モテる男の使う聞き方、女性を口説く時に使う特別なセリフ


今回のテーマは、

モテる男の使う聞き方、女性を
口説く時に使う特別なセリフ

について紹介します。

これまで紹介してきたような、

笑わせる会話や安心させる会話、

これで女性の心に快を満たしていく、

これが気軽に声をかける
メリットな訳ですが、

そこに少しずつ恋心が
芽生えるような、

質問を加えることができれば、

あなたはこれからモテる男
になっていけるでしょう。

今回はさらに声をかける際に、
いくつか覚えておくと良いコツを紹介します。

女性の恋心を引き出す聞き方、

というものがあります。

このサイトでは
コミュニケーションスキルを上げるために

話す事よりもむしろ
聞く事を重視しています。

これは恋愛に関しても同じで、

ベラベラと心にも無いことをまくしたて
女性を口説き落とす…

というよりも

その女性の心に届くピンポイントの
セリフを得るために

聞く技術、質問スキルと言うのが
非常に重要になってくるのです。

モテる男が女性を口説く時に使う特別なセリフ

あるポイントさえ掴めばこれは
誰でも簡単にできるようになります。

恋愛において使える
質問のテクニックをここでは紹介します。

まず一つ目が、

その女性が詳しい事について、
尋ねてみるといいでしょう。

例えばその女性がしている
仕事について尋ねてみたり、

またその女性が着ている服装など
について質問してみるのも良いでしょう。

人は「自分を認められたい」
という承認欲求というものがありますから、

その人が大切にしていることを
気遣ってもらえることは
非常に嬉しいわけです。

さらにそこを質問で掘っていきます。

後ほどのテーマでまた
詳しく話すつもりですが、

「その○○には何か特別な意味でもあるの?」

…と言う台詞は、その女性を
落とすためにかなり使える台詞です。

例えば、その女性が珍しい
ネックレスをしている場合など、

「へー、そのネックレス素敵だね。
何か特別な意味でもあるの?」

…などと尋ねてみるのです。

モテる男がもつ質問のスキル

身につけている持ち物など
その意味を尋ねる聞き方は、

恋愛の武器になります。

とにかく、女性に声をかけるのに、
質問をする事はとても良いことです。

なにしろあなたは、
相手の女性の事を知りたい訳ですから、

うまく質問することで、
重要な情報を引き出すことが出来る訳です。

とは言え、質問は尋問ではありません。

聞き方には注意が必要です。

女性に無理やり質問攻めにするのも
良くないですね。

ただ、その女性が何に関心を持っているか?

について気軽に尋ねれば良いのです。

モテる男は聞き上手です。

質問や聞き方を工夫すれば、

その会話がお互いの心に
新しい世界を作り共感が
生まれるようになります。

そして恋が始まる予感を感じさせるのです。

表現力豊かなセリフには想像力が必要

もし彼女が花を持っていれば

「綺麗な花ですね。その薔薇を切って
きたのには何か意味があるの?」

とか、

「女性って花が好きだよね。
それって何故だと思う?…」

など、どちらの質問にしろ、
彼女の好みや感覚についての話題に
彼女を引きこむことができます。

そしてそういう話題は、
やがて恋に関する話題へと発展していく
可能性を秘めているのです。

女性に声をかけるときの目標は、

その女性に、あなたの事を
恋愛対象だと認識させて、

それを現実にしたいと思わせる事です。

その為にとっておきの方法は、

ロマンティックな感情がどんなものであるか?

について女性に語って聞かせるのです。

良く考えてみて下さい。

例えば、誰かが何かについて説明
するのをあなたが聞いているとき、

あなたはその相手の話を理解する為に

その語っている「何か」が一体どんなものか
想像して聞くはずです。

モテる男は質問や気持ちの聞き方を工夫する

例えば、

新しく車を買ってそれがキレイなブルー

だと言う話をあなたにするとします。

するとあなたは、

その車がどんな車かを頭の中で
思い描かずにはいられないのです。

ここで仮に

「絶対に青い車を想像しないでくださいね」

と言ったとしても、その車を
思い浮かべる事になるのです。

この原理を女性を口説くとき
セリフにも使えば良いのです。

あなたが女性の中にある
ある感覚について話す際も、

同じ事が起きるのです。

女性の脳内にはロマンティックな
気持ちを引き起こすトリガー
のようなものがあります。

あなたは質問でその
トリガーを引くのです。

聞き方を工夫すれば、

女性がその感覚を
感じたいかどうか全く関係なく、

あなたの話を理解する為には
その感覚を感じてみないといけないのです。

そして、これをうまく使えるかどうかは、
あなたの説明に仕方次第で変わります。

モテる男になるためには
想像力を高め表現力を伸ばす必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>