犬の鼻が湿り濡れてるのはなぜ?乾くときの原因と体調不良対策

犬の鼻が湿り濡れてるのはなぜ?乾くときの原因と体調不良対策
今回のテーマは、

犬の鼻が湿り濡れてるのはなぜ?
乾くときの原因と体調不良対策

について紹介します。

犬の鼻がいつも
適度に濡れている理由は、

二つ考えられます。

まず一つが、

嗅覚を鋭敏に保つ為です。

犬が行動する為に
嗅覚は必要不可欠です。

吸い込む空気が湿っている方が、
匂いを取り込みやすいのです。

空気中には、

匂いの元となる
微粒子などが漂っています。

これらは呼吸とともに
鼻の中に入ります。

空気中の匂いを捉えるには、

匂いの微粒子を鼻孔内の
粘膜でキャッチします。

粘膜がしっとり濡れていると
微粒子を捉えやすくなるのです。

スポンサーリンク

犬の鼻がいつも湿っている理由

犬の鼻は、

人間と同じように、

涙腺(上瞼の眼球の上にあり
涙液を分泌する腺)

とつながっています。

そのため鼻の穴は、

絶えず分泌物(涙)を
分泌しているのです。

犬の鼻がいつも湿っているのは、
この粘液の為です。

鼻を湿らせる事で、
匂いを捉えやすくしているのです。

匂いがどの方向から
来ているのか、

濡れた鼻で風向きを
チェックしているとも言われています。

犬の鼻が湿り濡れてるのはなぜ?

もう一つの理由は、

犬が自分の鼻を舌で
舐めて濡らしているという事です。

犬が眠っているときは、

涙の分泌が抑えられているため、
たいてい犬の鼻は乾いています。

目を覚ました犬は、
鼻を舐めて湿らせます。

寝起きの犬が鼻を舐めるのは、

人間が顔を洗って
気分をスッキリさせるのと

同じような働きが
あるのかもしれません。

自分の鼻を舐める事によって、

鼻の湿り気を保ち、
匂いを嗅ぐのに支障がないように
しているのでしょう。

犬の鼻が乾くときの原因

鼻は犬にとって最も
大切な器官と言えます。

ウチの愛犬も高齢になり、

視覚や聴覚が衰えてきても、
嗅覚だけは残っているようで、

匂いを頼りにして
行動をしていました。

犬は人間のように
汗をかく事がないので、

鼻が体内の水分を調節する
器官の役割も果たしています。

犬は、鼻で息を
吸い込んで口から出します。

熱い空気も鼻を通す事で
冷やして体内に取り組むのです。

一般に犬の鼻が濡れているのは、

健康のバロメーター
と言われています。

確かに黒々と光沢のある鼻は、
元気の証拠です。

逆に言えば体調不良の
サインが鼻が乾くことでもあります。

犬の鼻が乾くときの体調不良対策

病気になって身体のバランスが
崩れると鼻が乾く事があります。

鼻は犬の体調を図る
チェックポイントになります。

もし、犬の鼻が乾いていたとしたら、

それは体調不良の
異変のサインかもしれません。

鼻に触れると熱っぽく感じられ、
表面が乾いていると、

発熱している場合もあります。

このように犬の鼻は、

病気の早期発見に役立ちます。

また、鼻の表面が
ひび割れていたり、

鼻水が出ていたら
要注意です。

特に子犬が膿状の
鼻汁を出している場合は、

ジステンパーに感染した
疑いが意味あります。

早期対策として早めに
獣医さんの診断を受けましょう。

そう言えば、旧約聖書
創世記に出てくるノアの方舟で、

船に飽いた穴に犬が
鼻を突っ込んで浸水を
防いだ事から、

そのときからいつも犬の鼻は
濡れているのだ、

という話しを聞いた事があります。

なぜ犬の鼻が濡れているのか、
不思議に思った人が、

昔から多かったという事の
現れかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>