恋愛のスタート時、男性は理想を追うが、女性は現実を見る…


今回のテーマは、

恋愛のスタート時、男性は
理想を追うが、女性は現実を見る…

について紹介します。

人間には想像力があり、

これが人間らしさを生んだり、
素晴らしい発明を生んできたわけで、

素晴らしい能力とも思いますが、

現実を見失うことがあります。

さらに人間の脳には左脳右脳と、
役割が異なっていると言われますが、

男性と女性でも脳の仕組みは違い、

それぞれ脳の使い方に個性があり、

これが人間関係に誤解を生む
ケースが多々あるのです。

モテる男になるために、

こうした脳の認識の違いや
人それぞれの考え方の違いなど、

しっかり踏まえた上で行動する
ことが大事になってきます。

恋愛のスタート時は

「男性は理想を追うが、女性は現実を見る…」

…のです。

あなたがお目当ての女性との
デートの約束を取り付ける前の段階で、

この前提をしっかり認識しておきましょう。

男と女の脳の使い方の違い

良く小説やマンガドラマでも
女性作家と男性作家では

脚本上に現れる男性像、女性像
に大きな違いがありますね。

「そんな男はいないだろう…」

と思うような男性像を描く作家もいれば、

「そんな女いないでしょう…」

と女性から思われる作家もいます。

実際の恋愛においても、

あなたが、毎晩のように、

彼女と熱烈に求め会う素敵な毎日を
思い描いているその時に、

彼女の脳裏には、

部屋にあなたの脱ぎ捨てた靴下
散らかっている様子や

これまでの男がそうだったように、

あなたのおかげで生活が
めちゃくちゃになった…

と言うような状況を想像
している傾向にあるのです。

一概には言い切れませんが、

男性の方が、

現実とファンタジーの想像が
ごちゃごちゃになって過ごしがちで、

女性の方が、

現実とファンタジーを
しっかり分けて生活している、

そのように感じます。

男性は理想を追うが、女性は現実を見る…

恋愛関係にもこの辺りの
違いは如実に現れます。

だからこそ、

事がどれだけうまく運んだとしても、

初めて出会った女性と言うのは、
あなたを拒絶しようとするのです。

そうです。

あなたと女性との間には始めに
大きな壁、摩擦が存在するのです。

そう言った摩擦を出来るだけ
スムーズになくす出来る男こそが
モテる男の特徴なのです。

男と女の行動パターンには
興味深い違いがあります。

例えば、旅行に出る場合

男性は貯金がなくても勢いだけで
旅行や冒険にでかけたりしますが、

女性の場合、いくら海外旅行に
行きたくても、

ある程度の貯蓄がなければ
旅行に行かない場合がほとんどです。

男はワクワクやドキドキという
夢や理想を追い求めることを優先して、

現実はあまり見据えていない
傾向があります。

もちろんこう言った態度が

男の行動力を生み出したり
するメリットもありますが、

女性は自分が置かれている状況、

金銭的な問題、今後の生活になど
現実を見据えて考える傾向があるので

どうしても矛盾が生じます。

男性と女性は理想と現実の違いを前提にする

こう言った差異を脳機能学者は

脳の右半球と左半球をつなぐ
「脳梁」が男性より女性の方が太い

脳の重さに男女に多少
差があるからではないか

などと解説します、

…が、なぜか学者タイプは
女性にモテないのです。

あまり分析的に考えすぎても
意味は無いでしょう。

とにかく、

男と女には根本レベルで当然
共通点もあれば、相違点があります。

さらに文化や環境によって考え方や
生活パターンに個性があります。

男は理想を追って恋愛を
スタートしようとしますが

女性は現実を見ながら
恋愛をスタートします。

現実と理想のギャップを埋める作業

なのでたいていのモテない男は
ここを認識できずスタートの
段階でつまずいてしまい

恋愛に苦手意識を持つようになるのです。

でもこの前提にあらかじめ持って
おく事で、これからのステップが
全てスムーズにいきます。

当然の事ながら
生物学的に違う男性と女性の

考え方や行動パターンを
一致させるのは難しいものです。

だからこそ、工夫の余地があるのです。

これから紹介していく、ステップを
一つ一つ経ていくことで、

あなたは女性の恐怖心を徐々に和らげ、

女性自身の心の中に、

「あなたを欲する」と言うような
気持ちに気づかせることができるのです。

前提が崩れては全ての
ステップが崩れていくので、

まずはここを理解して下さい。

あなたの一方的な視点で暴走しては
いつまでもうまく行く事はありませんから。

モテる男は常に複数の視点から
物事を見れる特徴があるのです。

さらに次回は男性が持っておくべき
重要な恋愛観を紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>