モテる男の恋愛でユーモアや笑いは話術より表情の作り方が肝


今回のテーマは、

モテる男の恋愛でユーモアや
笑いは話術より表情の作り方が肝

について紹介します。

ユーモアや笑いというのは
実に高度なセンスです。

例えば、

本当に面白いネタで映画が
できればそれは世界に広がったりして、

笑いを作れる人は世界中の人から、

尊敬され賞賛されることもあります。

それほど笑いという感情が
人間に及ぼす影響は大きいわけですが、

前回までは、恋愛に活かすため、

女性に声をかける際、
やってはいけない事を話してきましたが、

男と女では笑わせ方が違う、

自分を卑下する事は最大のタブー

など紹介してきましたが、

若干複雑に紹介してきたので、
混乱する人もいるかもしれません。

でもあまりややこしい事を
考える必要はありません。

笑いを恋愛に人生に活かすことは
気軽に簡単に考えれば良いのです。

今回から女性に声をかけて
笑わせるための方法として

やっても良い事、
やった方がいい事を解説していきます。

スポンサーリンク

創造的な笑い、冗談を言える男はモテる

相手を傷つけてしまうような冗談ではなく、

やはり建設的で場を明るくするような

創造的な誤解などのユーモアや
冗談などを言える男はモテます。

知的で創造豊かな男と思われ
有利に恋愛を進める事が出来るのです。

だからこの笑い、ユーモアと言う
武器を磨く事は非常に大切な事でしょう。

コメディやお笑いのプロは、
人間観察に優れています。

私たちも意識して、
観察力を磨くようにしましょう。

そこで思いがけない
ネタが落ちているものです。

そして、女性にうまく声を
かけようと思ったのならば、

相手をよく見て、注意深く
観察しなくてはいけません。

そして女性の外見や行動を
つぶさに観察して、

冗談の種にしても差し支えない
ことを見つけ出すのが重要です。

ごく当たり前の事がらに
少しひねりを加えることで

女性を喜ばせるユーモアは生まれます。

侮辱と冗談の違いを
良く覚えておきましょう。

モテる男は話術より表情の方が肝心

とは言えただ、

ユーモアセンスというのは
一朝一夕で身につくわけはありません。

いきなり創造性のある
冗談を言うのは難しいでしょう。

それよりもまず以下の事が重要です。

とにかくまずは

にっこり笑って声をかける事を
こころがけるようにしましょう。

高度なユーモアで笑わせる、

という前に自分が笑顔で
笑っているということが大事です。

何をするにせよ、
表情はとても大切です。

女性に挨拶をして声をかける時も

リラックスしてにっこり笑い、

相手に目を合わせて

「こんにちは!」

と声をかけるのが一番です。

ところが、
中には生真面目に硬い表情で
声をかける男が多いのです。

そんな男性に声をかけられても、

怒っているのか、不機嫌なのか、、

という印象を与えてしまいます。

見た目も、声の調子もリラックスした
状態を保って声をかける事が重要なのです。

女性にモテる男の表情の作り方

赤ちゃんや子供たちを
観察していればわかるのですが、

彼らは何か面白いことが
会った時に笑うというよりむしろ、

周りが笑っているから笑います。

これが人間の脳の特性です。

笑顔の人の周りには
笑顔の人が集まるように、

笑っている場に笑顔が生まれます。

だからこそモテる男の恋愛では

ユーモアや笑いは話術より
表情の作り方が肝なのです。

1日中パソコンとにらめっこをして

あまり仕事柄人と話さない、、

そんな会話の少ない生活をしていると
顔の筋肉がこわばり、

表情筋が固くなってしまっていることもあり、

笑顔を作る事が出来なくなっている人もいます。

まずは笑顔で会話する、

ここから始めるようにしましょう。

恋愛におけるユーモアや笑いの効果

「初対面の好感度が高いのは、どんな人?」

と言うアンケートでは必ず
「笑顔が多い人」が上位に来ます。

第一印象は会ってすぐ決まるので
普段から笑顔を作る表情の作り方を知り

その筋肉を鍛えておきましょう。

各部分の顔の筋肉を思いっきり
動かしながら

『あ・い・う・え・お』

を作るだけでかなり柔軟な
表情を作る事が出来ます。

そして、、

ハッキリ言って
プロのコメディアンでない限り

冗談の言っている内容よりも
その雰囲気によって変わります。

笑いをとるのに必死になる
必要はそれほど無いのです。

そういった意味でも女性にモテる
ためには表情を作ることが大切なのです。
ユーモアの内容を必死で考えるより

自然体で笑顔で笑いながら
会話をするように心がけましょう。

毎日鏡の前で笑顔の練習
すると良いでしょう。

意識しないと自然な笑顔を作る
のは案外難しいものです。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>