をレスペクトして下さい。
それがモテるコツです。」

とアドバイスすると、

妙な勘違いをする人が多いのですが、

レスペクトして敬意を払う事と、

女性の前で妙にへりくだって、

女性を自分よりも優れたものの
ように扱う事は全く違います。

社長に媚び諂う部下のように

「ははー、お代官様…」
と頭を下げるような態度は

ここで言うレスペクトや敬意を
持つと言う話しではありません。

それは敬意ではなく、

へりくだったへつらいや
ご機嫌取りと言う事で、

そういった男性の態度を
好きになる女性はいません。

ご機嫌を取るのでなくレスペクト
している事をきちんと伝える事が、

女性からの好感を得るコツです。

相手に敬意を持ち、受け入れる、

この考えを根底に持つと、
それが態度に現れるのです。

人間関係で最も必要な態度です。

モテる男の恋愛観を勘違いしない事

じゃあどうすれば具体的にその
態度を伝えられるのでしょうか?

ここで大切なのは、

女性が「NO」と言ったときでも、
その意思を尊重できることです。

男に口説かれているときでも、

女性と言うのは自分の
ペースを守りたがります。

特に恋愛のスタート時
女性は頻繁に「NO」と拒絶します。

相手の男性が嫌いでなくても

自分のペースを守ることが
安心につながるのです。

そして、その女性の
ペースを知る手掛かりとなるのが

彼女の「NO」の使い方なのです。

恋愛において男性が全て主導権
握る必要があります。

電話番号を聞くのも
デートに誘うのも
恋人関係になるのも

男が積極的にオファーをしていきます。

しかし、相手がNOと言えば、
男は追及の手を緩める必要があります。

意見を尊重するのです。

そうすることで、女性は
あなたからレスペクトをされていると
感じることが出来るのです。

モテる男のは女性をリスペクトし敬意を持つ

最初はこのペースがなかなか掴めず、

相手を怒らせてしまう
事もあるかもしれませんが、

練習し、相手の感覚を察知するように
そして事態を改善する努力をすることが大切です。

この感覚をぜひ磨いて下さい。

デートに断られた
暴言を吐かれた
電話に出てくれない

「むかつく」「ひどい」「あの女は最低だ」

…など思う時も来るでしょう。

そう言った時に女性をリスペクトし
敬意を持ちましょうと言っても

聞く耳を持ちにくいかもしれません。

しかしそんな時には
以下の事を思い出してみてください。

どんな女性でも尊敬に値する女性なのです。

なぜなら私たちは誰一人例外無く
女性から生まれてきているのです。

私たちは母親から生まれました。

父親から生まれたという人は、
ひとりもいないのです。

男は快楽だけであっても、
女性はリスクを冒して

私たちを生んでくれたのです。

私たちを、母親が生んでくれたのです。
女性が生んでくれたのです。

だから私たちは、

女性を尊重しレスペクト
する必要があるんです。

女性を守る必要があるのです。

この気持ちを持って女性に接すれば、

真のモテる男の恋愛観を
身につける事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>