犬が尻尾を振る理由と気持ち、尻尾を使ったコミュニケーション


今回のテーマは、

犬が尻尾を振る理由と気持ち、
尻尾を使ったコミュニケーション

について紹介します。

犬に限らず、

動物の表情は、

耳、目、口、尻尾などに
現れる事が多いものです。

犬は言葉のコミュニケーション
をしないため、

尻尾に感情や気持ちが
ストレートに現れます。

散歩に連れて行って
もらえると期待して尻尾を
ぶんぶん振っていた犬が、

自分はお留守番だと
分かった途端、

尻尾の力が抜け、
だらりと垂れ下がる事もあります。

スポンサーリンク

犬と飼い主のコミュニケーション

この尻尾の動きで
犬の本当の気持ちが見えたりします。

イタズラをして叱られた後、

名前を呼ばれても、
すぐそばにこないで、

まるで拗ねているように
見えるときがあります。

でも、尻尾はパタパタ
と動いているとしたら、、

実は嬉しさが隠せない…

そんなときに本当に
犬が嘘をつけないんだなあ
と思ってしまいます。

犬が尻尾を振るのは嬉しい時、

とよく言いますが、

尻尾を振っていても、
嬉しさの度合いによって、

振り方はかなり異なります。

また、吠えながら尻尾を
振っているときもあります。

不思議に思うかもしれませんが、

尻尾の振り方によって、

喜んでいたり、怒っていたり、
恐れていたり、

と、様々な感情が
表現されています。

その都度、注意深く
観察する事が、

コミュニケーションとなるのです。

犬が尻尾を振る理由と気持ち

気持ちが落ち着いているときは、

尻尾は垂れているか、
緩くあげられています。

尻尾をゆっくり振って
いるときは、

自分の強さを相手に
示しているのです。

逆に、不安を感じているときは、

腰をやや落とし、尻尾は垂れ、
身体にも張りはありません。

恐怖を感じているときは、

尻尾を丸めて後脚の
間に巻き込み、

頭を下げます。

耳を後ろに倒しながらも、

鼻にシワを寄せて歯を見せ、
うなり声をあげたら、

恐怖心が高まっているサインです。

さらに追いつめられれば、
攻撃に出るでしょう。

こうした尻尾を振る理由は
犬にとって様々なのです。

犬の尻尾と気持ちを表す感情表現

不機嫌なときや怒っているときは、

小刻みに尻尾を振る事もあります。

相手に敵意がないことを
示すときは、

姿勢を低くして尻尾を下げ、

這いつくばるようにフセをします。

仰向けになってお腹を
見せる
のは、

服従の姿勢です。

猟犬が獲物を攻撃しているときも、
尻尾はしきりに揺れ動きます。

これは一種の喜びや不安など、

様々な感情を表現
しているのでしょう。

また尻尾を振る事で、
相手の攻撃を避け、

瞬時に身体の向きを変えて、
バランスを取る働きもします。

走ったり、ジャンプしたり、
泳いだりする時、

尻尾は舵の役目をします。

走っているときに、

急ブレーキをかけて
止まる場合には、

尻尾を大きく回すように動かし、
身体のバランスをとります。

これは落ちてくるフリスビーを
素早くキャッチするときなどに
よくやりますね。

様々な気持ちを表現する
犬の尻尾には、

実に大切な役割があるのです。

犬が尻尾を振る理由と気持ちを
飼い主さんが理解してあげれば、

尻尾を使ったコミュニケーション
がスムーズに運ぶのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>