女性にモテる男の恋愛は堂々としてる、強気に自信を持って話す

女性にモテる男の恋愛は堂々としてる、強気に自信を持って話す
今回のテーマは、

女性にモテる男の恋愛は堂々と
してる、強気に自信を持って話す

について紹介します。

これまで女性を楽しませ、
笑わせるための方法や考え方について

色々と紹介してきましたが、

女性に声をかける際に、
男が犯してしまいがちな最大のミスは、

「自分の冗談が相手に受け入れられるか」

それに確信が持てるまで
確かめてからでないと、

自信を持って話しかけられない…

ということです。

あるいは自分の会話が

相手の女性に受け入れられているか
伺うように恐る恐る喋っていたり、

この態度が良くないのです。

会話の内容はあまり関係ありません。

それより大切なのは、

話す時の態度や表情なのです。

スポンサーリンク

モテる男の恋愛は堂々としてる

これは声を大にして言いたいのですが、

再三言うように女性と言うのは、
初対面の男と会ったらまず、

その男が危険人物かどうかを
確かめようとします。

その時に、

あなたが自信がなさそうで、
ためらいがちな態度をとっていれば、

女性の目には、

あなたがまるで

「自分は危険な男」

であるという事をアピール
しているように見えるのです。

気弱で優しい思いやりの態度が、

逆に女性の目に映るのです。

そんな自分で自分を恐れているか
のような振る舞いに、

女性は恐怖を感じるのです。

なので自信のない態度を見せてはいけません。

まるで根拠のないことを話しても、

「自分の言っていることは正しい」

という感じで、堂々として、
強気に自信を持って話すと、

なぜか「その通りだ」と
納得してしまうのが人間の
不思議な心理です。

恋愛における女性との会話も
この辺りを意識しなければいけません。

自信を持って話せばウケなくても関係ない

ここで、人がなぜ笑うのか?

もちろん色々な役割があるのですが、

ステータスや地位の間に
入り込む潤滑油のような役割を
持つ事をご存知でしょうか?

面白い=笑う…といった
単純な事ではないのです。

例えば、

社長の周りに何人か取り巻きの
部下がいるとします。

そこで社長が全然面白くない
シャレを言ったとしても

周りは笑いますね。

でも全く同じ事を
一番後輩の人が言ったとすれば、

「寒い…」などと言われ周りから
冷たい目で見られます。

この違いは何でしょうか?

ステータス、地位の違いなど
パワーバランスを笑い
埋めようとしているのです。

ここで恋愛においては
男性のパワーが有利である必要があります。

主導権を握るのは男性です。

だから、

あなたが「笑わせ」(主体的)
女性が「笑う」(受け身)

という形でなければいけないのです。

そのためには堂々として強気に
自信を持ってどんな事でも話す
必要があるのです。

何か言った後、

「面白くなかったかな…」など
へりくだって、自分を卑下しては行けません。

モテる男は強気で堂々としているべき

たとえどんな内容を話すにしろ
自信を持って話す必要があるのです。

あなたは女性を傷つける事もなく、
女性も自分を恐れていない事。

そしてこれから話す冗談がウケて、
二人の関係を和ませてくれる事に

「意識的」に堂々とした態度をとり
自信を持たなくてはいけないのです。

そうです。

自信を持った態度を取り、

あなたは気軽に女性を笑わせて
声をかけて行くのが大切です。

女性にモテる男の恋愛は
常に堂々としてるのです。

強気に自信を持って話す

ことを心がけましょう。

ここを意識することで、

必ず、女性にモテる魅力的な
男性になって行きます。

これまでの内容を何度も復習して下さい。

女性と出会い、声をかけて
好印象を与えると言うこれまでの
ステップは非常に重要です。

ここが無ければ次につながらないのです。

女性にモテる男の会話術

としてこれまでその考え方や
テクニックなど紹介しましたが

では次回から遂に、

声をかけて実際にデートの約束を
とりつけるまでのステップについて、
お話ししていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>