犬が匂い臭くなる理由、犬の口臭、体臭の原因、対策と手入れ


今回のテーマは、

犬が匂い臭くなる理由、犬の口臭、
体臭の原因、対策と手入れ

について紹介します。

犬の身体の匂いは、

皮脂腺とアポクリン汗腺
からの分泌物が、

微生物によって分解され、

匂いの強い分解物が
作られる為に発生します。

体臭は、気温や湿度が
高くなると強まります。

これは、匂いを
発生させる微生物の
活動が活発になる為です。

微生物は気温25度
湿度70%以上になると
急激に増殖します。

そのため、気温や湿度が
高くなるや梅雨時は、

他の季節よりも
匂いが強まるのです。

スポンサーリンク

犬が匂い臭くなる理由

皮脂腺やアポクリン汗腺は

尻尾の付け根、肛門の周り、
足の裏、耳などに多くあります。

体臭を防ぐ為には、

こうした部分のお手入れが
大切なのです。

特に垂れ耳の犬種は、

耳の中が群れて微生物が
繁殖しやすくなります。

こまめに耳掃除をして、
通気性を良くしましょう。

肛門の周りが匂うときは、

肛門腺に分泌物が
たまってる事もあるので、

定期的に絞ります。

体臭は完全に取り除く
事はできません。

体臭を取り去ってしまうと、

かえって不安になる犬もいます。

犬の体臭の原因、対策と手入れ

自分の匂いが大好きな
ウチの犬も

シャンプーをしてさっぱりと
した翌日など、

散歩の途中で、

土の上をゴロゴロ転げ回り、

わざとに追いつける
ことがありました。

あるとき、どこかで
魚の腐った匂いを付けてきて
びっくりした事があります。

犬は恍惚状態でしたが、、

毎日のブラッシングで
皮膚や被毛の
汚れをこまめに落とし、

定期的なシャンプーによって、

体臭を和らげる事は
できます。

弱酸性の刺激の少ない
シャンプーで、

丁寧に皮膚を
マッサージするように洗い、

余分な皮脂や汚れを
取り除きましょう。

といっても、無闇に
シャンプーの回数を増やすと、

皮膚を保護している
分泌物なども取り去っていまい、

健康に良くありません。

皮膚炎を起こす原因にもなります。

犬の口臭、体臭も手入れが肝心

ストレスは皮膚の
コンディションを悪化させ

皮膚炎を引き起こす場合もあります。

それが元で体臭が
強くなる事もあります。

日々の手入れがやはり
重要なのです。

また、歯に歯石が付着していると、

口臭の原因となります。

少々の体臭なら

「うちの子の匂い」

と、慣れてしまう飼い主さんが
多いようですが、

愛犬の口臭は、
なかなか半端ではないようです。

「生臭い」「生ゴミの匂い」
「魚の内臓が腐った匂い」

など、表現からして
かなり強烈です。

口が臭いのは、

歯が歯石だらけになっている
歯周病のサインでしょう。

犬の口臭の原因、対策と手入れ

歯周病が原因で、

肝臓や腎臓、心臓の病気になる
恐れもあります。

口臭をくれぐれも
あなどるなかれです。

「くっさーい!」

なんて騒ぐだけではなく、

早めの対策が必要です。

動物病院で口内を
診てもらいましょう。

野生動物は、

生肉や繊維質の食べ物で
歯垢を取り除いています。

でも、ねばねばした
缶詰のフードを食べている犬は、

歯垢がつきやすいので要注意です。

飼い犬の口臭の手入れとして
一日一回、食事が終わった夜に、

子供用はブラシなどで
歯磨きをするのが理想的です。

最低でも3日に1回は
行うと良いでしょう。

歯の表面に残った歯垢に
唾液のカルシウムが混ざると
歯垢になります。

定期的に病院で歯石を取り除く
処置を受けるなど、

歯石がたまって
歯槽膿漏にならないようにしましょう。

…以上、犬が匂い臭くなるのは
飼い主が不快なだけでなく、

犬にとっても問題である
可能性が高いのです。

早めの対策が重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>