犬は人をどうやって識別する?犬は視覚でなく嗅覚で認識する


今回のテーマは、

犬は人をどうやって識別する?
犬は視覚でなく嗅覚で認識する

について紹介します。

人間は、顔や名前によって
人を判別しています。

では、犬はどうやって
人を識別しているのでしょうか?

人間などの霊長類は、

進化の過程で、

視覚の発達と引き換えに
嗅覚が衰えてしまったと言います。

ものはよく見えるように
なりましたが、

匂いを識別する能力は
衰えたのです。

だから世界を主に
視覚で認識します。

一方で犬は、

色を識別する視覚は
あまり発達しませんでした。

その代わり、嗅覚が
研ぎすまされたと言えるでしょう。

嗅覚がとても発達
している犬は、

視覚よりも匂いによって
人を識別します。

スポンサーリンク

犬は視覚でなく嗅覚で認識する

特に、汗に含まれる
揮発性脂肪酸を感知する
能力に優れています。

鼻の奥にある匂いセンサーが
発達しているため、

ほんのわずかな匂いを識別し、

かつ正確に嗅ぎ分ける
事ができるのです。

犬は、飼い主さんの
匂いにも敏感です。

ウチの愛犬は、

老犬になって目が
不自由になっても、

私たち家族が帰ってきた事を、
いち早く匂いで感じ取っていました。

留守中は、家族の匂いが
ついた服がそばにあると、

落ち着いていました。

好きな人の匂いを嗅ぐと
安心なのでしょう。

犬は男性か女性か識別する

「ウチの犬は若い女性が大好き」
「男性は警戒するみたい」
「子供が苦手な犬で…」

と言った事を耳にします。

間違いなく男性と女性を
区別して識別する能力を持ちます。

普段女性と暮らす犬は、

男性や子供と触れ合う
機会が少ないので、

男性や子供などの
未知の匂いに対して
注意深くなるのでしょう。

好奇心の強い犬は、

初対面でも、相手の身体の
匂いを嗅いで情報を集めようとします。

また、以前会った事が
ある人ならば、

同じ匂いを長い間
覚えているものです。

犬は世界を嗅覚で認識する

人間の1億倍まで認識し、
感知できると言われる
犬の嗅覚は、

狩猟犬はもちろん、
警察犬、麻薬探知犬、
災害救助犬など、

様々な分野で役立てられています。

さらに医療の分野でも、
この優れた嗅覚を活用しよう
という動きがあるのです。

例えば、

がん細胞は、ある特殊な
臭気を発する化学物質を
合成するため、

その匂いを犬が
嗅ぎ分ける事ができます。

イギリスの研究グループが
膀胱がんの患者と
そうでない人の

尿サンプルを使って実験した所、

犬は41%の確率で
がん患者にサンプルを識別したそうです。

癌を認識できる犬の力

また以前から犬が
飼い主さんの身体の一部を
しつこく嗅ぐので

不思議に思っていたところ、

その箇所に皮膚がんが見つかった
という報告もあります。

アメリカ、カリフォルニア州の
クリニックの報告によると、

がん患者の吸気を
訓練した犬に嗅がせた所、

がん患者と健康な人とを
識別する事ができたそうです。

インスリン治療中の
糖尿病患者を対象とした
調査では、

飼い主さんが低血糖発作を
起こした時、

そばにいた犬の7割が
普段とは異なる行動を
示した事が分かりました。

低血糖のときの汗には、

微量のカテコラミン

(副腎髄質、交感神経、
脳細胞などから分泌する

アドレナリン、ノルアドレナリン、
ドーパミンなどの物質の総称)

が含まれています。

その匂いを犬が嗅ぎ分ける
のはないかと言われています。

犬は人と違い視覚でなく
嗅覚で世界を認識するのです。

この能力が病気の早期発見など、

犬の優れた嗅覚を
役立てようという試みも
とても興味深いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>