自分を卑下する事は男の恋愛でやってはいけない事、最大のタブー

自分を卑下する事は男の恋愛でやってはいけない事、最大のタブー
今回のテーマは、

自分を卑下する事は男の恋愛で
やってはいけない事、最大のタブー

について紹介します。

男が恋愛で結果を出すのに
最も前提となるのが、

自分に自信のある態度で、

生産性をアピールすることです。

ここからコミュニケーションを
考えることが大事です。

ユーモアや冗談やネタで
笑わせることは大事です。

が、やり方には注意です。

前回まで、
女性に対して冗談を言う際、

やってはいけない事
について話しをしてきましたが、

今回紹介することは男の恋愛
における一番のタブー、

絶対にやってはいけない事です。

それが、

自分自身を卑下して冗談のネタにする

ことです。

自分を卑下する事は男の恋愛
における最大のタブーなのです。

これは非常に大切なことです。

男は女性を笑わせる立場であって、
笑われる立場になってはいけません。

スポンサーリンク

女性は男を値踏みする生き物

男が恋愛の主導権を握り
女性をリードする立場です。

そこで自分を卑下して笑われて、、

そんな男についていきたいと
思われなくなります。

前にも言った事ですが、

女性と言うのはあなたと
出会ったその時から、

彼女の人生におけるあなたの
位置づけを決めてしまうのです。

女性なりの評価を下します。

恋人向きの男か?・・
友人どまりなのか?・・

それとも、

金ずるとして使ってやるか?
こいつとは避けた方が無難な男なのか?

…などと判断をします。

初対面の時に、女性はあなたが、

どの程度自分が敬意を払う
にふさわしい人間であるか?

と値踏みをして彼女の中の
ランクを付けます。

そしてその判断材料の一つが、

あなたはあなた自身をどう扱っているか?

と言う事なのです。

男の恋愛でやってはいけない事

ここでもしあなたが、

あなた自身を笑いものに
している姿を見ると

女性はあなたと付き合う
時間は無駄と考えるのです。

生産性の無いお子ちゃまの
ような男性と言うレッテルを貼られます。

このレッテルが一度つくと
なかなかはがすのは難しいです。

だから最初からやらない方が良いのです。

お笑い芸人はモテるという
神話がありますが、

よくよく観察すると
女性にモテる芸人さんに自分を
卑下する人はあまりいません。

男の恋愛でやってはいけない事は、
自分を卑下する事です。

自分を陥れて笑いを取る
事に慣れてしまうと、

セルフイメージを下げて、
セルフエフィカシーを下げて、
自尊心を下げて、自信を下げます。

そして女性からの評価も落ちます。

これは男の恋愛における
最大のタブーなのです。

「笑わせる」ことと
「笑われる」ことは

大きな違いがあります。

自分を卑下する男はモテない

私たちの目的は笑いを取るのでなく、
モテるようになることです。

男性の中には、

自分を卑下して笑わせる
事に慣れてしまっていて、

女性に対しても
それをやってしまう人がいます、

クラスのお調子者だった宮川君は
少し太っていましたが、

その太った体格を冗談にして
女性を笑わせてきました。

飲み会には良く誘われますし、
一見女友達は多いようですが、

が、彼はその方法を使い

実際にベッドインにまで
成功した事はありません。

セルフイメージを落とし、

自分の欠点や悪い点を強調して
笑いを取る事はカンタンかもしれません。

が、それを絶対に女性の前で
やってはいけないのです。

クラスの人気者になって友人を
作る事は成功するかもしれません。

が、彼女に尊敬され惚れさせる
男になる事はその方法をとっている
限り不可能です。

以前紹介した
太っててもモテる男として
三田君と言う男性を紹介しましたが、

彼は友人には自分の
コンプレックスを部分を見せますが

徹底して女性の前では自分を卑下
せず自信のある態度を見せます。

宮川君も私のアドバイスに従い、

そんな卑下する方法で
笑いを取ることを辞めてから、

彼は彼女が出来るようになったのです。

自分を卑下する事は男の
恋愛でやってはいけない事です。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>