犬は汗をかく、かかない?犬のハアハア呼吸と体温調整のやり方


今回のテーマは、

犬は汗をかく、かかない?犬の
ハアハア呼吸と体温調整のやり方

について紹介します。

犬にも、人間と同じように、

エクリン汗腺と
アポクリン汗腺という

二つの汗腺があります。

でも犬やオオカミなど
イヌ科の動物は、

身体の汗腺が十分に
発達していません。

汗腺の分布が人間と異なり、

体温調節の為の
エクリン汗腺は、

四肢の裏の肉球に
わずかあるだけなのです。

ですから、表面的には
汗をかかないように
見えるのでしょう。

人間は、汗をかく
事によって放熱し、

体温を調節しています。

全身の皮膚に分布している
エクリン汗腺は、

熱いときや運動した後、

体温を下げる役割を
しているのです。

スポンサーリンク

犬は汗をかく、かかない?

それに対し、

アポクリン汗腺は、

脇の下や下腹部にあり
体温調節とはあまり
関係がありません。

そこから分泌される液
そのものには匂いはなく、

皮膚と混じって細菌が
増殖する事によって、

強い匂いを持つようになります。

犬の場合は、

体臭の元になる
アポクリン汗腺は全身に
ありますが、

エクリン汗腺は、
肉球にしかありません。

そのため、私たちのように
汗をかいて体温を調整する
事ができません。

熱くなった身体を
冷やしにくいため、

暑さに弱いのです。

犬は足の裏から汗をかく

でも、足の裏の汗だけでは、

体温を十分に下げる
ことはできません。

少しでも暑さを感じると、

大きく口を開けて舌を出し、
ハアハアと激しく息をします。

これをパンチング呼吸と言います。

そうすることによって、

汗の代わりに多量の
唾液を分泌します。

つまり犬は、唾液を蒸発
させることによって

体温の熱を逃がし、
体温を下げているのです。

ハアハアとよだれを
たらす事で、

気化熱を利用して
体温を下げようとするのです。

犬は汗をかく代わりにハアハア呼吸をする

試しに、犬の口元に
手をかざしてみると、

犬が吐き出す息が、

熱を帯びている事に
気づくでしょう。

吸い込む空気より、
吐き出す空気の方が
温度が高いのです。

ハアハアと早く呼吸を
することで、

体内の熱をたくさん外へ逃がし、
体温を下げているのです。

ゾウが大きな耳を
ぱたぱたと動かしている
姿を目にした事がありませんか?

あれは、耳の血管の
血流を良くして、

そこから熱を放出して
体温を下げているのです。

汗をかかない動物
ならではの体温調整です。

犬がハアハア呼吸をする理由

暑いときなどに、

犬がだらりと舌を出して、
盛んに息をしているのは、

興奮している訳ではありません。

汗をかく代わりの
体温調整なのです。

ところが、とても暑い日は、

それだけでは冷たい
空気の交換がスムーズに
できません。

そのため、犬は
体温を下げるのに苦労します。

特に、パグやブルドッグ、
シーズーやチワワなど、

鼻の短い短頭種は、

呼吸の器官が短いため、
熱の調節がしにくく、

特に暑さに弱いので
熱中症にかからないよう
注意しましょう。

犬のハアハア呼吸は
暑い事のサインでもあります。

犬の体温調整のやり方をサポート

ウチで飼っていた犬は、

冷房のような人工的な空気は、

あまり好きではないようでした。

よく水を飲んだり、
ひんやりとした玄関のたたきや
庭の土を掘るなどして、

風通しの良い涼しい
場所にじっと腹這いになり、

身体を冷やしていました。

なるべく動かない
ようにする事です。

これは、汗をかかない犬の
体温調節の基本なのでしょう。

人間よりも暑さに敏感で、
環境を自由に選べない犬です。

だからこそ、気温を
まめにチェックして、

少しでも涼しく快適に
過ごせるよう、

飼い主さんが、気を
つけてあげたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>